幼児ポピー「ポピっこ」 幼児通信教育・家庭学習教材

幼児ポピー「ポピっこ」を3ヶ月お試し購入し学習した感想・口コミ

投稿日:

幼児ポピー「ポピっこ」教材きいどり・ほほえみお母さん

幼児向けの家庭学習教材について興味があり、取り寄せては特徴を色々調べています。

これまではまず幼児通信教育教材8社を比較し、そして幼児ポピー「ポピっこ」の無料サンプルを取り寄せた記事を書いてきました。

今回はその続きで、幼児ポピー「ポピっこ」のきいどり(年少)を3ヶ月お試し購入してみました。

教材や資料の内容、実物を試してみてわかったこと、感想・口コミをご紹介します。

追記ブログの最後に「幼児ポピー利用者(ユーザー)による口コミ」を追記しました。

さらに詳しく

年長まで継続したので興味がある方は、あわせて読んでみて下さい。

最終的に幼児ポピーに入会し1年続けてみることにしました。きいどり(年少)の内容です。▼

関連幼児ポピー「ポピっこ」の評判と入会した理由

年中(あかどり)になりました。あかどりからは教材が2冊になりました▼

関連幼児ポピー「ポピっこ」の年中「あかどり」を始めました

年長(あおどり)をスタート。教材は引き続き「ドリるん」と「わぁくん」です。

関連幼児ポピー「ポピっこ」の年長「あおどり」を始めました

2年半(年少途中・年中・年長)と継続しました。

関連幼児ポピーを2年半続けた効果[口コミあり]

友達が継続した2歳ももちゃんです

関連幼児ポピー2歳「ももちゃん」の口コミ・感想。簡単すぎる場合は?

年中と年長に新しく追加された英語プログラミングについて

関連幼児ポピーのデジタル教材に英語とプログラミングが追加!どんな内容?

スポンサーリンク

幼児ポピー「ポピっこ」の教材や資料の内容

幼児ポピー「ポピっこ」が送付される封筒

幼児ポピー「ポピっこ」年少(きいどり)を子供にあうのか確認するため、まずは3ヶ月契約(月別契約×3ヶ月分)してみました。

実物を購入して、教材そのものを使ってみることができます。内容を理解できるのでいいですね

10月に申し込んだので、11月・12月・1月の3か月分を契約しました。一括年払いをすると割引されお得ですが、今回は教材を知るために月払いにしています。

クレジット決済をしたのでその内容が書かれています。幼児ポピーはももちゃん(2〜3歳)と年少が月額980円(税込)、年中~年長が月額1,100円(税込)です

今回はきいどり(年少)を3ヶ月購入をしたので980円×3=2,940円でした。

無料見本」を取り寄せてない方は、まずはそこから始めましょう。

では開封していきます。

 

幼児ポピー「ポピっこ」教材と副教材

まず「幼児ポピーまるごとガイド」「ポピーじゆうちょう」その他、入会申込やポイントなどが書かれたプリント類が入っています。

  • 幼児ポピーまるごとガイド
  • ポピーじゆうちょう
  • 入会申込やポイントなどが書かれたプリント類
  • 特別教材(年4回)

「ポピーじゆうちょう」は真っ白の普通の自由帳でした。「幼児ポピーまるごとガイド」は年少クラス以外に年中や年長などの年間のカリキュラムが書かれています。

幼児ポピーでは年少でひらがなが読めるようになることが目標になっています。そして年中・年長で50音ひらがなが書けるように運筆がスタートします。

Z会などの通信教育教材では年少で運筆がスタートしていましたが、その点が異なりますね。

幼児ポピーは小学校の授業間に合わせるように、ゆっくり進んでいきます。

 

幼児ポピー「ポピっこ」教材きいどり・ほほえみお母さん

幼児ポピー年少の「きいどり11月号」と保護者向けの「ほほえみお母さん&お父さん11月号」。

年少(3~4歳児)「きいどり11月号」は、秋ということで季節の行事”いもほり”が特集されています。教材の中でも色々な箇所でいもほりが登場しています。

「ほほえみお母さん&お父さん」は小さく「&お父さん」と書かれてますね(笑)。

読者おたよりやポピっこ教材の答えと解説、コラム、約束カレンダーなど、子育てQ&Aや同世代の保護者の方のおたよりが中心です。

 

幼児ポピー「ポピっこ」特別教材

年に4回(4月・7月・9月・11月)特別教材が届きます。

11月号はその月にあたっていたので「ポピっこファーム」という教材が入っていました。

付録が少ないのが幼児ポピーの特徴。他の通信教育のように、部屋中が付属のおもちゃで一杯になることはありません。

 

子供と一緒に幼児ポピー「ポピっこ」をスタート!教材内容は?

幼児ポピー「ポピっこ」教材の一例

子供と1週間ほど幼児ポピー「きいどり(年少)」を学習してみました。幼児ポピーは1冊の本になっているので、1回がどこまで学習すれば良いのかわかりにくくなっています。

「できたよシール」が付いてるので、シールを貼ったら1日分の学習が終了というふうに解釈しました(上の画像右下のシールを参照)。

1日分はあっという間に終了してしまうので、「できたよシール」を2回貼れば今日は終わりというルールを子供と決めて始めています。

すぐ終わってしまう分、前回の復習も毎回することに変更しました

因みにこの写真の問題内容は、〇と□の形、赤と青の色というグループに分けてのりで貼るという学習です。

幼児ポピー「ポピっこ」を学習している娘

これはカラー積み木を左と同じ模様にする学習。

子供の得意な分野や不得意な分野がわかって面白いです。出来るものはあっという間に完成、出来ない分野は何度言っても理解してくれません。そういう時期かもしれません。

娘はこのカラー積み木を左と同じように並べるのがまだ理解していないようです。

空間的なものが苦手なのかもしれないので、自由に並べてもいいことにしました。こういうのは突然理解する時がくるのでしょう。

 

幼児ポピー「ポピっこ」特別教材の内容

年に4回送られてくる特別教材、今回は土の中で成長する野菜を掘り出す親子で工作する付録でした。

引っ張り上げると大きな大根だったり、小さな人参だったり、時にはモグラに食べられていたりします。

結構しっかりしていて、何度でも楽しめますよ。

 

幼児ポピー「ポピっこ」の教材例

同じ色や模様に分けて、牛のシールを貼る学習。これは簡単にできていました。

 

幼児ポピー「ポピっこ」教材本の厚さ

▲幼児ポピー年少「きいどり」の1冊分の厚さはこれぐらい。ワーク以外に、季節の行事、簡単な運動、絵本を含めた量です。

11月号を見ていくと、4月からひらがな50音がスタートしているので、11月号は「や・ゆ・よ」の学習でした。この辺りは幼児教室でもやっているからか分かっているようでした。

その他、いもほりの様子やいもが芋がツルから成るという仕組み、絵本「おおきなかぶ」、できたよカルタ、風邪をひくという話など、盛りだくさんです。

毎号異なるので、一例としてみてください。

ももちゃん(1歳・2歳用)と年少は980円(税込)。年中のあかどりからは教材が「ドリるん」と「わぁくん」の2冊になります。

年中から2冊になる分、月額料金が1,100円になります。

▼サイトはこちら▼

無料お試し教材プレゼント

 

幼児ポピー利用者(ユーザー)による口コミ

幼児ポピー「ポピっこ」3冊

幼児ポピーを実際に利用している保護者からの口コミを集めてみました。客観的な評判がわかるかと思います。

参考:幼児ポピー付属の保護者情報誌「ほほえみお母さん&お父さん」より

山口県・さとママさん

5歳と3歳の息子2人は、幼児ポピーが届くと同じように張り切って「われ先に」と取り掛かります。

一人が難しい問題をしている時には、もう一人は読み物やシール貼りをしています。

積極的に取り組む気持ちを大切にしたいので、正誤にこだわらずに楽しくさせています。

 

愛知県・こんさん

年少「きいどり」を学習していましたが、すいすい溶けてしまうので、息子にとっては簡単でした。

そこで一学年上の年中「あかどり」に教材を変更して取り組んでいます。「わぁくん」「ドリるん」と2冊になって学習できる内容も増えて喜んでいます。

 

岡山県・もこもこさん

我が家は年中と2歳の姉弟です。弟が幼児ポピーをする時は、お姉ちゃんが一緒に教えてあげています。

お姉ちゃんも先生になった気分で、赤マジックで花まるをしてあげています。

お姉ちゃんは弟が昼寝をしている時などに、ゆっくりと学習しています。

 

宮城県・HMさん

迷路が好きなので好きな問題や出来る問題から進めています。シールを選んだり貼ったり、答えられる質問を取り入れながら進めています。

 

兵庫県・きょんさん

年中のお兄ちゃんが「あかどり」を進めている時は、妹は年少「きいどり」をしています。

お兄ちゃんは迷路は一人でできるので、やる内容を考えて、2人一緒に楽しく幼児ポピーをしています。

平日は私が働いているので、夜寝る前のコミュニケーションにしています。

 

年少きいどり・Eさん(ママ)

ポピーを見ると一気にやりたがるので、届いたら隠しておき(笑)、私に余裕がある休日にわたしています。

すると、半日くらいポピーでじっくりと遊べます。

また、たまに前の号を出してきて。シールをはがしてもう一度学習しています。

 

年少きいどり・Yさん(ママ)

子どもが「勉強したい」と言ってきたら、渡すようにしていて、ゆっくり3時間くらいかけて一月分(1号分)を学習しています。

ポピーをするときは、1歳の下の子を夫に預けるようにしていて、ポピーをする時間が、上の子と1対1で向き合える貴重な時間になっています。

 

年少きいどり・Mさん(パパ)

派手な付録がないけれど、なかなか考えられていて、親もその発想に刺激を受けています。

幼児ポピーの口コミや評判に「簡単すぎる」というのがあります。幼児期は早生まれ・遅生まれなど、成長度合いが違うので、簡単だと感じる子供もいるかと思います。

もし簡単だと感じるのであれば、愛知県・こんさんも書かれている通り、年中「あかどり」や年長「あおどり」に学年を上げて取り組むのがおすすめです。

幼児ポピーの進行具合を見ながら判断すれば良いかと思います。

 

まとめ・感想

幼児ポピー「ポピっこ」を月別購入したので、資料や教材の開封や子供が学習してみた感想・口コミをご紹介しました。

ひらがなや数などの小学校入学に向けた学習以外に、自然や季節の行事、日常のことなども楽しみながら学べるバランスの良い教材だと思います。

幼児ポピーについては、その後継続し、年長まで継続しています。継続してわかった特徴をまとめます。

  • 勉強の習慣が身につく
  • 得意な分野と苦手な分野がわかる
  • 年長までゆっくりと入学準備
  • 楽しめることがメインにある
  • 安くて経済的(月額料金980円〜)
  • 子供が気に入っていたから

もし子供が「教材全てが簡単に解けてしまった」という場合は、一つ教材(ワーク)の学年を上げてみて下さい。例えば、今が年少(きいどり)なら年中(あかどり)のように。

監修の篠原菊紀先生の話では、脳の発達で大事なのは「できるようになること」ではなく、「好きになること」だと話しています。

なので、幼児期に難易度の高い教材を取り組むよりは、子供が楽しめる内容の問題を取り組むのが良いかと思います。

ウチは妻が料理を作っている時や用事をしている時に、僕と娘が一緒に取り組むようになりました。ダラダラとテレビを見ているよりはいいかなと。

学習が遊びであることが大事な時期(年少)には、遊びと学びを区別しないのが良いそうです

興味がある方はサイトから資料請求してみて下さい。お試し見本が付いてきます。

▼サイトはこちら▼

無料お試し教材プレゼント

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-幼児ポピー「ポピっこ」, 幼児通信教育・家庭学習教材
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2021 All Rights Reserved.