小学ポピー 小学生通信教育・家庭学習教材 幼児ポピー「ポピっこ」 幼児通信教育・家庭学習教材

月刊ポピー(小学生・幼児)の料金が2023年に値上げ!理由も紹介

更新日:

月刊ポピー(幼児・小学生)の料金が値上げに。理由も紹介

我が家は月刊ポピーを幼児ポピー「ポピっこ」から小学ポピーと子供が長年利用しています。

ポピーをさらに詳しく

月刊ポピーを長期学習している理由の1つに料金が安いことがあります。

しかし最近の値上げラッシュの関係もあり、ついに通信教育にも影響を与えています。

安いことで人気の幼児ポピー・小学ポピーの料金が改定され、2023年より値上げになることが発表されました。

これまでの料金と比較して、どれだけ値上げされるのかをまとめました。また、値上げになった理由もわかったので記事の後半に紹介します。

スポンサーリンク

幼児ポピーの料金(2022年までと2023年以降の比較)

幼児ポピー年長「あおどり」の「わぁくん」と「ドリるん」・全教材

幼児ポピーの2022年までの料金2023年以降の料金を以下の表にまとめました。

幼児ポピー名称 2022年度までの料金 2023年度からの料金 値上げ率
ももちゃん(2歳) 980円 1,500円 520円値上げ
年少・きいどり 980円 1,500円 520円値上げ
年中・あかどり 1,100円 1,500円 400円値上げ
年中・あおどり 1,100円 1,500円 400円値上げ

幼児ポピーももちゃん・年少きいどりは2023年度から料金が1,500円に!520円の値上げ

幼児ポピー「ももちゃん」ワークブック、絵本、知育情報誌「ほほえみお母さん&お父さん」

幼児ポピーの「ももちゃん(2歳)」と「年少きいどり」は2022年度までは980円と買いやすい価格でしたが、520円値上げとなり1,500円になります。

この値上げ率は結構な金額になりますね。

 

幼児ポピー年中あかどり・年長あおどりは2023年度から料金が1,500円に!400円の値上げ

幼児ポピー年中「あかどり」の教材「ドリるん」と「わあくん」

幼児ポピーの「年中あかどり」と「年長あおどり」は2022年度までは1,100円でしたが、400円値上げとなり1,500円になります。

「ももちゃん」と「年少きいどり」を見た後だと、「年中あかどり」と「年長あおどり」は安く感じますが、それでもかつて無いほどの値上げです。

 

幼児ポピー2023年からの料金は他の通信教育の料金に近づいた

これまで幼児ポピーは料金が安くて、そこそこボリュームがあるのでコスパが良いことが最大のメリットでしたが、2023年からの料金値上げにより4学年とも1500円となり、他社の通信教育に近づいてきたように感じます。

「年中あかどり」と「年長あおどり」の1,500円は2冊セットなのでわかりますが、「ももちゃん」と「年少きいどり」は1冊なので少し高いなと感じました。

他の幼児教材と比較したい方は下の記事を読んでいて下さい▼

関連幼児通信教育教材10社を比較!2022年おすすめ教材は?

※料金値上げの理由は下記しています。

 

スポンサーリンク

小学ポピーの料金(2022年までと2023年以降の比較)

月刊ポピー(小学生コース)1年生から4年生までの教材

小学ポピーの2022年までの料金2023年以降の料金を以下の表にまとめました。

小学ポピー名称 2022年までの料金 2023年からの料金 値上げ率
小学ポピー1年生 2,500円 2,900円 400円値上げ
小学ポピー2年生 2,900円 3,100円 200円値上げ
小学ポピー3年生 3,300円 3,500円 200円値上げ
小学ポピー4年生 3,300円 3,500円 200円値上げ
小学ポピー5年生 3,800円 4,000円 200円値上げ
小学ポピー6年生 3,800円 4,000円 200円値上げ

小学ポピー1年生は2023年度より料金が2900円に400円の値上げ

小学ポピーの教材(小学3年生4月号)表紙

小学ポピー1年生の料金は2500円から、2023年度は2900円に値上げします。値上げ率は400円。

小学ポピー1年生は最初は3500円だったのですが、2,500円に大幅値下げして、今回2023年度から400円値上げとなりました。

一度大きな値下げがあり今回の値上げとなるので、他の学年に比べると値上げ率が高くなっています。

 

小学ポピー2年生〜6年生は2023年度より料金が400円の値上げ

小学ポピー4年生の全教材

小学ポピー2年生の料金は3,100円に、小学3年生・4年生は3,500円に、小学5年生・6年生は4,000円に値上げします。

料金は学年によってこれまで同様異なりますが、小2〜小6の値上げ率は200円に抑えられています。

 

小学ポピー2023年度からの料金は他の通信教育の料金に近づいた

小学ポピー全体を見ると値上げ率が200円〜400円でした。ほとんどの学年が200円と幼児ポピーと比較すると抑えられているのがわかります。

ただ小学5年生・6年生が4,000円となるのは200円の値上げだけですが、心理的に高いかなと感じますね。

今回の値上げで小学生向けの通信教育と比較すると、幼児ポピーと同じく、並んできたように感じますね。

他の小学生教材と比較してみる方は下の記事を読んでいて下さい▼

関連小学生通信教育教材8社を比較!2022年おすすめは?

※料金値上げの理由は下記しているので、続けて読んで下さい。

 

スポンサーリンク

月刊ポピー(幼児・小学生)の料金が2023年度より値上げする理由

月刊ポピー(幼児・小学生)の料金が値上げに。理由も紹介

月刊ポピー(幼児ポピー・小学ポピー)の料金が2023年より値上げする理由をまとめました。

1.世界情勢の変化に起因して、原価や配送費の高騰のため

2023年度の料金値上げについては、他の商品も大幅値上げしている理由と同じです。

昨今世界情勢の変化などに起因して、原価や配送日が高騰しています。

2023年度、月刊ポピー会費改定のご案内

具体的にまとめると以下の通りです。

  • 原材料価格の高騰
  • ロシアによるウクライナ進行の影響による原油高
  • 急速な円安

この中でも月刊ポピーの場合は、原材料価格の高騰と輸送費が、料金の値上げに関係しています。

 

2.「GIGAスクール構想」推進によりでデジタルコンテンツ・オンラインタブレット学習の強化

文部科学省による「GIGAスクール構想」推進により、学習による選択肢が増えています。

「GIGAスクール構想」推進などによる教育の変化により、家庭学習で「月刊ポピー」に求められる役割。学習手段も増加しています。

こうした事情により「月刊ポピー」は2023年4月号からデジタルコンテンツなどの教材・サービスを強化させた上で会費改定を実施をさせていただきます。

2023年度、月刊ポピー会費改定のご案内

これまで一部デジタルコンテンツはありましたが、月刊ポピーと言えば幼児も小学生も紙の教材です。

今回の値上げから紙の教材以外に、オンラインタブレット学習も視野に入れた教材が加わります

そのために大幅に準備コストが必要ということで、今回の値上げの一員にもなったようです。

幼児ポピーでは「英語」と「プログラミング」のタブレット学習が先行追加されていますが、2023年度以降はもっとデジタルコンテンツが増えるものと思います。

 

まとめ

月刊ポピー:小学生と幼児の各教材

月刊ポピー(幼児・小学生)の料金が2023年から値上げされるので、その理由についてもまとめました。

ブログ「おにぎりフェイス」では、幼児と小学生の教育しか現在のところ扱っていないので、幼児と小学生について書きましたが、中学ポピーも値上げされます。

英語に特化した学習「ポピーキッズイングリッシュ」だけは価格据え置きと発表されました。

今回の値上げは本当のところは「GIGAスクール構想」によるタブレット学習を強化する考えだったと思いますが、それに加えて昨今の原価や輸送費の高騰も加わったことから、二重での大幅値上げに繋がったようです

月刊ポピーは2023年3月号までは現在の料金で、2023年4月号(2023年度)から料金が値上げとなります。

もし興味がある方は今が安いのでおすすめ。以上を踏まえて、今後の通信教育の検討をして下さい。

公式サイトはこちら

今だけ12月号1ヶ月入会キャンペーン実施中[2022年11月30日(水)まで]

 

 

通信教育を比較してみる

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-小学ポピー, 小学生通信教育・家庭学習教材, 幼児ポピー「ポピっこ」, 幼児通信教育・家庭学習教材
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2022 All Rights Reserved.