ディズニー英語システム(DWE) ディズニー英語システム(DWE)購入前 子供の英語教材・英会話

子供英語教材の無料サンプルDVD4社を比較!子供&親視点から

投稿日:

英語教材サンプルDVD

我が家が子供英語教材「ディズニーの英語システム(DWE)」を購入してから8年以上になります。

たくさんある子供英語教材の中から、色々悩みながらも「ディズニー英語システム(DWE)」に決めた理由や流れを順に紹介していきます。

今回は3話目、次に考えたことは「どこの会社の子供英語教材にするのか?

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプル以外に、他社の無料お試し教材とを比較しながら考えてみました。

今から書くことは我が家が感じたことなので、人によって感じ方が違うと思います。個人の感想として読んでくださいね。

さらに詳しく

スポンサーリンク

子供は英語教材の中でどの無料サンプルDVDに興味があるのか?

子供英語教材の無料サンプルDVD(①ディズニー英語システム、②しまじろうイングリッシュ、③ワールドワイドキッズ、④えいごであそぼ)

既に子供英語教材各会社の「無料サンプルDVD」を取り寄せて、子供がどの教材DVDに興味があるのかを見てみました。

えいごであそぼプラネット(終了)」、「こどもチャレンジEnglish」、「ワールドワイドキッズ(WWK)」、そして「ディズニーの英語システム(DWE)」の無料サンプルDVDです。

 

子供が一番興味を持った子供英語教材は「しまじろうのこどもチャレンジEnglish」

取り寄せた無料サンプルDVDの中で、娘は「しまじろうのこどもチャレンジEnglish」に一番興味を持っていました。

考えられる理由の一つとして、娘が0歳児(6ヶ月~1歳)に、しまじろうの「こどもチャレンジ」に入会していたことが考えられます。

次に興味があったのが「えいごであそぼプラネット」です(現在は教材サービスを終了)。これも毎朝テレビで見ていたからです。

※えいごであそぼプラネットとは、現在放送されている「えいごであそぼwith Orton」の前身番組。

 

子供が一番興味を示さなかった子供英語教材は「ディズニー英語システム」

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルVideo(DVD)

そして一番興味が無かったのが「ディズニー英語システム(DWE)」です(苦笑)。

この時は1歳だったこともあり、ミッキーやミニーにすら興味がありませんでした。現在ではミニーラブになっていますが…。

ただしこの中のプレイアロングの曲だけは興味がありました。これは1歳後半という対象年齢にあっていると今では思います。

 

親が興味を持った子供英語教材はディズニー英語システムとワールドワイドキッズ

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルDVD

親が無料サンプルを使ってみて興味を持ったのは、「ディズニー英語システム(DWE)」と「ワールドワイドキッズ(WWK)」です。

※理由は次の段落に下記しています

では次に、この4つの無料お試しDVDを使ってみて、親の目線から気になったことを書いてみます。

 

スポンサーリンク

子供英語教材の無料サンプルDVDを親が見て気になった点は日本語の有無

子供英語教材の無料サンプルDVD(①ディズニー英語システム、②しまじろうイングリッシュ、③ワールドワイドキッズ、④えいごであそぼ)

子供英語教材4社の無料お試しDVDの中で、親がどうしても気になったのが”日本語の有無”です。

「えいごであそぼプラネット」と「しまじろうのこどもチャレンジEnglish」には、日本語を織り交ぜながらの英語学習になっていました。

日本語が入っていると子供が興味を持つのは当然ですよね。

もし日本語を覚える前の赤ちゃんの時期なら話は変わってきますが、娘は既に1歳後半だったこともあり、日本語が入った英語教材の方をより楽しんで見ていました。

それに対し「ディズニー英語システム(DWE)」と「ワールドワイドキッズ(WWK)」は英語のみです。

最終的に英語が話せるようになる目的を持っているので、「耳にした言語を自然に聞き取ることが必要」という意味でも、英語オンリーというのが重要だと親は感じました。

 

スポンサーリンク

 総合的に見た結果、ディズニー英語システム(DWE)に決定

ディズニー英語システム(DWE)

子供英語教材はどれも値段が高いのですが、「えいごであそぼプラネット」と「しまじろうのこどもチャレンジEnglish」は比較的買いやすい価格でした。

その理由は日本語が多かったり教材の量が少ないからです。

それに対し「ディズニー英語システム(DWE)」は圧倒的な教材の多さから値段はかなり高いものでした。

もちろんそれは長期的に考えられたものなので、教材の量が多いのでしょう。

※ディズニー英語システム購入後に、多角的に英語をインプットできる仕組みがあることを知ることになります。

ワールドワイドキッズ(WWK)も英語オンリーで魅力的でしたが、教材の量をDWEと比較すると、「本当にこれだけで英語が話せるようになるの?」という疑問が出てきたので、DWEの教材を買うことに決めたのです。

ウチの子供英語教材の考えは、幼児だけで終わらずに小学生以上になっても、長期的に英語を続けていくつもりでいたので、教材の多さは大歓迎。少しずつ進めて行こうかなと。

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルDVD、CD、絵本、ABCポスター

また調べたところ「ディズニー英語システム(DWE)」には「プレイアロング」や「シングアロング」などの教材がプログラム別に分割されています。

フルセット(フルパッケージ)をまとめて買えば高価ですが、乳幼児がスタートする教材「プレイアロング」と「シングアロング」だけを買えば価格も比較的抑えられるのでは?と考えたのです。

※当時は以上のような感想を持っていましたが、その後、フルセットを購入してしまうことになります(苦笑)。

そして、我が家がディズニー英語システム(DWE)に決めた最も重要なことは、この教材を開発したのがアメリカの言語学者たちだというのを知ったからです。

ハーバード大学で学士号・修士号を取得した言語学と言語教育の権威として知られたアン・ダウ氏と、 言語習得研究を専門とする言語学者ダイアン・ワルショウスキー博士が、アメリカの言語学者たちとチームを組んで言語学発達心理学をもとに開発しました。

参考:ディズニー英語システムは言語学者アン・ダウ氏が言語学と発達心理学に基づいて開発しました(YouTube)

これを見た時に、ディズニー英語システム(DWE)で決定!となったのです。

ディズニー英語システムの基礎となる「プレイアロング」と「シングアロング」については、無料サンプルに入っています。この機会にぜひ取り寄せてみて下さい。

公式サイトはこちら↓

 

最後に

ディズニー英語システム(DWE)フルセット

やっと我が家が購入する子供英語教材が決まりました。

「ディズニーの英語システム」を購入することにはしましたが、ネットには中古教材がたくさん売られています

ディズニー英語システムの中古教材については、「どの会社の英語教材にするか?」について色々と調べていた時によく検索にヒットしていたので知っていました。

次に我が家が考えることは、「正規品を新規購入か?、中古教材か?」ということにになりました。

第4話目に続くディズニー英語システム(DWE)中古教材と正規品どちらを買うかで悩む

関連記事(無料サンプル)ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルの内容、貰い方、勧誘の断り方

 

まとめ記事:「ディズニー英語システム(DWE)を購入するまでの流れと8年以上使っての感想、まとめ」に戻る

カテゴリー:「ディズニー英語システム(DWE)」を見てみる

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-ディズニー英語システム(DWE), ディズニー英語システム(DWE)購入前, 子供の英語教材・英会話
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2022 All Rights Reserved.