子供の英語教材・英会話 楽天ABCマウス(Rakuten ABCmouse)

楽天ABCマウス/ABCmouseはネイティブ音声で英語絵本を読み聞かせしてくれるよ

更新日:

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」英語絵本の読み聞かせ画面

子供英語教材「楽天ABCマウス(ABCmouse)」を娘が継続しています。これまでの内容については下の記事にまとめています。

関連楽天ABCマウス/Rakuten ABCmouseの料金や口コミ・感想まとめ

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」にはメインプログラム以外に、付属の教材が充実しています。

特ににディズニーなどのデジタル英語絵本が読めるのでかなりお得です。

このデジタル英語絵本の中でさらに便利なのが、絵本の読み聞かせです。

ネイティブの音声で英語の絵本を読み聞かせしてくれるので、これを毎日続けるとかなりの英語力になりますよ。

今回は「楽天ABCマウス(ABCmouse)」のネイティブ音声による英語絵本の読み聞かせについて紹介します。

 

スポンサーリンク

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」読み聞かせしてくる英語絵本の探し方

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のMap

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」の読み聞かせは、以前紹介した「デジタル英語絵本」と同じ場所にあります。

その中にはたくさんの英語絵本が集まっていて、読み聞かせしてくれる絵本は限られているので、その探し方を紹介します。

まずはHOMEからMAPに行きます。地図が表示されるので、その中のLibrary(図書館)をタップしましょう(上の画像右下)。

 

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」図書館に並ぶデジタル英語絵本

図書館にはずらっと英語絵本が並んでいます。下にスクロールしていくと、その中の見出しに「Read to Me」という箇所があります。

この「Read to Me」が読み聞かせできる絵本になります(上の画像の赤線の部分)。

「Read to Me」が見つかったらタップして下さい。

 

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」の読み聞かせ絵本が並ぶ「Read to Me」一覧

「Read to Me(読み聞かせ)」できる英語絵本が一覧で表示されました。

この中にある英語絵本は全てネイティブ英語で読み聞かせしてくれます。

 

スポンサーリンク

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」読み聞かせ絵本の特徴

「Read to Me(読み聞かせ)」の中から一冊絵本を選ぶと絵本が表紙が出てきて、左下の再生ボタンを押すとネイティブ英語で読み聞かせしてくれます。

英語絵本の読み聞かせ中、今読んでいる箇所をマーカーでラインしてくれる

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」英語絵本の読み聞かせ画面

英語で読み聞かせが始まると、今読んでいる箇所が、水色のマーカーでラインしてくれます。

上の絵本は「What」という絵本。今は"Well, what kind do you like best?"という箇所を読んでくれているというのがわかります。

水色以外のラインカラーにしたい場合は、下のメニュー右から2番めにある「ペン」のマークをタップしましょう。黄色、ピンク、緑色などに色を変更できます。

 

読み聞かせの速度を変更できる

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」英語絵本の読み聞かせ速度を遅くする亀ボタン

読み聞かせの速度が速すぎて内容についていけない場合は、下のメニューに亀マークがあるのでそれを押すとゆっくりと読んでくれます。

うさぎマークにすると元のスピードに戻ります。

最初はゆっくり読んでもらい、何度か同じ絵本を読むと、普通の速度の音声でもついていけるようになりますよ。繰り返しが重要です。

 

スポンサーリンク

英語の読み聞かせ絵本、どれから始めたら良いの?

英語の読み聞かせ絵本がたくさんありすぎて迷ってしまうという方に、どの本から始めたら良いのか一例を紹介します。

初めて英語を学習する子供には、ABCの読み聞かせ絵本からスタートしよう

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」ABC英語絵本の読み聞かせ(Aのページ)

初めて英語を学習する赤ちゃんや幼児の場合は、「ABC's in My House」などのABCの絵本があるのでそこからスタートして、アルファベットを覚えていきましょう。

上はアルファベット「A」のページ。"a is for aquarium"のようにAで始まる単語が一つ紹介させ、その単語を使った文章・会話が右に出てきます。

 

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」ABC英語絵本の読み聞かせ(Cのページ)

Cのページ。"c is for cupboard"。右の文章は絵本に登場している子供の視線 で紹介しているのでわかりやすいですね。

 

よく使うフレーズを読み聞かせ絵本で覚えていく

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」「I have」という読み聞かせ英語絵本

英語でよく使うフレーズを覚えていきましょう。

上の絵本は「I have」という絵本。I haveで始まる文章を読み聞かせしてくれます。

この絵本は「Reading level 1」です。表紙の右上にラベルがあるので見つけやすいと思います。

 

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」「I have」という読み聞かせ英語絵本

"I have a ball."とはハムスターが言っています。

読み聞かせの後に、親子で"I have"を使った文章を繰り返して練習するのを日課にするのが良いと思います。

 

サイトワード(Sight Words)で単語を覚えていく

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」読み聞かせ英語絵本「Sight words」の表紙

「Kindergarten Sight Words」という絵本があります。幼稚園用とあるので、まずはこの単語から覚えていきましょう。

上の絵本だとhave, into, like, ride, must, soonの6つを覚える絵本になります。

 

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」読み聞かせ英語絵本「Sight words」の「have」のページ

「Have」のページ。「Have」が使われている文章が5つ出てきています。

 

まとめ

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」の読み聞かせ絵本が並ぶ「Read to Me」一覧

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」のネイティブ音声による英語絵本の読み聞かせについて紹介しました。

他にも数字の「1から5」や「1〜20」の本もありますね。まだまだたくさんの読み聞かせ英語絵本があります。

「楽天ABCマウス(ABCmouse)」のメインプログラムについては基本子供に好きにプレーさせていればそれで良いのですが、毎日少しの時間でも良いので「デジタル英語絵本」も読んでいければ、英語力がアップしていきます

もし子供が嫌がらなければ、何度も同じ絵本を繰り返し読む(ネイティブ音声に読んでもらう)のが良いと思います。

読み聞かせ機能があるので、親は一緒に横で見ていればOK。発音が気になるから親が読むのはちょっとという方はぜひ活用してみて下さい。

メインプログラム以外に、今回紹介したネイティブの読み聞かせ絵本などがついて、年払いした場合、月額1,000円ちょっとで継続できるのでコスパの良い子供英語教材です。

公式サイトはこちら↓

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-子供の英語教材・英会話, 楽天ABCマウス(Rakuten ABCmouse)
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2020 All Rights Reserved.