子供の英語教材・英会話 楽天ABCマウス(Rakuten ABCmouse)

rakuten ABCmouseはディズニーなどのデジタル英語絵本も読めてお得

更新日:

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(ミッキー)タブレットを縦にした様子

これまでrakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のネイティブ英語教材の素晴らしさについていくつか記事にしてきました。

下の記事がまとめ記事になります▼

関連楽天ABCマウス/Rakuten ABCmouseの料金や口コミ・感想まとめ

英語学習が初めての子供にもあいますが、我が家のように「ディズニー英語システム(DWE)」ユーザーの子供にも相性がいいなと感じています。それは英会話ベースの教材だからです。

タブレットなので親への依存度も少なく、子供自身が飽きずに続けられる教材だと感じたので何記事も書いてきました。

本題に戻ります。

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)にはメイン教材以外に副教材も充実しています。その一つが英語のデジタルえほんが読めるということです。

しかも「アナと雪の女王」やミッキーなどのディズニーの英語絵本がたくさん読めますよ。これだけでも普通に元が取れますね。

今回はrakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のデジタル英語絵本を特集します。

 

スポンサーリンク

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のデジタル英語絵本はどこで読める?

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)最初の画面

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のメイン教材はトップページの「My Learning Path(オレンジ色)」で行えますが、デジタル英語絵本は別の場所にあります。

デジタル英語絵本はその下の「Map(青色)」をタップしましょう。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のMap

Map(地図)には以下のような場所があります。

  • School
  • Basics
  • Zoo
  • Farm
  • Pet Park
  • My Room
  • Learning Path
  • Shopping
  • Toddler Time
  • Library(図書館)

このMapの中のLibrary(図書館)をタップするとデジタル英語絵本を読むことができます

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)Libraryのデジタル英語絵本一覧

Libraryに行くと、デジタル絵本が一覧で表示されています。本当の図書館のようにずらっと英語絵本が並んでいますね。

これらのデジタル英語絵本を全て読むことができるのです。

 

スポンサーリンク

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のデジタル英語絵本はディズニー作品が充実

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)Libraryのデジタル英語絵本一覧

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)、Library最初の画面。一番上が「NEW」新しく追加された英語絵本です。

その一段したが「Disney(ディズニー)」の英語絵本の段。あまりにも多いので一列には収まりません。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(表紙)

試しに「アナと雪の女王」の英語絵本をタップしてみました。表紙のFrozenが出てきます。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(アナとエルサの紹介ページ)

「Welcome to Arendelle」とありアナ(Anna)とエルサ(Elsa)の紹介ページがあります。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(とある1ページ)

「アナと雪の女王」は英語のマンガになっていました。アナとエルサが小さい頃、雪でオラフを作っているシーンですね。

このようにアメリカの子供たちが読んでいる絵本をデジタルで読むことができます。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(ミッキー表紙)

次に「ミッキー&フレンズ(Micky & Fridends)」の絵本「A Perfect Picnic」を見てみます。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(ミッキー1ページ)

これは絵本ですね。タブレットを横にすると見開きで読むことができます。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(ミッキー)タブレットを縦にした様子

タブレットを縦にするとこのように1ページずつ読めるようになっています。縦にする方が文字を大きく読めますね

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)Libraryのデジタル英語絵本一覧

ディズニーがあるということは、同じ会社のマーベル(Marvel)スターウォーズ(Star Wars)の英語絵本も読めるようになっています。

簡単にアメコミが読めるってすごいことですね。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)Libraryのデジタル英語絵本一覧

ディズニー以外にも絵本がは充実しています。「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」やかわいい動物たちなどもありますね。

そしてもう一つ、rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)のメイン教材の復習を絵本でもすることができる点に驚かされました

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(メイン教材の復習ができる)

この「They Like to Eat」はメイン教材の中でも登場したフレーズです。子供たち(学校の生徒たち)が順番に好きな食べ物を言っていくという内容です。

 

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(メイン教材の復習。音声も聞ける)

リナ(Li na)が好きなのはお肉。「Li Na likes to eat meat.」というようにメイン教材で覚えたフレーズを見直すことができます。お友達も順番に登場しますよ。

これのすごいのは音声も聞けるということです。水色のマークが付いていますが、この箇所を今読み上げているところです。

耳で聞く以外に、文字を見ながら音声も聞けるので、単語のスペルもあわせて覚えることができるようになっています

 

スポンサーリンク

最後に

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)「アナと雪の女王(Frozn)」のデジタル英語絵本(メイン教材の復習)

rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)の副教材であるデジタル英語絵本について紹介しました。

子供は興味がなければすぐに嫌がりますが、この教材は興味を引くための様々な魅力があるのを感じました。

普通にたくさんの絵本やコミックが読めるので、アメリカ人もこれを使っています。アメリカNo.1オンライン教材を実感できると思います。

ネイティブの英語ベースで進められる画期的な教材です。オンライン時代に突入したことで実現できた教材ですね。

もし興味を持ったという方は1ヶ月間無料お試し体験ができるので、そこから試してみて下さい。もし子供にあわなければ1ヶ月以内に退会すれば料金はかかりません。

年間払いすると1ヶ月あたり1,000円ちょっとで使い放題なので、ずっと使える良心的な子供英語教材だと思います。

公式サイトはこちら↓

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-子供の英語教材・英会話, 楽天ABCマウス(Rakuten ABCmouse)
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2020 All Rights Reserved.