小学生教育・家庭教材

小学ポピーの教材を全て紹介。教科書に沿った学習ができるよ

投稿日:

小学ポピーの教材(小学1年生4月号)表紙

3歳から6歳まで続けてきた幼児ポピー「ポピっこ」。小1になる直前に小学ポピーのお試し教材(見本)をしてみました。下がその記事です。

関連家庭学習教材「小学ポピー」の無料サンプルを取り寄せてみたよ

お試し教材をした時には継続するかについては考えていませんでしたが、いざ小学生になると「これは入会した方が良さそう」という気になりました(幼児ポピーからなので「再開」と書いた方がいいのかも)。

というのは4月の授業は比較的簡単について行けたのですが、5月から急に授業のスピードがアップし、子供が算数についていけなくなったからです。

算数の「いくつといくつ?」というものが何度説明しても理解できません。国語は特に問題はないのですが、算数はここで躓いていたら先が心配です。ということで急きょ、小学ポピーを始めることになりました。

今回は届いた小学ポピーの教材を全て紹介します。教科書と同じ内容を学習できるので、これなら遅れをとらず付いていけそうです。

スポンサーリンク

小学ポピーの教材を紹介

小学ポピーの教材(小学1年生4月号)表紙

小学ポピー(小1・4月号)が届きました。国語、算数、ドリル、テストなどたくさんの教材が入っているので、このようにまとめて挟むことができます。

 

小学ポピーの教材一式を開いたところ

表紙を開くと中にはたくさんの教材が入っています。小学ポピーからは登場キャラクターがじゅん、あみ、はるのすけ(亀)、テンテン(犬)に変わりました。

 

小学ポピーの教材、国語と算数ワーク

左が「国語」で、右が「算数」。学校で使っている教科書を指定することで、教科書通りの教材が届き、同じ内容の学習ができるようになっています

国語はしのぶ先生で、算数はひろせんせいが教えてくれるようになっています。

 

小学ポピーの教材(やり切りドリル、こころの文庫、せいかつワーク、ことばの文庫)

左から「ことばの文庫」「1日1回やりきりドリル」「こころの文庫(読み物)」「せいかつワーク」。

「こころの文庫」は毎月1冊届く読み物です。右の「せいかつワーク」は理科と社会につながるワーク。学校の授業で言う「せいかつ」の教科書のようなものです。

「こころの文庫」は自分で文章を作る練習をする教材。国語だけでも色々な分野にわかれています。

 

小学ポピーの教材(国語と算数の解答、情報誌「ぴかり」、ポピーまるごとガイド)

国語と算数の各解答以外に、テスト、ポピーっ子情報誌「ぴかり!!」、小学ポピーまるごとガイドが入っていました。

 

小学ポピーの教材(ドレミでえいご、小学1年生スタートブック、漢字ポスター)

そして4月号なので「ドレミでえいご」「小学1年生スタートブック」「1年生でおぼえる漢字80字ポスター」が付いてきました。

「ドレミでえいご」はネイティブの先生が歌ったCD付きです。1年生でおぼえる漢字ポスターは早速壁に貼りました。

以上が全教材です。

小学ポピーが届いた時にこの教材の量に驚きましたが、実際に使って学習していくと納得の量だったのです。

 

スポンサーリンク

小学ポピーを学習してみました

小学ポピーを使って国語と算数を学習してみました。

国語

小学ポピーこころの文庫を読む娘

子供がまず読み始めたのは「こころの文庫」4月号は「おむすびころりん」でした。読書の習慣をつけるための教材です。

普段それほど熱中して読まないのですが、手ごろなページ数ということもあり興味深く読んでいましたよ。

因みに5月号は「ぼく、おばけです」、6月号「コアラゆうびん」、7月号「とびばこポン」という読み物でした。

 

小学ポピー国語を学習する様子

しのぶ先生の説明通りに進めていきます。子供が「これ学校やったやつ」とやる気がアップします。

 

小学ポピー国語と教科書を横に並べた様子

右が「小学ポピー」のページで、左が実際に学校で使っている教科書の1ページ。

絵のタッチは違いますが内容は同じで、それに問題がついています。これは子供がやる気になるのもわかります。

 

小学ポピーの国語と教科書の内容が合っている様子

こちらも左が教科書で、右が小学ポピー。教室や職員室に入る時の言葉がけの内容が同じにでてきます。

このように子供が授業で習ってきたページだけ、復習として学習することに決めました。

最初は予習にしようとしましたが、予習だと子供がまだ学校で勉強していない内容なので熱中できないことがわかったからです。

復習だと「これ勉強してきた内容」ということでやる気になることがわかり変更しました。

 

算数

小学ポピー算数を学習している様子

次に算数。多い方に〇をつける問題。最初は並んでいますが、最後はバラバラになっていて、難易度がアップしています。

 

小学ポピーの算数と教科書の内容を比較。

右が教科書で、左が小学ポピー。絵は異なりますが「ともだち」を一つにまとめるという同じ内容になっています。

 

小学ポピー算数を学習中。同じ数に線を結ぶ問題

同じ数に線を結ぶ問題。上は〇の数で下は数字です。その後はどちらの数が多いのか?の問題に続きます。

4月号は足し算のイメージづくり、10までの数からスタート。5月号から本格的に足し算や引き算に入りました。

 

小学ポピー、学習ごとにシールをはる

学習ごとにシールをはります。全てが終わると大きな絵になるので「早く終わらせてシールを完成させたい」と子供は話しています。

 

スポンサーリンク

学習した感想

机に座り「小学ポピー」の教材を学習している様子

1か月学習してみて、最初は教材が多いので続けられるのか心配でしたが、子供が学校で習ってきたページだけ復習するようにしたら、続けられるようになりました。

小学校は国語と算数がほぼ毎日ありますが、進むスピードはそれほど早くないので、毎日の学習単位で見ると量としては少ないのです。

小学ポピーを使い少しずつの学習を毎日継続することで、学力アップにつながるのでは?(授業に追いつけるのでは?)と感じました。

 

5月になり、急に授業のスピードがアップ。国語は問題ありませんが、算数が足し算と引き算などを加速して進めるようになりました。

その中で子供が足し算と引き算が混在したテストの時だけ混乱して間違っているのを学校の小テストを見て感じました。つまり理解できてないのです。

正解している時はほぼ全部正解ですが、間違っている時はほとんど誤解して全滅しているのです。

特に算数の「いくつといくつ?」という問題と「文章問題」がよくわからないようですね。親がパターン化して教えても、実際の小テストでは違う解き方をして間違って帰ってきます。

これを見て、これは早めの対策をしないと置いて行かれるという危機感になり、小学ポピーを入会することになったのです(幼児ポピーから見ると再開)。

継続することは重要で、まず今日学校で学んできた内容のワークから始め、「1日1回やりきりドリル」で繰り返し学習、そして最後にプリント形式のテストをすることで、繰り返し学習してきたことがわかります。

添削指導などはないので親の負担がありますが、それでも毎日少しずつなので、学校の宿題の後に引き続き学習しています(週末は疲れているので、土日になりますが…)。

算数が予想外にも授業についていけていない様子なので、1年間続けてみたいと思います。もし子供が授業の内容を理解していないのであれば、今からだと追いつけると思うのでぜひ始めてみてください。

お試し教材(見本)もあるので、そこからスタートしてみましょう。

小学ポピーのサイトはこちら▼

スポンサーリンク

関連記事と広告

Twitter でおにぎりフェイスを

-小学生教育・家庭教材
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.