兵庫・神戸のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

パンダもいるよ!神戸市立王子動物園に行って良かったこと5つ

更新日:

王子動物園入口

1~2歳児(乳幼児)の子どもを連れて遊びに行く場所を探しています。「子どもを連れておでかけ旅」のような本を見ても「1~2歳児はどの場所も少し早いかな?」っていう場所ばかりで困っていました。

「それじゃぁ、自分で探してまとめていこう」と思い、色々行ってみて良かったところを更新していきます。第1弾が神戸市立王子動物園です。

実は過去に他の動物園にも行ったりしているのですが、残念ながら子どもを自由に遊ばせながら動物も間近で見るとことができませんでした。それと比較すると、王子動物園は違いますよ。

「神戸市立王子動物園」の行き方や行って良かったおすすめポイントを5つ紹介します。

スポンサーリンク

神戸市立王子動物園の行き方(アクセス)

  • 住所:〒657-0838 神戸市灘区王子町3-1
  • 電話:078-861-5624
  • 休園日: 毎週水曜日(祝日と重なる場合は開園)
  • アクセス①:JR大阪から神戸方面新快速・芦屋(乗換)→神戸線普通・灘駅下車、徒歩5分
  • アクセス②:阪急「王子公園」駅より西へ徒歩3分
  • アクセス③:阪神「岩屋」駅より北へ徒歩10分

大阪から乗り換えがスムーズな、JRで行ってきました。灘駅から徒歩5分と書かれていましたが、実際はもう少しかかりました。

というのは、行きは上り坂だったからです。10分はかかっていませんが7~8分はかかりました。何度か行きましたが必ず信号にひっかかるのでその時間分もあります。

ベビーカーでのんびり行ってきました。

阪急電車の場合は「王子公園駅」からすぐです。阪神電車の場合は北側(山側)を進み、JR灘駅を通過し、坂を上ると到着です。10分はかかります。

 

スポンサーリンク

入園料金や年間パスポート

王子動物園入口

入園料と年間パスポートをまとめてみました。

入園料金

  • 大人(高校生):600円
  • 中学生・小学生・幼児:無料
  • 兵庫県在住の65歳以上の方:無料
  • 障がい者の方:無料

なんと中学生以下は無料です。太っ腹ですね。高校生以上が大人扱いになり600円。子供が無料だと、何度でも通いたくなります。

近所の方には「年間パスポート(年パス)」がオススメです。

 

年間パスポート料金

  • 年パス料金:3,000円

年パスは3,000円です。年に5回以上王子動物園に入園する方にはお得になります。

子供は無料なので必要ありませんが、毎回付き添いとなる保護者には年パスを購入しましょう。

年パスには「王子動物園年間パスポート申込書」に記入する必要があります。先にダウンロード&印刷して記入し持参するか、入園ゲートで申込書を記載し、現金を添えて申し込んでください。

参考:年間パスポート(王子動物園)

 

スポンサーリンク

王子動物園の良い点5つ

王子動物園の良かった点を5つご紹介します。あわせて動物たちを写真付きで紹介しています。

1.駅から近いこと

どの電車からでも駅から近いこと。JR灘駅から坂を上った所にあります。徒歩7、8分といったところでしょうか。

阪急電車「王子公園」駅からだとすぐです。阪神・阪急・JRと三線ありますが、どれで行っても近いのがいいですね。

 

2.混雑していも閉塞感がない

たくさんの子どもが遊びに来ているのに、圧迫感がありませんでした。ベビーカーで来てると、周りに気を使ってそれだけで疲れてしまいます。

でも、園内は道幅が広いのと、色々な道の選択肢があるので、周りの人を気にすることなく動物を見ることができます。子連れの場合はこれは特に重要。

 

3.動物が間近で見られる

動物たちが目の前で見られます。動物が近くまで来てくれるので、動物を肌で感じることができます。何度か行きましたが、必ず目の前に来てくれますよ。

今まで行った動物園では「動物がほとんど寝ていたり、遠く離れてでしか見ることができない」といったことが多かったので、特に行って良かったと感じてます。

 

王子動物園の動物たち

「王子動物園」ゾウ

入口近くでいきなり大きな象にビックリ。象と桜。

 

「王子動物園」フクロウ

ちょこっと座っているのになかなかの存在感ですね。フクロウ。

 

「王子動物園」レッサーパンダ

レッサーパンダ。自由に木を歩き回っています。

 

「王子動物園」カンガルー

20匹ぐらいのカンガルーが全員ゴロゴロ昼寝していました。動物園でよくみかける光景です。

「王子動物園」シマウマ

シマウマ、大人でも見入ってしまいます。

 

「王子動物園」キリン

キリンは一周して部屋に入ってしまいますが、時間が経ったらまた出てきます。一番外側を通っており、キリンはよくわかってますね。

手前の桜の木の実を食べたいからか、大きな首で柵の前まで来てくれますよ。

 

4.授乳室やオムツ交換台がある

「王子動物園」オムツ交換台、トイレ

授乳室やおむつ交換スペースが複数ありました。またイスがたくさんあり、休憩ができて助かりましたよ。

 

5.パンダがいるよ

「王子動物園」パンダが竹を食べている様子

そして一番のポイントはパンダがいること。これ最重要ですね。しかも目の前で見られますよ。日によっては室内にいる場合もあります。

上の写真はまるでおっさんのような雰囲気を醸し出しています。

 

「王子動物園」パンダを横から見た様子

後ろから見ると、木にもたれていました。こんな真ん中でパンダを見れるなんて。しかもそれほど混雑していません。

 

最後に

「王子動物園」の旧ハンター邸と桜

「神戸市立王子動物園」のアクセスや入園料金、行ってみて良かったことを5つまとめてみました。

親子ともども十分満喫できました。気温が丁度良い時は、お弁当を持ってくるのがおすすめです。それかコンビニ等で買ってくるのもいいでしょう。

レジャーシートで座って、お花見のような方もおられましたよ。

最後に王子動物園内にある「旧ハンター邸」です。周囲にたくさん桜があり、ハンター亭が隠れてました。

王子動物園内にあるミニ遊園地についても書いています▼

関連神戸市立王子動物園の遊園地で遊んできたよ。乗り物の料金や回数券も紹介

【関連】天王寺動物園の入園料金を割引で入場する方法

【関連】気軽に行ける都会の中の動物園、天王寺動物園に行ってきました

【関連】初心者必見!白浜アドベンチャーワールドを満喫する9つの準備

【関連】厳選!子供連れが楽しめる関西のお出かけスポット9つ

【関連】動物園」でサイト内検索してみる

スポンサーリンク

関連記事と広告

Twitter でおにぎりフェイスを

-兵庫・神戸のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-, , , , ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.