子供の英語教材・英会話 子供英会話

ベルリッツキッズの口コミ・評判からわかるメリット6つ・デメリット4つ

更新日:

ベルリッツキッズの資料パンフレット

子供英会話教室「ベルリッツキッズ」は、マンツーマンレッスン超少人数制レッスンがあることで人気の英会話教室です。

以前「マンツーマン子供英会話教室「Gabaキッズ」と「ベルリッツキッズ」の違い」という記事を書きました。

我が家はマンツーマン子供英会話に入会する時に、複数の子供英会話教室を検討しました。

その時にベルリッツキッズの資料請求と無料体験、わからない点をスタッフに質問して確認しています。

今回はベルリッツキッズの口コミ・評判からわかるメリット(良い点)を6つデメリット(気になる点)を4つ紹介します。

スポンサーリンク

ベルリッツキッズのメリット6つ

ベルリッツキッズの資料パンフレット

ベルリッツ・キッズの口コミ・評判からメリット(良い点)をまとめました。

メリット1:子供英会話も英語オンリーのレッスン

ベルリッツキッズは親会社のベルリッツと同様、英語オンリーのレッスンを行っています。

英語でリスニングし、英語でスピーキングすることを徹底しています。

それが英語が上達する近道なので、最初は子供が戸惑うことと思いますが、ベルリッツの教え方に従って学習しましょう。

子供は柔軟性があるので、最初は心配になりますが、途中から慣れてくると思います。

そこから急に英語力がアップしますよ。

 

メリット2:独自メソッドを採用、理解した講師が指導

ベルリッツキッズの資料パンフレットの1ページ

ベルリッツキッズは親会社ベルリッツの独自メソッドを全レッスンに採用しています。

これは創始者のマキシミアン・ベルリッツが考案したメソッドで、メソッドを理解&クリアした教師しか教えることができません。

子供の理解度、レベル、進行状況などを管理し、その時のレベルにあったレッスンを行ってくれます。

ただ英会話をして終了ではなく、できるだけ早くで英語習得ができるメソッドになっています。

 

メリット3:幼児でもマンツーマンの個人レッスンがある

ベルリッツキッズには幼児(未就学児童)でもマンツーマンの個人レッスンがあります。

Gabaキッズなどのように、幼児期にはマンツーマンレッスンを実施していない子供英会話教室は多いです。

その理由は幼児は座って話を聞くことができないから。英会話以前の問題ですね(苦笑)。

ベルリッツキッズが幼児でも個人レッスンを採用している理由は、英語学習の次のステップに進みたい子供がいるからです。

例えば、帰国子女、海外に移住する目的がある、英検を取得したいという近い将来に目的・目標がある子供に向けてマンツーマンレッスンは行われています。

 

メリット4:少人数制レッスンが最多で3人まで

ベルリッツキッズの資料パンフレットの1ページ

個人的に一番のメリットだと感じているのが、少人数制のレッスンが最多で3人までという点です。

他の子供英会話教室の少人数制レッスンは最多で8人〜9人というところが多いので、ベルリッツキッズの少人数制レッスンは「超少人数制レッスン」であることがわかります。

人数が少ないほうがスピーキングの回数や時間は多くとれるので、それだけ英語上達が早くなります。

これは我が家の実体験でもあり、子供英会話教室の選び方というブログの記事でも書いたぐらい重要なポイントです。

 

メリット5:世界共通のオリジナルテキストを使用

ベルリッツキッズの資料パンフレットの1ページ

ベルリッツは世界70カ国以上の国や地域で英会話教室を運営しています。

英語レッスンで使われているテキスト(教材)は日本独自のものではなく、世界のどのベルリッツでも共通するオリジナル教材を使用しています。

同じメソッドで、同じテキストで英語レッスンが受けられるので、進め方も同じなので安心です。

 

メリット6:保護者向けレファレンスガイドに、宿題の進め方のアドバイスが載っている

ベルリッツキッズの資料パンフレットの1ページ

保護者(親)は英会話教室に連れて行くだけで、どんなレッスンを子供が受けているのかはわかりません。

(教室の外にレッスン中の声が漏れ聞こえてくるので、だいたいはわかりますが…)

毎回レッスン後に次のレッスンまでの宿題が出されます。そのレファレンスガイドには英語フレーズ単語などが書かれていたり、宿題の進め方のアドバイスが載っています。

英語レッスンは週に1回だけの人が多いので、この宿題が重要だと経験から感じています。

1週間に1回のレッスンだと、次週には子供は忘れてしまいます。

英語力を繋ぐために英語の宿題は重要であることが、マンツーマン子供英会話教室に通うことでわかりました

どのようにしてアドバイスしたら良いのかが親としてはわからないので、宿題の進め方のアドバイスが載っているのはとても助かります。

 

スポンサーリンク

ベルリッツキッズのデメリット4つ

ベルリッツキッズの資料パンフレット

ベルリッツ・キッズの口コミ・評判からデメリット(気になる点)をまとめました。

デメリット1:毎回同じ英語講師ではない。固定ではなく変動性である

ベルリッツキッズは大きな会社なので、たくさんの講師が働いています。

レッスンする英語講師は、その日に出勤している講師たちの中から選ばれるので、毎回同じというわけではありません。

同じ曜日に通うので、結果的に毎週同じ講師になることもありますが、絶対に同じというわけではないことを知っておきましょう。

ただし、同じベルリッツの独自メソッドを習得した先生たちなので、教え方や方向性は同じになります。その点は安心です。

 

デメリット2:マンツーマンの個人レッスンの値段が値段が高すぎる

おそらく全員が習わせたいと思っているのがマンツーマンの個人レッスンです。

素晴らしい先生とレッスン時間を独占できるので、英語の上達が最短距離になります。

我が家もマンツーマンの子供英会話教室に通い始めると、たった1ヶ月でリーディング効果が得られるようになりました

それだけマンツーマンレッスンでの英語習得度はすごいのですが、しかし値段が高すぎます(苦笑)。

これはベルリッツキッズだからというわけではなく、他社の子供英会話教室でも共通するデメリットです。

普通なら何人かでレッスンを受けるはずのことを、一人で学習できるので、これは仕方がないことです。

 

デメリット3:少人数制レッスンは同レベルの子供が最少2人いないと実施されない

ベルリッツキッズのメリットで書いた少人数制レッスンが最多で3人までという点はとても素晴らしくて最もおすすめできる点です。

しかし実際に少人数制レッスンを受けさせようとしても、実施されないことがあります

それは同レベルの子供が最少2人いないと行われないという点です。

ほぼ同じレベルの子供でないと一緒にレッスンを受けていても付いていけなくなありますからね(最初にレベルチェックをして英語レベルを確認します)。

子供がレッスンを受けたい時間帯・曜日に、偶然同じレベルの子供がいれば開校されますが、なかなか運良くいることが少ないのが難点です

特に中級レベルの子供の場合は、同じレベルの子供が少ないことがあり、残念ながら実施されませんでした(実体験)。

つまり少人数制レッスンの場合は最少人数が2人で、最多人数が3人ということになります。

結果1人しかいない場合は、ベルリッツキッズのマンツーマンレッスンに変更するか、他のマンツーマン子供英会話教室を探すということになります。

 

デメリット4:グループレッスンの場合は振替授業ができない

ベルリッツキッズのグループレッスンは、急に行けなくなった時はキャンセルはできますが、振替することはできません

グループレッスンは1グループ2〜3人います。もし子供が行けなくなっても、残りの1〜2人はレッスンに来るので振替授業はできないのです。

しかしマンツーマン(プライベートレッスン)の場合は子供1人だけなので、振替レッスンができます。

あくまでもグループレッスンに限定する話ですが、急に調子が悪くなって行けなくなったらキャンセル扱いになることを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ベルリッツキッズの資料パンフレット

子供英会話教室「ベルリッツキッズ」の口コミ・評判から、メリット6つとデメリット3つをまとめてみました。

先生たちの英語指導法は優秀で、同じメソッドで教えてくれます。テキストも世界と同じオリジナル教材。

それだけにできればベルリッツキッズで英語を習わせたいという方が多いのですが、マンツーマンの個人レッスンは高くて、少人数制だと同じレベルの子供が最少2人がいないと実施されないという点だけが難点です。

別の曜日だと同じレベルの子供がいることもありますが、平日だけ通えないとか、休日は他の習い事と重なっているなどということがあるので、結果的に流れてしまう場合もあります。

ただこればかりは直接確認するしかないので、まずは無料体験レッスンがあるので参加してみて下さい

ベルリッツキッズのことがある程度、理解できると思います。

もし気に入れば、英語のレベルチェックをして、同じ時間帯に同じレベルの子供たちがいれば、そのレッスンに入ることができます。

無料体験レッスンはこちらから↓

今だけ秋の特別キャンペーン(教材費1レベル分無料)実施中[10月31日(月)まで]

 

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-子供の英語教材・英会話, 子供英会話
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2022 All Rights Reserved.