ディズニー英語システム(DWE) ワールドファミリークラブ(WFC) 子供の英語教材・英会話

WFクラブ週末イベント「ダンスアロングショー」に参加してきました

投稿日:

DWE週末イベント・ダンスアロングショー

先日「ディズニーの英語システム(DWE)」の会員「ワールドファミリークラブ(WFクラブ)」の週末イベント「ダンスアロングショー」に参加してきました。

週末イベントは「プレイアロング・イベント」以来2回目になります。

ダンスアロングショーの内容や参加した感想を紹介します。

スポンサーリンク

ダンスアロングショーとは?

dancealong-show2

ダンスアロングショーは「Pompom's Dancing Circus Stars」というサーカスイベントでした。

※内容は毎年変更されます。レベルは同程度なので参考程度に読んで下さい。

DWEのライムで登場するMr.ストロングマンザ・トールマンザ・スモールマンヒッポなども登場。子供達は楽しそうに参加していました。

3人の先生がやっているのですが、裏方的な担当も同時にされているので大変そうに見えましたが、先生は慣れたもんで巧みにこなしていまいしたよ。

今回のイベントの最も見どころと言えば、ストロングマンが1000ポンドの重量挙げができるのかというあたりです

なかなか楽しめたので、ぜひとも参加していみて下さい。

「Pompom's Dancing Circus Stars」というパンダのポンポンによるサーカスショーは1月中旬で終了します。

そして、1月13日からは「Max's Variety Dance Spectacular」というマックスのスペクタクルショーに変わります。

なので、次回、同名のダンスアロングショーに行くと別のイベントに変わっているのは嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

週末イベント「ダンスアロングショー」の感想

DWE週末イベント・ダンスアロングショー

到着するとベビーカーを所定の場所に置く決まりになっています。

前回参加したファミリープレイアロングは0歳〜2歳がメインなのでベビーカー率が高かったのですが、今回のダンスアロングショーは少なかったです。

なのでベビーカーを折りたたむ必要もありませんでした。

ダンスアロングショーは、ファミリープレイアロングと同様、何も無い1フロアーの会場に座ります。

スタートは円になって座りますが、途中からは子供たちが前に、そして後ろに親が見るという形になります。

一人になると泣いてしまう子供もいるので、親と一緒に見る子供もいました。どちらでも皆座って見るので問題はありません。

どこからでも見ることができますよ。

我が家はディズニーの英語システム(DWE)を6ヶ月続けているので、ショーに使われている曲は知っている曲ばかりでした。

娘は当初は人見知りしていましたが、途中から好きな歌になると、独特のダンスをしていました。

慣れるまでかかりますが、慣れてからは楽しそうにしていたので良かったです。

今回は「プレイアロング・イベント」から何か月か間隔があいていていました。

久々ということもあり慣れるまでかかっていましたね。次回からはイベント参加の間隔を短くして行って子供の反応を見てみます。

 

スポンサーリンク

最後に

ワールドファミリークラブ(WFクラブ)の週末イベントに参加すると、子供はかなり刺激を受けるようで、家でのDWE教材を続けていくモチベーションにもなっています

イベントは一番後ろに線が引かれていて、その場所からだったらビデオカメラの撮影もOKでしたよ。

なので、撮影して家でまた見てみると再度楽しめるし、毎日の英語学習にも生かされることだと思います。

我が家もDWE会員を退会せず続けていくことに決めたので、週末イベントにはできるだけ参加していきたいと考えています。

 

その他の週末イベントに関しては下の記事にまとめているので続けて読んでみて下さい↓

関連DWE週末イベントの詳細内容・料金・申込&キャンセル方法

【関連】子供英会話教室7社比較。気になるお値段・無料体験レッスンなど

【関連】ディズニー英語システムを始めよう!DWEの効果について

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-ディズニー英語システム(DWE), ワールドファミリークラブ(WFC), 子供の英語教材・英会話
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2022 All Rights Reserved.