大阪のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

森ノ宮「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」の料金や混雑状況、遊具の特徴を紹介

更新日:

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」2歳から6歳向けのエリア

大阪城公園の森ノ宮噴水周辺にスターバックスコーヒー、パン屋「R Baker(アールベイカー)」などがオープン。

その中の一つに室内遊具屋外遊具の遊び場がセットになった「ボーネルンドプレイヴィル」もオープンしたので早速行ってきました。

森ノ宮周辺には室内遊び場がそれほどないので、あっという間に一気に人気のエリアになっています。

大阪城公園内に出店する「ボーネルンドプレイヴィル」の場所、料金(時間制チケット・1日パス)から、実際に子供と遊んできたので遊具の種類行ってきた感想を紹介します。

スポンサーリンク

大阪城公園「ボーネルンドプレイヴィル」の場所

大阪城公園森ノ宮噴水付近の地図

  • JR環状線「森ノ宮駅」から徒歩1分
  • 大阪メトロ中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」から徒歩1分

今回ボーネルンドプレイヴィルがオープンする場所は、森ノ宮駅から大阪城公園に入ってすぐにある噴水周辺になります。

その中で「ボーネルンドプレイヴィル」は噴水の手前右側にできました

  • パン屋「R Baker(アールベイカー)」:既にオープン中
  • カフェ「スターバックスコーヒー」:既にオープン中
  • 屋内外子供の遊び場「ボーネルンドプレイヴィル」:既にオープン中

メモ

パン屋「R Baker」に行ってきました。パンの種類やお店の様子が気になる方は下の記事をあわせて読んでみてください▼

関連大阪城公園(森ノ宮側)のパン屋「R Baker」に行ってきた

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」入口付近を噴水側から撮影

噴水とスターバックス側から「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」を撮影。かなり広いのがよくわかります。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」入口

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」入口の様子。入口にはベビーカー置き場があり、臨時自転車置き場が裏側にありました。

実は大阪城公園の森ノ宮駅には「子供天守閣」という無料の遊具公園があります。

その「子供天守閣」の丁度向かいが「ボーネルンドプレイヴィル」ということで、無料の遊具公園有料の屋内外遊び場が向かい合わせになる形になりました。

では入ってみましょう!

 

スポンサーリンク

利用料金

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」入口チケット売り場

入口チケットカウンターの様子。料金は①時間制チケットと②1日パスの2種類。ここでチケットを買い入場します。

1.時間制チケット料金

  • 子供:最初の30分800円(以後10分毎に100円)
  • 保護者:600円(施設利用料・延長料金なし)

旅行者や観光客が少し遊びたいという方向けになります。時間制の場合は途中退場は不可となっています。

 

2.1日パス

  • 子供:1,700円
  • 保護者600円
  • 親子セット:2,300円

1日パスは入退場がOK!一度退場して何度も再度入場が可能です。

年間パスや月間パスのようなものはありませんでした。個人的に期待していたのですが、残念です…。今後期間限定で料金体系が変更される場合もあるそうです。

下の写真が1日パスになります。

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」の1日パスを腕に巻いた様子

1日パスは腕に巻き付けるタイプ。これを見せることで何度も再入場ができます。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」知育玩具売り場

入口すぐ横には「ボーネルンド」ショップコーナー。気に入った知育玩具を購入できます。もちろんこれらのおもちゃもプレイヴィルの室内にあり遊ぶことができます。

 

スポンサーリンク

ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園の内容

  • 店舗名:ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園
  • 住所:大阪市中央区大阪城3-9 大阪城公園内 森ノ宮噴水エリア
  • 面積:屋外遊び場727㎡(216坪)、屋内遊び場530㎡(160坪)
  • 営業時間:9:00~19:00(受付18:30)
    ※冬季期間(11月~2月)は9:00~18:00(受付7:30)
  • 対象年齢:6ヶ月~12歳
  • オープン:2018年5月31日(木)
  • 電話番号:06-6766-4606
  • 定休日:不定休
  • 利用料金:下にまとめました

参考:報道発表

ボーネルンドの中でも屋外と室内があるタイプで、対象年齢は6か月~小学生6年生(12歳まで)が遊べる遊び場です。

てんしばにあるボーネルンドプレイヴィルは屋外エリアが66坪、室内遊び場が150坪。面積を比較すると室内エリア・屋外エリアどちらも大阪城公園の方が大きいのがわかります。

屋外エリア面積 室内エリア面積
プレイヴィル天王寺公園 66坪 150坪
プレイヴィル大阪城公園 216坪 160坪

特に屋外エリアが大きいのが「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」特徴です。では1つずつ遊具を見ていきましょう。

室内エリア

室内エリアは「①0歳~2歳エリア」「②2歳~6歳エリア」「③6歳~12歳」の3種類エリアに分かれていて、それぞれの年齢にあった遊具が用意されています。

0歳~2歳(赤ちゃん)エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」0歳~2歳エリアの遊具

まずは入ってすぐ左にあるBABY GARDEN「0歳から2歳エリア(0か月~24か月)」

対象年齢が6ヶ月からとなっており、生後6ヶ月~18か月(1歳6か月)の赤ちゃん限定のエリアとなっています。

激しい遊びはありません。大きなボールを入れて下に落とす遊具やままごとごっこなどができます。

入ることができますが対象年齢以外は遊べないので注意しましょう。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」ベビー休憩室の様子

「BABY GAREN」の奥がベビー休憩室になっています。離乳食エリア、授乳室、オムツ交換台も完備。小さな子供向けの絵本もあります。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」多目的トイレ

絵を描ける「表現エリア」の横付近にも多目的トイレが2箇所ありました(オムツ交換台付き)。

こちらは屋外エリアから近いということもあり、靴のままでも入ることができます(一部靴を脱ぐ個所あり)。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」多目的トイレ、キッズトイレもあり

キッズ用トイレもあります。

 

2歳~6歳エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」2歳から6歳向けのエリア

2歳~6歳向けのエリア「Kids' Play Gym」。ジャングルジムと滑り台があわさった複合遊具やボールプール、簡単なボルダリングなどがあります。

周辺は一周できるようになっていて、ボルダリングの裏側も通れるようになっていました。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」ボルダリングで遊ぶ娘

6歳児一番にこのボルダリングにチャレンジ。簡単に一番上まで行き左右に移動できていました。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」登って反対側から下りられる遊具

手先を使って上り、中に入り、反対側から下りられる遊具。秘密基地のような楽しさもあります。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」サイバーホイール

ボーネルンドと言えばサイバーホイール。ここは半円タイプでした。

中に入って遊んだり、上に乗って跳ねたり、反対にしてシーソーのようにしたりできる定番の遊具です。

 

6歳~12歳エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」6歳以上向けのボルダリング遊具

「6歳~12歳向けのエリア」。ボルダリングもより複雑な形になっています。子供は何とか登り切りました。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」雲梯とボールプール

小学生と言えば「雲梯(うんてい)」。ウチの子供も今ブームなので何度もチャレンジ。

落ちても下がボールプールになっているので安心です。

こちらも外側を飛び跳ねて1周することができます。途中写真奥にあるようにロープを使わないと越えられない場所もあります。

以上が室内エリア。靴を脱いで遊ぶ遊具になっています。

 

絵本エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」絵本エリア

絵本エリア。こちらは靴を履いていくエリアで、中には木の知育玩具がいくつかありました。

中に椅子があり絵本や図鑑を読むことができます。どの絵本も綺麗でしたよ。

 

表現エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」表現エリア、絵具で絵を描いている様子

表現エリア。透明のガラスに絵を描いたり、紙に絵を描いたりすることができます。近くにエプロンあり。

ワイパーのようなもので描いては消したりして長時間楽しんでいましたよ。その他、クレヨンタイプもあります。

その他、時間ごとにワークショップもありました(ワークショップのみ別料金)。

 

屋外エリア

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」屋外エリア。手前は砂場

次に屋外エリアに来ました。この屋外エリアが広いのが「プレイヴィル大阪城公園」の特徴でもあります。

手前は砂場。シャベルや長靴を履いて自由に遊ぶことができます。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」水を流せる遊具

奥に井戸のポンプ式くみ取り器があり、その水をバケツに入れて流して遊ぶ遊具。

子供は水遊びが好きなので、ここから離れません。こちらも長靴に履き替えることをおすすめします。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」アクアプレイという知育玩具

アクアプレイというボーネルンドのおもちゃ。水が入っていてヨットや舟に人を乗せ遊びます。

運河の水を調整したり水位をコントロールするおもちゃなのですが、激しく遊ばれています。こちらも長靴を履きましょう。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」縄を伝って歩く木の遊具

縄を伝って横に移動するアスレチック遊具。すぐ横にある無料遊具「子供天守閣」がチラッと見えます。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」縄を登っていく複合滑り台

次は縄はしごを登ります。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」アスレチック滑り台

最後は木で造られた滑り台。一番上からは上り棒で降りられます。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」木製平均台

木製の平均台。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」木製の家

木製ハウスの中には椅子がありました。一休みできます。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」大型ブランコ

大型ブランコ。3人乗せることができましたよ。

 

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」幼児向けの屋外遊具

屋外には小さな子供向けの屋外遊具もあり、ミニ滑り台やお店屋さんごっこなどができます。ここだけは人工芝があって転んでも安全です。

その奥には飲食が可能なエリア椅子と机があります。持ってきたお弁当やコンビニで買ったおにぎりやサンドイッチなどを食べることができますよ(ローソンが目の前にあります:写真の噴水付近参照)。

写真では日よけがありませんが、後日行った時には日よけがセットされていました。

 

最後に

「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」入口付近を噴水側から撮影

オープンした「ボーネルンドプレイヴィル大阪城公園」の料金や遊具の種類などを紹介しました。

ここは小学6年生まで遊べるということで早速行ってきました。大きなエリアなので年齢ごとに使い分けができます。

今回平日に行ったのですが学校の振替休日と重なってかなり混雑していました。土日はかなり混んでいるとスタッフの方が話されていましたよ。

この付近に住んでいると室内遊び場がないので(土日限定の小さな室内エリア「オアシスキッズパーク」のみあり)助かります。

少し値段はかかりますが、1日パスで雨の日、暑い日、寒い日にも室内エリアで遊んでみてください。

関連大阪城公園(森ノ宮側)のパン屋「R Baker」に行ってきた

関連大阪から行ける子供向けの大型遊具公園&広場30箇所以上まとめ

関連[大阪]雨でもOK!子供や赤ちゃんと楽しめる室内遊び場10以上

ボーネルンドプレイヴィルは、天王寺「てんしば」内にもあります。

スポンサーリンク

-大阪のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-, , , , ,

関連記事と広告

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.