PR 子供の食事・離乳食 育児

座ってご飯を食べない子供にはキッズワンプレート皿がおすすめ

キャスキッドソンのキッズワンプレートトレイ

3歳になっても椅子に座って食事をしてくれる時間が短く、最後まで残さず食べた事がありません。

これまで席を離脱した後は、別の部屋に移動し親が食べさせていました。

テーブルのイスを変更したり、色々と工夫をしてきましたが、なかなか上手く行きません。

しかし先日、お店に行った時に勢いで買った「子供用のワンプレート皿」(キッズフードトレイ)にしたら、それ以降座って食べてくれるようになりましたよ。

全て食べてくれる時もあり、また残したとしても80%ぐらいは食べ終えるぐらいまでなっているので、これは効果ありだなと、今回ブログに書いてみることにしました。

座って食事してくれるようになった「キッズワンプレート皿(トレイ)」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

3歳児が座ってご飯を食べるようになったキッズワンプレート皿

キャスキッドソンのキッズワンプレートトレイ

写真はキャスキッドソンで買った子供用のワンプレート皿「キッズフードトレイ・ピンク」。

これまではお椀、ボウル、お皿を別々で食べていました。

メラミントレイ(メラミン素材)なので落としても割れにくくなっています。また、ワンプレートなので、食器の数が少なくなり食器洗いも楽になりました

カラーは5色あり、女の子はピンク、男の子用に水色や黄色もありました。中に書かれている絵がそれぞれ異なります。

※残念ながらキャスキッドソンは撤退したので、現在販売はありませんが、色々なメーカーでワンプレート皿が買えます。

 

スポンサーリンク

なぜワンプレート皿(トレイ)にすると、子供は食べるようになったのか?

キャスキッドソンのワンプレートトレイで食事をする子供

なぜ子供はワンプレートトレイにすることで食べるようになったのでしょうか?

以下の3つがその理由になります

  • 幼稚園ではワンプレートタイプの食器皿で食べているから
  • それぞれに角があるので、食べ物をすくいやすい
  • 本人が気に入っているから

ワンプレートの食器は角にくぼみがあり食べ物をすくいやすい

一つはそれぞれの窪みに角があるため、その角で食べ物をスプーンなどでキャッチしやすいのが挙げられます。

 

幼稚園ではワンプレートタイプの食器で食べているから

また、娘は「幼稚園では給食を全て食べている」という情報を聞いていたので「もしかしたら同じワンプレートタイプの食器を買うことで食べてくれるかも」という親の希望があり購入しました。

これにしてから晩御飯だけでなく、朝食や昼食時でも使っています。おかげで以前よりは食べてくれるようになりましたよ。

ヨーグルトやフルーツ、パンなども入れています。この前焼きそばの時は、ワンプレート皿の3箇所に同じ焼きそばを入れました(笑)。

 

子供自ら気に入っているから

どうやら本人も気に入っているのもあるかもしれませんね。

これ以降ずっとこのプレートです。おかげで食器洗いが楽になりました。

 

最後に

2歳の時より歯も丈夫になり、何でも食べられるようになっているにも関わらず、これまでは食事の途中でよく離脱していました。

色々と試してきましたが、まさかキッズワンプレート皿にするだけで解決するとは

解決する時は意外とあっさりしているんですね(苦笑)。

同様の悩みを持っておられる方は、一度お試しください。

ワンプレート皿は色々なメーカーで販売しています。子供が喜ぶプレートを探し出してみてください。

 

関連お食事エプロンは、北欧スウェーデンの”ベビービョルン・ソフトスタイ”がオススメ!

関連【映像あり】エジソンのお箸で、2歳児が豆をつかめるようになった!

関連多機能便利、エジソンのスプーン&フォークは乳幼児の必需品

関連3・4歳児がご飯を食べない。子供の食事をやる気にさせる言葉がけ

  • この記事を書いた人

おにぎり

・運営者名:おにぎり
・一児(娘)の父

公立大学や私立中高一貫校で12年間勤務。塾講師の経験もあり。図書館司書資格も取得。現在はWebサイトの作成・運営を中心に活動中

「子供英語教材(DWEディズニー英語システム)」「幼児教材や小学生の通信教育教材」「育児」や「子供とお出かけ」のブログを始めて11年目。経験をもとにブログを書いています。

SNSフォローはお気軽にどうぞ

-子供の食事・離乳食, 育児
-