カメラ

軽いコンパクト三脚ならFotoPro「DIGI-204 GM」がおすすめ

投稿日:

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

最近、子供の入園式やDWE(ディズニー英語システム)の週末イベントなどで、動画を撮影する機会が増えてきました。本格的なものではなくて、コンパクトな三脚が欲しい。その上、安いことが条件で探してきました。

色々調べた結果、king FotoPro社「DIGI-204 GM」というのがAmazonで売られており、口コミも100件を超えてなかなか高評価だったので購入しました。

そのコンパクト三脚「FotoPro DIGI-204-GM」を実際使ってみた結果、とても良かったので、その操作性の特徴を含めてご紹介します。

スポンサーリンク

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」を開封

FotoPro社の携帯用三脚「DIGI-204 GM」

Amazonでking Fotopro 小型三脚「DIGI-204 GM」を購入。色はブラック・ホワイト・ガンメタリックの3色あります.

白色の三脚は珍しいですね。白好きなのですが、カメラがブラックなので今回は何色でもいいかなと。ガンメタリックが1,563円と一番安かったので、それにしました。以前はもっと安かったかもしれません。

我が家はAmazonファミリーに加入しているので定期便です。Amazon定期便なので次の日に到着しました。

一目で小さいなという印象。僕は過去にビデオカメラを使用したりする仕事をしていたので、この三脚の小ささに驚きました。

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

  • 折り畳み:3か所あるので4段
  • 最短の長さ:39cm
  • 最長の長さ:120cm
  • 折り畳み:38cm
  • 重さ:570g
  • カメラ最大の重さ:1.5kgまでOK

普段は38cmの長さにたたんで、使用時に120cmまでの長さにできます。カメラも1.5kgまでOKです。

では、携帯用三脚「DIGI-204 GM」を開封していきます。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

箱を開けると、すでに三脚用ケースに収納されてはいっていました。ケースは別売りもある中、激安なのにケースも入っているので嬉しいですね。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

三脚ケースから出してみると、折りたたんだ状態で入っていました。下は3箇所長さ調節がでるようになっています。たたんだ長さは38cm

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

一番短い状態で立ててみました。これが39cmになります。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

クイックシュー(三脚のカメラ台にカメラを取り付けるためのもの。雲台)をミラーレス一眼「ルミックスGM」に装着(上のグレイの長方形)。

ネジを手で巻きます。コンパクトタイプだけにクイックシューも小さいです。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

これが最長にした三脚の長さ。高さは120cmで、体の胸周辺までの高さになります。

 

スポンサーリンク

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」をリュック(カバン)に入れてみる

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」

携帯用三脚なので、持ち運びに難ありだったら今後使えません。まずはリュックサック(カバン)に入れられるかチェックしてみました。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」リュックに入れてみる

問題なく三脚ケースごと入りました。ヤッタ!実際背負ってみても重さは感じません。

これで、激安、携帯性がある、そして軽いという3つがクリアしました。次に実際に使ってみての感想です。

 

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」を使ってみた感想

king FotoProの携帯用三脚「DIGI-204 GM」を使ってみた感想

先日子供の週末イベントに動画を録画するのに使用しました。ミラーレスよりも重いデジタルビデオカメラですが、全く問題ありません。

強いてあげると、最長120cmしかないので、胸前後の高さまでしかないこと。でもそれは、基本固定で動画を撮影する分には全く問題ありませんでした。良かった!

実際使ってみ感じたことを書いてみます。

  • やや低いが、前に人が立っていなければ綺麗に撮影が可能
  • 基本固定で撮影するなら全く問題なし
  • 左右にパン(カメラを左右に移動)すると、カクカクしがち。滑らかに動いてくれない
  • ビデオカメラやカメラの「ズーム&ワイド」だけで撮影するには全く問題なし

使ってみて感じたのは、パンハンドルで左右に動かすと滑らかに動いてくれません(動くときもありますが…)。失敗できない撮影だと厳しいので、今後は出来るだけ動かさないことにしました。

その代わりに、ビデオカメラ側のワイドとズームで調整。子供が出ている時はズーム、それ以外の時はワイドにするようにしると問題なく撮影できたので、これからはこの方法で使っていきます。

これで、激安、携帯性がある、そして軽い以外に、操作性もクリアしました。

 

最後に

コンパクト三脚「FotoPro DIGI-204-GM」を購入、開封から実際使ってみた感想をご紹介しました。

左右のパンだけは撮影時使いにくいのですが、それ以外気に入っています。安くて軽くて、携帯性があり、そして操作性も想定の範囲内だったので大満足

もちろん、金額を出せば、より携帯性のある三脚が買えるのですが、安くてとなるとなかなか満足できないことが多い。その中で「FotoPro DIGI-204-GM」は個人の感想ですが、満足できる結果となりました。

たまに持って行って動画を撮影するだけなので、多くは望みません。これぐらいで良いのかなと。ビデオカメラでも使えたので、ミラーレスやコンデジ(デジカメ)だと問題なく使えますよ。

色も3色あるので、白いカメラをお持ちの方にも嬉しいです。個人的に気に入っています。長期に活躍してくれそうです。

【関連】軽い、小さい!パナソニックミラーレス一眼レフカメラ「LUMIX DMC-GM1K」

【関連】デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼の違いを比較してみた

【関連】ルミックスフォトスクール一眼入門講座に参加してきました

【関連】ペットや子供を素早く撮影!LUMIX GMのタッチAF・タッチシャッター

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-カメラ
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.