育児 育児の悩みと解決法

2歳以上の子供の昼寝は何時に何時間が最適か?

更新日:

子供の昼寝法則

2歳以上の子供(幼児)になると体力がついてくるので、昼寝の時間がどんどん遅くなりがちです。午前中に体力を使った遊び、運動をしなければ、ますます昼寝をしなくなってしまいます。

そうなると夕方の4時や5時から昼寝(夕寝?)をしそうになり、ここから2時間も寝させると大失敗。その後、子供は元気、元気で深夜まで寝なくなり、親としても大失敗で後悔が残ることでしょう。

幼児に昼寝をさせる理想の時間は何時で何時間が理想なのかを考えてみました。過去の様々な経験から昼寝パターンが決定したのでここに紹介します。

(この記事は第1弾です。記事の最後にある「第2弾:続き」もあわせて読んでいただくと、よりわかるようになっています。)

スポンサーリンク

昼寝の理想形は…

子供の昼寝法則

昼寝をする一番良い形は、午前中公園で思いっきり遊ぶことで、昼の12時台から1時台に昼寝。そして2時台から3時台に起きる、この形が理想の昼寝でしょう。

睡眠は1時間半ぐらいでしょうか。2時間以上寝ると体力がフルチャージしているので、昼寝後も遊ばないとなかなか寝ないということもあり得ます。

特に男の子は2時間寝ると夜も寝ないかも。これは個人差です。

しかし毎日そういうわけにはいきません。この形が崩れた場合、(ほとんどがそうですが)どうすれば良いのかを考えてみました。

 

スポンサーリンク

昼寝の理想形が崩れた場合…

子供が昼寝をしている様子

午前中、家の中で運動をほとんどしなかった場合、昼寝は3時~4時台になってしまいます。もしこうなった時、絶対にしてはいけないのが、起きるまで寝かせることです。

過去にこれで何度も、子供が深夜まで寝ないという失敗をしました。もうこれだけはしたくありません。

2時半から3時台に昼寝をした場合、最長で1時間程度で起こすのがオススメ。親としてはもっと休憩したいと思いますが、ここはグッとこらえましょう。

もちろん子供を無理やり起こすので、不機嫌あるいは泣いてしまいますが、それは仕方がありません。ここで起こすことで、夜の8時から9時台にスッと寝てくれます。

この形に持って行かないと上のようになります。

 

スポンサーリンク

まとめ&続き

我が家の経験から昼寝のパターンを書いてみました。もちろん、昼寝をさせないという方法もありますが、親の体力をリセットする必要があるので(もちろん子供にも良いので)、昼寝をした方がいいでしょうね。

もし外出などをして例外的なパターンになった時には寝ないこともあります。その時は、驚くほど早い時間に寝てくれるので、そこまで頑張りましょう。

娘は1時台に寝ると1時間半から2時間眠ります。3時台に起きれば9時ぐらいには寝てくれるのでこのパターンが理想です。またずれ込んで3時台に寝た時は1時間で起こすように決めました。

そうすることで夜も早めに寝てくれますよ。そのためには朝7時までに起きるという所からスタートしましょう。

以上の事は、個人差が大いにあります。参考程度にして、子供それぞれの理想の昼寝時間を決めてくださいね。

第2弾:続き

子供は昼寝の後6時間起きているそうです。確かにこの法則はウチの子にはピタリとはまりました。下の記事に詳しく紹介しています▼

【第2弾・続き】時間調整の重要性。子供が夜寝てくれない事と昼寝との法則

 

【関連】子供が夕方以降まで昼寝した場合、夜早く寝てもらう3つの方法

3~4歳児が夕方に眠くなった時の方法も書いています▼
【関連】3~4歳(幼児)が夕方眠くなる時に、眠気を解消させる方法

スポンサーリンク

-育児, 育児の悩みと解決法
-, ,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.