暮らし

テンピュールのお店で比較した結果、フトンデラックスを購入

更新日:

テンピュール「フトンデラックス」畳に設置中

子供が幼稚園まではテンピュールのベッド2つ(クイーンとシングル)で寝ていましたが、背がどんどん高くなっていくので、小学校の入学にあわせてもう一つテンピュールを買い足すことにしました。

しかし我が家はテンピュールベッドを既に2箇所置いているのもあり、これ以上ベッドを置くことは難しい。そういうこともあり、テンピュールの布団(フトン)タイプを購入することにしました。

最近はフトンシリーズの種類が増えていてどれが良いのかがわからないので、実際に店頭で寝心地を確認してきました。その中で選んだのが「フトンデラックス」です。

テンピュールのお店で寝心地を比較したフトンシリーズの様子と、購入した「フトンデラックス」の開封から使ってみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

テンピュール店頭でフトンシリーズを比較

テンピュールのフトンシリーズ(4種類)

テンピュールには4種類の「フトンシリーズ」があります。テンピュールマットレスの場合は10年保証ですが、フトンシリーズは5年保証になっています。

  • フトンオールシーズンズ:2層カバー付き、季節ごとに変更できる
  • フトンデラックス:日本の環境にあわせたタイプ、厚みあり、たたみやすい。折りたためる
  • フトンシンプル:シンプルマット、3つ折りタイプ
  • フトンベーシック:折りたためないタイプ

1番上の「フトンオールシーズンズ」が8万円台で、季節ごとに2層カバーを付け替えをして快適に寝ることができるもの。

2番目の「フトンデラックス」は6万円台で、日本の環境や空間にあわせたタイプ。

3番目の「フトンシンプル」は普通のサイズ(4万円台)と横幅がある(5万円台)2種類。折りたたみできるタイプ

4番目の「フトンベーシック」は全く下りたためないタイプで、限定商品2万円台最安値となっています。

 

店頭で比較した感想

テンピュールのお店に行くと全種類ありましたが、ウチの場合は折りたためるタイプが必要だったので、この時点で最も価格が安い「フトンベーシック」は却下となりました。

残りのオールシーズンズ、デラックス、シンプルで寝心地を比較しました。

僕と妻は10年以上利用しているテンピュールヘビーユーザーなので、テンピュールの良さを既にわかっています。

それを踏まえて判断すると、どれもテンピュールマットレスには及ばないのですが、限りなく近い寝心地だったのは「フトンデラックス」でした。「フトンオールシーズンズ」は多機能ですが、厚みが足らなかったように思います。

それぞれどこが違うかというと、マットレスの厚み反発力ですね。寝返りをうったりするときの反発力のところが全種類異なります。

すぐに反発するのではなく、ゆったりと反発するフトンデラックスが一番良いと判断し購入を決めました。妻も僕もすぐに「フトンデラックス」が良いと言ったので間違いないでしょう。

もしテンピュールを使ったことが無い方は、この違いについてはわかりにくいと思うので「フトンシンプル」でも満足できるかと思いますが、既に利用している方は「フトンデラックス」か「フトンオールシーズンズ」に行きつくのかなと思います。

 

スポンサーリンク

「フトンデラックス」の開封、設置、折りたたみ

郵送されてきたテンピュール「フトンデラックス」

テンピュール「フトンデラックス」が到着しました。早速開封していきます。

 

テンピュール「フトンデラックス」段ボールを開ける

段ボールを開けると、ピッタリサイズで入っています。既にケースに入っていました。

 

テンピュール「フトンデラックス」ケースに入った様子

キルティングされたケースは高級感があります。ジャストサイズで入っています。

毎日このケースに入れるということはありませんが、このサイズまで収まるということですね。

 

テンピュール「フトンデラックス」ケース側面のチャックを開ける

側面のチャックを開けると、フトンデラックスが3つ折りに入っていました。

 

テンピュール「フトンデラックス」3つ折り

ケースから取り出しました。3つ折りだとこのようなサイズになります。結構コンパクト、でも少し重い。

 

テンピュール「フトンデラックス」畳に設置中

畳の上に設置していきます。

 

テンピュール「フトンデラックス」畳の上に設置した様子

畳の上に設置してみました。フトンデラックスは大きく7箇所切込みがあります。切込みは以下の通り

  • 切込大2+切込小+切込み大4

この切込大4の方をまず半分に折り、そして反対側の切込大2を折りたたむようになっています。

切込小は3つ折りをするとテンピュールの厚みがあるのでそれをカバーするようになっています。

 

テンピュール「フトンデラックス」に寝た様子

大人女性が寝たら、このような感じになります。横幅が若干狭い感じもしますが、テンピュールは寝返りをする回数が少ないのでそれほど気になりません。

 

テンピュール「フトンデラックス」のマットレスを手で押した様子

手でマットレスを押してみると、他のフトンシリーズより固めで、ゆったりと反発するようになっています。

 

テンピュール「フトンデラックス」にカバーを取り付けた

普通に売られているベッドカバーを取り付けてみました。どうしてもマットレスの高さがないので左右に余りが出来てしまいますね。

これが気になる方はテンピュール専用のマットレスカバーを買いましょう。我が家は暫くは家にあるこのカバーを使っています。

 

テンピュール「フトンデラックス」カバーをした状態で3つ折りにした様子

カバーをした状態で3つ折りにするとこのような感じになります。起きた後はこの状態で別のベッドの上に置いています。

 

スポンサーリンク

6ヶ月使ってみた感想

テンピュール「フトンデラックス」ケースに入った様子

半年以上使ってみた感想は、テンピュールマットレスと比べるとやはり厚みの差で多少の違いはあるものの、やはりテンピュールだなと感じさせる寝心地の良さです。

ベッドの場合だとそのスペースを畳めないので当然その場所は使えませんが、この「フトンデラックス」だと3つ折りにでして別の場所に移動できるので、そのスペースを使えるのがいいですね。

多少の重みはあるものの収納力があるので、もし当時からフトンシリーズがあればこれを3つ買っていたかもしれません。

その都度テンピュールを買い足す形になっているので、全種類バラバラになってしまいましたが、どれも寝心地は良いので満足しています。

子供部屋のスペースは絶対必要なのでこれ以上ベッドを設置できません。布団のように収納出来て、テンピュールのような機能がほしいという方は「フトンデラックス」はオススメです。

4種類あるので実際にお店に行き、店頭で寝てみて寝心地を確認してから気に入ったタイプを購入するようにしましょう。結構価格が高いので、慎重に選んでみてくださいね。

関連テンピュールベッド&マットレスで睡眠の質を上げよう

スポンサーリンク

関連記事と広告

Twitter でおにぎりフェイスを

-暮らし
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.