大阪のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

むろいけ園地の遊具「森の宝島」とハイキング

更新日:

むろいけ園地の遊具ジャンボ滑り台

子供とむろいけ園地に行ってきました。目的は遊具「森の宝島」ハイキングです。

「むろいけ園地・緑の文化園」は遠くて行けないと思っていたのですが、JR四条畷駅からバスが出ていることを知り、早速行ってきました。

バスの本数が少ないので注意しましょう。行き方については下の記事を読んでみてください。

関連むろいけ園地緑の文化園の行き方(アクセス)と駐車場

子供が小学1年生になり体力が以前よりついてきたので、遊具広場「森の宝島」で遊ぶ以外にハイキングもしてきましたよ。写真付きで紹介します。

スポンサーリンク

遊具広場「森の宝島」

緑の文化園・清滝グラウンド(開明中学校・高等学校)看板

むろいけ園地内に遊具「わいわい広場」があります。バスの場合は開明中学校・高等学校の清滝グラウンドの看板があります。

その横にある細い道を北側に進むと着きます。車の場合は「森の宝島駐車場」の目の前にあります。

 

むろいけ園地のつり橋

駐車場横につり橋がありました。このつり橋を通らなくても行けますが、娘は行きたいというのでこちらから入ることに。

 

むろいけ園地の遊具ジャンボ滑り台

あっという間に「わいわい広場」に到着。このあたり一帯を「森の宝島」とも言うそうです。

時計台があり、その奥にジャンボ滑り台があります。

 

むろいけ園地、ジャンボ滑り台

最初だけ勇気がいりますが、一度滑ると次からはすぐに慣れて滑られるようになります。

 

むろいけ園地、ジャンボ滑り台を上から見た様子

上からみるとこのような角度。もし子供が怖がっていたら最初だけ親子で手を繋いで滑るようにしましょう。

 

むろいけ園地、ジャンボ滑り台ミニ

ジャンボ滑り台が怖い時はすぐ横にあるミニ滑り台もあります。両方とも下は砂場になっています。

 

むろいけ園地、複合遊具

ジャンボ滑り台の階段を上ると複合遊具などがあります。幼児向けの滑り台ですが、簡単なボルダリングなども楽しめます。

 

むろいけ園地、複合遊具の平均台

反対側からみると平均台のような道もあります。

 

むろいけ園地、幼児向け遊具

幼児向け遊具はもう一つあります。かなり古いタイプで左右にままごとごっこができるようにもなっています。

 

むろいけ園地の汽車の遊具

木の汽車の遊具もあります。この汽車は動きませんが中に乗客として乗ることができますよ。

 

むろいけ園地、汽車の遊具に座る娘

このように汽車の遊具には座席がついています。子供たちに大人気。

 

むろいけ園地、ターザンロープ

さらに奥に行くとターザンロープもありました。午前中は比較的空いていたので一人で何度も遊んでいましたよ。

午後になると一気に増えて並ぶほどになるので、通った時にもし空いていたら積極的に遊ぶようにしましょう。

写真を撮り忘れましたが、このターザンロープがある道の奥に行くと木でできた「わんぱく坂」という一直線に上っていく遊具もあります。

以上が遊具になります。「わんぱく坂」も入れると半日以上は遊べると思います。

日陰でお弁当を食べたあとは、午後からハイキングコースを歩いてみることにしました。

 

スポンサーリンク

ハイキング

むろいけ園地、水辺自然公園の入り口にある案内所

「むろいけ園地・緑の文化園」案内所からハイキングをスタート。

 

むろいけ園地、水辺自然公園をハイキング。細い道を歩く

左側は木の柵がありますが、途中、細い道もあるので特に子供は注意して見てあげましょう。

 

むろいけ園地、水辺自然公園をハイキング、湿生花園

この辺りは湿地帯で池や沼の上に草が生えています。木でできた道があるのでそこを通ってハイキングができます。

 

むろいけ園地、水辺自然公園をハイキング、湿生花園を歩く娘

湿生花園には木の道がクネクネと続くので子供には楽しいようです。先へ先へと進んでいきます。

 

むろいけ園地、水辺自然公園をハイキング、湿生花園に咲く花

たまに花も咲いているので少し立ち止まりながら、少しずつ歩いて行きました。

 

むろいけ園地、水辺自然公園をハイキング、木の道がL字型につながっている

L字型になった木の道を歩いて行きます。

この後は少し上り坂があったり、道が淡々としているので、子供には退屈そうでした。

途中で引き返そうかなとも思いましたが、もう少し歩いてみようということになり、結局は最後まで歩ききりました。

 

むろいけをハイキング。沼地や湿地帯の様子

池や沼を横手に見ながら歩き、古池林間広場や展望台付近に到着。日陰を探しお弁当を食べました。

休憩して子供が回復したら同じ道を引き返して戻りました。

途中細い上り坂があるので子供と手をつなぎながら進みましょう。幼児の場合は途中で疲れるので、湿地植物がある「中ヶ池水辺広場」あたりで折り返すのがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

最後に

むろいけ園地、出口の「また来てね」の文字

子供とむろいけ園地の遊具「森の宝島」とハイキングをしてきた様子を紹介しました。僕にとっては中学生以来なので懐かしかったです。

これまで「むろいけ(室池)」には車でしか行けないと思っていたので、電車+バスで行くことができることを知り嬉くなりました。

子供が小さい時はには遊具中心に、小学生以上になればハイキングもできます。ハイキングコースも色々あるので、何度でも楽しめる場所ですよ。

大阪の遊具公園をまとめています▼

関連大阪から行ける子供向けの大型遊具公園&広場30箇所以上まとめ

関連[大阪]雨でもOK!子供や赤ちゃんと楽しめる室内遊び場10以上

スポンサーリンク

関連記事と広告

Twitter でおにぎりフェイスを

-大阪のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-, ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.