幼稚園 育児

小学生ママに聞いた!ランドセルの選び方、6つのポイント

更新日:

ランドセルを持った小学1年生の女の子

年長になると小学校の入学準備があります。前回知人にその一つである「勉強机の選び方」について話を聞き、それをまとめました。

【関連】小学校の入学準備に、勉強机(学習机)の選び方、体験談

今回はそれに続く第2弾「ランドセルの選び方」です。

実際に長期間使ってみないとわからない、貴重な体験談(口コミ)を聞くことができました。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ランドセルは軽いのが一番

ランドセルを持った小学1年生の女の子

ランドセルは軽いのが一番です。昔のランドセルと違って、今の教科書は大判になっています。教科書そのものは薄くはなっていますが、紙質がいいので重いのです。

しかも、最近は少しずつページ数が増えてきています。ドリルやワークブックなどもあるので、結構な荷物になります。

なので、ランドセルの本体は軽いに越したことはありません。

 

スポンサーリンク

素材は合皮がおすすめ

ランドセルを持った小学1年生の女の子

ランドセルの素材は合皮がオススメです(合皮とは、本革に似せて作られた人工素材のこと)。

その理由は雨に強いから。何度も雨にあうと革のランドセルだと、一気に状態が悪化します。子供が利用するので想像が付きますね。

本革は風合いが良いのですが、合皮に比べるととても重いというのもあります。これは上で紹介した「軽いのが一番」にも通じるものがありますね。

ということから、本革はあまりおすす勧めできません。

 

ランドセルの6年保証を確認しよう

ランドセルは丈夫さを気にする人が多いと思います。しかし、ほとんどのランドセルには6年保証がついているので、それほど気にする必要はありません。

ランドセル購入の際には、まず6年保証が付いているかを確認するようにしましょう。

6年保証の注意点

ただし、ランドセルの6年保証には注意点があります。それは、ランドセルを「購入した日」から6年なのです。これは重要!

例えば、入学前の夏に購入した場合は、小学校6年生の夏に保証が切れることを覚えておきましょう。

子供が通っている小学校では、ランドセルが壊れた場合は、カバンを持って行って良いことになっていますが、小学校によっては「必ずランドセルで!」という所もあるので、注意が必要です。

たった数ヶ月で卒業となるのに、ランドセルを買いなおすという事態が起こりうるので、補償期間中に対処するようにしましょう。

 

早めにランドセルのお下がりを貰っておくという方法も

放課後にランドセル持ちをする小学生

女の子の場合はランドセルを壊すことがありませんが、ヤンチャな男の子はあり得ない無茶な扱い方をします。

例えば、2階や3階の教室から放り投げたりということも。確かに僕もそんなことがあったような……。

このような事があると、どんどんランドセルがボロボロになっていきます。自分の子供を信用できない方は、4年生や5年生あたりで、近所の方にお下がりをお願いしとくのも手です。

 

デザインについて

デザインは本人に選ばせてあげるようにしましょう。もちろん価格と相談して、親がある程度絞り込んでからですね。

「自分で選んだ」感があると、6年間大事にしますからね。

型落ちという手もあり

色やメーカーにこだわりがないのであれば、型落ちが安う買えますよ。毎年2月末ぐらいからネットをチェックしてみて下さい。

赤色や黒色のベーシックなランドセルなら、わりと残っています。

 

購入時期

気に入ったデザインやブランドがあるのであれば、できるだけ早めに購入しましょう(9月~10月)。

こだわりが無いのであれば、ギリギリの(3月)の購入がおすすめです。その学校のローカルルールがあるので、ギリギリになりがちです。

入学式直前までランドセルが準備されないと、子供の方が不安になってきます。後、あまりにも早すぎると新入学のウキウキ感が薄まりますね。

ほどんどが11月~2月に購入するのではと思います。

 

結論

当時私もランドセルには悩んで、同じように周りのお母さん方に色々質問したりしたのですが、買う前はあれほど迷っていたのに、買ってしまえば結局どれも一緒でした。

これは、みんなが言っていたことです(笑)。

【関連】キュートなフェフェ2018年ランドセルを見に行ってきたよ

【関連】小学校の入学準備に、勉強机(学習机)の選び方、体験談

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-幼稚園, 育児
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.