おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

鉄道

くずはモールSANZEN-HIROBAで京阪特急に乗ってきたよ

更新日:

くずはモール3000広場

以前「くずはモールのリニューアルで「京阪電鉄・ミニ鉄道博物館」がオープン!」という記事と、その後に書いた「くずはモールリニューアル・鉄道博物館の詳細が明らかに。名前は”SANZEN-HIROBA(3000広場)”」で、くずはモールにSANZEN-HITOBA(さんぜんひろば)というミニ鉄道記念館がオープンするという記事を書きました。

そのSANZEN-HIROBAにやっと行くことが出来ましたよ。SANZEN-HIROBAの魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 運転シミュレーター

くずはモール3000広場

くずはモール南館・ヒカリノモール1階入り口を入ると、すぐ前に「SANZEN-HIROBA」の京阪電鉄の旧特急3000系が目に留まります。

左側に引退した京阪特急3000系が見えます。中央が大型ビジョン。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

現在活躍中の8000系特急用車両の先頭部を設置した実写運転台で、運転体験が出来ます。

折角なんで運転シミュレーター(1回約5分300円)をしようとしたら、抽選でした。しかも次回の抽選時間がかなり後だったので残念ながらあきらめることに。近所の方はぜひ参加してみて下さい。

2600系の運転シミュレーター(1回約5分300円)は、5月上旬から設置予定です。では、今から3000系に乗ってみましょう。途中、京阪沿線ジオラマもありますよ。

 

運転シミュレーターの抽選時間・時間帯

抽選時間 利用時間帯
1 10:00 10:00~12:00
2 11:50 12:00~14:00
3 13:50 14:00~16:00
4 15:50 16:00~18:00
5 17:50 18:00~20:40

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

3000系に乗るには階段をあがる必要があります。ベビーカーはベビーカー置場に置くことができます。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

3000系特急に乗るにはこのレイルゾーン入口から入ります。もちろん無料です。本物の改札みたいでしょう。奥に京阪沿線ジオラマが見えます。

 

スポンサーリンク

2. 京阪沿線ジオラマ

くずはモールSANZEN-HIROBA

大阪から京都、滋賀までの京阪沿線をジオラマ化しています。ジオラマの中を京阪電車HOゲージ鉄道模型が運転できます(1回3分200円)。

ジオラマ内に「ひらかたパーク」と「京都の祭行列」があります。このからくり操作は無料です。

写真は京都周辺のジオラマ。大文字や寺社、京都タワーが見えます。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

枚方市周辺のジオラマ。手前に「ひらかたパーク(ひらパー)」、奥に「くずはモール」が見えます。左奥に万博の太陽の塔が見えますね。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

京橋周辺のジオラマ。大阪城と京阪モール、京阪ホテルがあります。京阪電車を操作するとこの線路に走ってきます。

 

3. 3505号車デジタル動態保存

くずはモール3000広場

1972年デビューし、2013年に引退した特急用車両「旧3000系」の先頭車3505号車が展示されています。

2014年5月上旬から、運転体験・車掌体験が開始される予定です(有料:料金未定)。社内見学は無料です。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

では京阪3000系特急に行きましょう。3000系に行くには階段をのぼる必要があります。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

乗車してみました。座席で一休みできます。前にテレビがあります。手前にある補助座席を子供は出したりしまったりしていました;;。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

外から見るとこんな感じです。テレビカー、特急、3505と表示されています。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

真横から。自由に出入りできます。おっちゃんが寝てる!

 

4. 京阪電電車全線全駅いま・むかし

くずはモールSANZEN-HIROBA
3000系特急の前に京阪線と大津線全線の全89駅の今と昔の写真が展示されています。個人的にこの写真が見たかったんです。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

一枚だけ紹介。寝屋川市の今と昔。昔がスゴイ!あまりのギャップに驚きです。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

3000広場は広い。イスがたくさんあるので休憩ができます。

 

くずはモールSANZEN-HIROBA

京阪トレインウォール。ヘッドマークが展示されています。他にもレールなどもありました。

 

最後に

上で紹介した以外にも、京阪電車の進化やデジタルラブラリーなどもありました。過去の記憶がよみがえってきたりして、本当に懐かしかったですね。

くずはモール内のSANZEN-HIROBAをご紹介しました。運転シミュレーターが出来なかったのは残念ですが、京阪電車で育った方(おけいはん)は楽しめるエリアですよ。子供も3000系に乗車して楽しんでいました。親子で楽しめるエリアです。

映画や買い物のついでに、SANZEN-HIROBA(さんぜんひろば)に寄ってみてはいかがでしょうか。

【関連】子供と家族でくずはモールに。混雑状況も確認してきました

【関連】京阪特急に指定席「プレミアムカー」2017年導入へ

 

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-鉄道
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.