大阪

諏訪ノ森-遊は古民家を再生したオシャレな空間。お屋敷再生複合ショップ

更新日:

諏訪ノ森-遊

我が家が家族そろって大好きな複合ショップが堺市の浜寺公園近くにあります。場所は諏訪ノ森。明治末期は浜寺公園から近いこともあり避暑地だったそうです。

その時代に建てられた御屋敷を、古民家再生複合ショップとして運営されているのが「諏訪ノ森-遊(yu)」です。

妻が堺市出身だったこともあり、結婚前から路面電車・阪堺電鉄に乗ってのんびり遊びに行ったりしています。

今回は、今まで記事にしたショップをまとめながら、諏訪ノ森-遊の魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

阪堺電車で「諏訪ノ森-遊」に行ってきました

 

諏訪ノ森-遊

阪堺電鉄・船尾駅徒歩3分、南海本線・諏訪ノ森駅徒歩5分の所に「諏訪ノ森-遊」はあります。

阪堺電車でゆったり出かけてきました。「一日乗車券」については下の記事をあわせて読んでみて下さい▼

【関連】阪堺電車は2種類の1日乗車券があるよ、料金や購入場所など

 

  • お屋敷再生複合ショップ「遊(yu)」
  • 住所:堺市に敷く浜寺諏訪ノ森街東3丁319-2
  • 定休日:月曜、第3火曜
  • 営業時間11:00~19:00(カフェらるご10:00~18:00)

 

 

「諏訪ノ森-遊」とは

  • 大阪四ツ橋の材木問屋F氏が浜寺公園の海水浴客接待などの別荘として建てられた
  • 所有者が変わり、転々とする。済み手が無くなっていた
  • 町並み保存と地域活性化の動きがあり、複合商業施設「諏訪ノ森-遊」が誕生する
    (2005年「遊のこと」より)

以上の歴史を踏まえると、「諏訪ノ森-遊」の興味が倍増しますね。では次に「諏訪ノ森-遊」内のショップを紹介します。

諏訪ノ森-遊

 

雑貨店コシュカ

雑貨コシュカ

コシュカさん自身が探された一点物セレクト雑貨や、手作りのハンドメイド雑貨アクセサリーなどを販売されている雑貨店です。

我が家が購入した1点ものの雑貨なども紹介しています。

【関連】雑貨店コシュカは手作り雑貨やラブリーな小物で一杯。諏訪ノ森-遊

 

喫茶ハピル

喫茶ハピル

沖縄テイスト溢れる喫茶ハピル。机は3つだけなのですぐに満員になってしまいます。

沖縄喫茶だけに、サーターアンダギーちんすこうもありますよ。また、沖縄食器やちむんも販売しています。

ここにくると時間を忘れてしまうぐらい、ゆったりした気分になります。

【関連】喫茶ハピルはちょっぴり沖縄テイスト。まったり空間。諏訪ノ森-遊

 

額装専門店・栄造

額装専門店・栄造

絵画や写真、賞状だけではなく、スカーフや切手、思い出の服、チロリアンテープなども額縁で飾ってくれる額装専門店です。アートな気分になりますよ。

書道でも絵画でもボタンでも、何か飾りたいものがあれば、額装でセンス良いアレンジをしてもらえます。

【関連】額装専門店・栄造は、美術館的アート空間。諏訪ノ森「遊」

 

ホームメイドカフェ・らるご

カフェらるご

日替わりオーナーのお店「らるご」です。毎日オーナーが変わるので昨日はパスタ、今日はお豆料理、明日は玄米ランチなど。毎日来ても飽きません。すぐ満員になるので、ご予約を。

 

カフェらるご

カフェらるごの営業カレンダーに、日替わりお店の名前とランチメニューが載っています。

 

その他にも、手作り洋服の「アトリエ・ボンボン」や、日用品「雨音」もありますよ。

 

スポンサーリンク

最後に

「諏訪ノ森-遊」をご紹介しました。ちん電(阪堺電車)で1日乗車券を買ったら、ついでに船尾駅まで行ってみて下さい。南海本線なら諏訪ノ森駅。

商店街、住宅街を少し歩いたら、そこに「諏訪ノ森-遊」があります。日常とは違うゆったりとしたオシャレな空間がそこにはあります。

【関連】阪堺電車は2種類の1日乗車券があるよ、料金や購入場所など

【関連】JR、御堂筋線、谷町線「天王寺駅」から阪堺電車への乗換方法

【関連】「堺まち旅ループバス」の運行ルート地図、時刻表、1日乗車券

【関連】浜寺公園、中央入口の遊具「北児童遊戯場」「中央児童遊技場」

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-大阪
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.