子供の病気・怪我 育児

子供の便秘解消について。2人の小児科医の異なる考え方

更新日:

トイレに行く子ども(イラスト)

最近、便秘の子供が増えています。うちの3歳児も2日に1回の排便になっており心配していました。

そこで、①便秘解消のための食材3つ、②小児科の先生や3歳児検診での対照的回答、③便秘解消のためにしていることをまとめてみました。

スポンサーリンク

便秘解消のための食材3つ

「kodomoe2014年10月号」では以下の3大食材が便秘解消の食材として紹介されています。

  1. オリーブオイル:1日スプーン2杯で快便
  2. ヨーグルト:腸内善玉菌を増やし、腸の動きを活発に
  3. オリゴ糖:善玉菌のエサとなって、腸内環境を整える。
    便秘外来「松生クリニック」委員長「kodomoe2014年10月号」より

我が家はオリーブオイルとヨーグルトを毎日取っているので、食生活の面ではほぼ問題なさそうです。

オリゴ糖は色々な種類があり、万遍なく取るのが良いとのこと。料理にも使えます。

赤ちゃんの時に使ったオリゴ糖について書いています。あわせて読んでみてください▼

【関連】赤ちゃんの便秘解消にはオリゴ糖をおすすめする理由

 

スポンサーリンク

こどもクリニックの先生や3歳児検診で便秘の事を質問してみた

こどもクリニックの先生の回答

便秘になると痛い。すると、子供がますますトイレに行きたくなくなる。さらに便秘になるので悪循環。そのため、便を柔らかくする薬を飲んだ方が良い、という回答。

 

3歳児検診の先生の回答

2日に1回便が出ているなら良い。小さいうちから薬に頼るのは良くない、という回答

 

こどもクリニックで薬をもらった直後に3歳児検診だったのでほぼ同時期に話を聞けました。どちらの先生も納得です。ただ、たしかに薬にはあまり頼りたくないかなという思いは強い。

3歳児検診の先生と看護師さんも同意見だったのもあり、我が家は3歳児検診の先生の考えを取ることにし、薬は処分しました。

2日に1回の排便でも便秘ですが、まだ軽い方。もっと出ていない子供もいるそうです。そういう場合なら迷いなく便が柔らかくなる薬になるでしょうね。

 

スポンサーリンク

便秘解消の為にしていること

トイレに行く子ども(イラスト)

  • 水分:牛乳などの水分補給
  • 運動:子供をアップ&ダウン。適度な運動

子供はお茶や水をなかなか飲んでくれないので、牛乳で水分を補給しています。あまり牛乳を取りすぎると良くないと書かれているのを読んだことがありますが、全く水分補給が無いよりはましだろうと、この方法で落ち着いています。

牛乳を飲んだ後に腸が動くからか、その後トイレに行くことが多いです。腸を刺激することが重要なようです。

それでもトイレに行けない場合は、ミルクを飲んでしばらくたってから体を動かしています。特に我が家が実施しているのが子供自らがアップ&ダウンを繰り返すことです。

これをしていると、トイレに行きたいという流れになっています。腸が動くようで効果はありますよ。もちろん他の運動でもOKです。

 

最後に

食生活の改善と水分補給、適度な運動が便秘解消には良いのかなと実感しています。

便を柔らかくする薬を小児科で処方してもらうという方法と、食生活の改善や水分補給、適度な運動を実施し、薬に頼らないという方法があります。

どちらの方法を取るかについては、子供の様子を見て、親が適切な判断をする必要がありそうです。

【関連】子供の便秘解消に!森永「牛乳で飲むココア」で栄養も摂れるよ

スポンサーリンク

-子供の病気・怪我, 育児
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.