暮らし

学資保険をソニー生命に決めた理由は「返戻率+担当の方の人柄」

更新日:

ソニー生命の学資保険、パンフレットや資料

子供が生まれてから学資保険に加入しようという話になりました。色々な会社の学資保険を調べて比較した結果、我が家はソニー生命の学資保険に決めました。

まず始めに決めた理由を言いましょう。ソニー生命にした理由は、ズバリ言うと「返戻率+ソニー生命の担当の方の人柄」で決めました!

ソニー生命の学資保険の特徴と比較して決めた理由をご紹介します。

スポンサーリンク

ソニー生命「学資保険」の特徴

ソニー生命の学資保険、パンフレットや資料

学資保険には色々なタイプの保険があります。我が家が先に決めていたのは生命保険付きではなく、貯蓄タイプの学資保険です。

その理由は子供は既に生協の保険にも加入していたからです。

貯蓄タイプの学資保険で返戻率が高いのを見ると、当時日本生命、ソニー生命、郵便局などが候補に挙がりました

その中で郵便局は返戻率がやや低いものの、全国に窓口があるという強みがありました。そして当時一番返戻率が高かったのが日本生命(ニッセイ)で、その次にソニー生命といったのが会社比較になります。

 

スポンサーリンク

ソニー生命の担当の人柄に惚れる

日本生命(ニッセイ)かソニー生命かに絞った我が家は、実際に各保険会社の方に話を聞いてみようということになりました。それであっさりと決まってしまいます。

ソニー生命の担当の方にお会いすると、まずスーツをビシッと着こなしています。そして靴、鞄、手帳、そしてペンまでもがその担当の方にピッタリくるというか上品でいいものを大事に使われているなといった印象を持ちました。

決してギラギラした感じはありません。ジェントルマンとはこの人のことを言うと。それでいてホスピタリティがありました。

カバンを置くときも、さり気なくハンカチを敷いた上で置かれています。とにかくすごい方でした。

ソニー生命の担当の方は国家資格であるファイナンシャルプランナーを持っており、そしてソニー生命独自の資格であるライフプランナーでもあったのです。

ライフプランナーを持っていれば、加入後も色々な相談をすることができますし、信頼に値する方であるという印象を持ちました。

百聞は一見に如かずというのはこのこと。これでソニー生命でほぼ決定しましたが、最後に税理士の勉強もしている信頼できる友人に相談した所、その人もソニー生命の学資保険に加入していました。

これら全てを総合して「ソニー生命の学資保険」に決めました。

 

スポンサーリンク

ソニー生命の学資保険に決めた理由

人柄について書きましたが、それ以外にもソニー生命の学資保険は良い点があるので下にまとめました。

  • 返戻率
  • 保険の担当の方の人柄
  • 国家資格ファイナンシャルプランナーを持っている
  • ライフプランナーを持っているので、今後も色々とwebなどで相談できる

以上4つの理由から決めました。返戻率が最も重要です。

 

最後に

担当の方の年齢は50歳以上だと思いますが(間違ってたらごめんなさい)、ザ・ジェントルマンです。一度お会いし、お話を聞いただけで決定になりました。

こういうのって信頼関係ですからね。最後は我が家で相談、友人の助言をプラスし、全てを総合し決定しました。

学資保険で迷われている方は、一度保険会社の担当の方にお会いし、お話を聞いてみると良いと思います。そうすることで一気に視界が開かれてきますよ。

現に我が家はそれで決定しました。保険会社の方とは満期まで長いお付き合いになります。そういう意味でもソニー生命に決めて良かったと思っています。

【関連】コープ共済の医療保険「たすけあいコース」に加入した感想

【関連】コープ共済「たすけあい」の個人賠償責任保険に追加加入したよ

医療保険、生命保険、がん保険を見直しました▼

【関連】40代の保険見直し、医療保険に生命&がん保険(掛け捨て)をプラス

スポンサーリンク

-暮らし
-

関連記事と広告

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2018 All Rights Reserved.