小学生教育・家庭教材

小1の勉強についていけずに悩んでいたが、小2で理解できるようになっていた

投稿日:

子供が勉強を理解した表情

子供が小学生になってから勉強&宿題に追われる日々が続いています。

特に宿題が多く、ミニテストなどの直しもあるので、親はその対応に追われています。子供が嫌がることが多いのでそれがタイヘンですね。

子供はいつも学校の授業についていけないタイプですが、それでも成長を感じる場面があります。

それは去年、小学1年生の時にできなかった算数の計算問題が、小2になるとできるようになっているのです。

これを見た時は驚きました!あれだけ何度やってもできなかったことが、今ではサラッとできるようになっていました。

勉強や宿題は今できなくても、このまま続けていけば1年後には理解できることがわかったので、その点を具体的に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

小1から勉強・宿題が理解できない日々

子供が勉強を嫌がっている様子

子供を見ていると小学校で習ったことをすぐに把握できていることは少ないです。

漢字も小1より画数が増えているので、嫌がってばかり。それについては下の記事にまとめています

関連漢字の宿題に時間がかかるので親は大変

小2になってから算数は覚えることが多く、今思うと小1はまだゆっくりだったなと思います。

小1の時は繰り上がりのない計算カードを何度もやっても、全然計算するスピードがはやくなることはなく挫折気味でした。

今は繰り上がり・繰り下がりの計算は当たり前。数字の三桁、四桁を理解したり、時計、ものさしの使い方、cmやmmを理解するのに四苦八苦しています。

このように次から次へと新しいことを覚えて、それを宿題として出されているので、当然ですが全然ついていけていません(苦笑)。

僕が子供の時よりはカリキュラムが多いので、かなりハイペースで進んでいるように感じます。

こうなってくると、子供は一度習っただけでは算数の計算を理解できるわけではなく、新しい問題の理解をできないまま、次の新しいことを勉強しているという流れになっています。

こういう状況を日々見ている親としては、「本当に大丈夫か?この先、理解できていない算数が多くて、それだけで埋もれてしまうのでは?」と心配する日々をずっと送ってきました。

しかし、ある日を境に子供が小1で習ったことを理解できるようになっていたのです。

 

スポンサーリンク

小1で習ったことは小2で理解できるようになっている

勉強が苦手で集中力を欠いている小学生の様子

小1で習ったことを理解せずに、小2の算数もわからないということであれば、わからない問題だらけで埋もれてしまいます。

このようなことが少し前まであり、子供のこの先が心配でしたが、小2の6月下旬あたりから、子供が急に去年まで苦労していた算数の繰り上がりの足し算・繰り下がりの引き算を理解できるようになっていました。

小2では足し算・引き算の筆算が出てきます。その時に1の位から計算してきますが、その時に「9+6」の繰り上がりの計算を今では普通にできるようになっていたのです。

また、繰り下がりの引き算では10の位から1借りてきて、「15-7」という計算が暗算でできるようになっていました。

小2の4月~5月では全くできていなかったので、6月の途中辺りから急に脳が成長したように感じます。

算数はこの繰り上がりと繰り下がりの計算ができないと、小2以降にそれを使った別の問題・応用がでてくるので苦労するのですが、それができるようになっていたのです。

これを横から見た時はびっくりしましたよ。最初は偶然かと思いましたが、連続でそれができるようになっていたので、これは偶然ではなく必然だと感じた瞬間です。

 

スポンサーリンク

今は大変だが継続していくと、今やっていることは1年後に理解できるようになる

子供が勉強を理解した表情

「小1で理解できない勉強は、小2で理解できるようになる」ということがわかったことで、今現在、小2で理解できていないことについては、小3で理解できるようになるだろうという希望が持ていました。

勉強ができない学年 勉強が理解できるようになる学年
小1の勉強が理解できない 小2で小1の勉強が理解できるようになる
小2の勉強が理解できない 小3で小2の勉強が理解できるようになる
小3の勉強が理解できない 小4で小3の勉強が理解できるようになる
小4の勉強が理解できない 小5で小4の勉強が理解できるようになる
小5の勉強が理解できない 小6で小5の勉強が理解できるようになる
小6の勉強が理解できない 中1で小6の勉強が理解できるようになる

※上の表はあくまでも目安です。3ヶ月後、半年後などになってほしいです。

ウチの子供は今勉強していることを理解できないことが多く、「これはずっと続くのだろうか?」という不安になりましたが、このように成長した姿を見ることができて嬉しかったです。

結局のところ、時間が解決してくるということです

幼稚園の時も勉強以外のことになりますが、半年後や1年後には普通にできていることが多かったので、それと同じですね。勉強や宿題についても、それが当てはまるとは驚きでした。

ただ「今勉強・宿題をしているから1年後がある」と言っても過言ではありません。

今やっていないと1年度には理解できないように思います。何度も間違えて、日々わからずに続けていくことで1年後の理解があるように感じます

これはウチの子供限定の話からもしれませんが、今勉強ができずに悩んでいる小1の親(保護者)に向けて、「このようなこともあるので挫折せず、頑張りましょう」というアドバイスを込めて書いてみました。

関連小学生向け家庭学習教材・通信教育5社を比較。気になる料金・添削の有無など

Twitter でおにぎりフェイスを

-小学生教育・家庭教材

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2019 All Rights Reserved.