子供とお出かけ 関西のお出かけ

近鉄の1日乗車券「1dayおでかけきっぷ」の詳細内容と注意点

投稿日:

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」

近鉄電車がお得な乗車券を2つ発売しています。

1つは「近鉄全線3日間フリーきっぷ」、もう1つが「近鉄1dayおでかけきっぷ」です。

3日間フリーきっぷは以前からよく発売されていますが、1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」は久々

緊急事態宣言も解除され、行楽日和に使えるということで、我が家も1日乗車券を利用する予定です。

1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」の詳細内容メインに、そして少しだけ注意点があるので、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」の内容

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」(大阪・奈良・京都版、愛知・三重版)

1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」は大きく2種類あります。

1つは「大阪・奈良・京都版」、もう一つが「愛知・三重版」。この2つは併用できません

大阪在住の人は奈良と京都には行けますが、三重までは行けません。

発売期間と利用期間

  • 発売期間:2021年10月4日(月)〜12月29日(水)
  • 有効(利用)期間:2021年10月8日(金)〜12月30日(木)

利用期間は12月30日まで。大晦日の前日まで使えるお得な切符なので、もしお出かけの予定があるのなら、近鉄の駅に立ち寄った時に購入しておきましょう。

「大阪・奈良・京都版」と「愛知・三重版」で共通するのは発売期間と利用期間だけ。

それ以外の料金や路線は異なっています。それぞれの内容は以下にまとめました。

 

「近鉄1dayおでかけきっぷ(大阪・奈良・京都版)」の料金や利用可能なエリア

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ(大阪・奈良・京都版)」の利用可能路線図

  • 利用可能な路線:大阪府・奈良県・京都府内(三本松駅以西)の近鉄線
    ※生駒ケーブル、西信貴ケーブルを含む。葛城山ロープウェイを除く
  • 料金大人料金1000円、小児500円
  • 駅窓口販売:大阪難波、大阪上本町、鶴橋、布施、近鉄八尾、大和高田、大和八木、橿原、東花園、生駒、学園前、大和西大寺、近鉄奈良、京都、近鉄丹波橋、大久保、新田辺、天理、王寺、大阪阿部野橋、藤井寺、古市、高田市、橿原神宮前、下市口

大阪、奈良、京都に在住の方が利用できる1日乗車券。料金は大人1,000円、小学生が500円とかなりお得です。

近鉄は距離がある分、普段から料金が高いので、2駅以上立ち寄ったりするだけで、かなりお得になるのがわかるかと思います。

大阪から、橿原神宮前駅天理駅吉野駅まで行くことも可能ですよ。生駒ケーブルを使ったり、ピクニックや神社巡り、公園めぐりも楽しそう。

ただし大和八木駅から東は三本松駅までなので注意して下さい。

以上の駅窓口で1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ(大阪・奈良・京都版)」を購入できますが、それ以外に「定期券・特急券自動発売機」でも買うことができます。

 

「近鉄1dayおでかけきっぷ(愛知・三重版)」の料金や利用可能なエリア

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ(愛知・三重版)」の利用可能路線図

  • 利用可能な路線:愛知県・三重県内(赤目口駅以東)の近鉄線
  • 料金:大人料金1500円、小児750円
  • 駅窓口販売:名張、伊賀神戸、近鉄名古屋、近鉄蟹江、桑名、近鉄富田、近鉄四日市、伊勢若松、白子、津、伊勢中川、松坂、伊勢市、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、伊勢磯部、鵜方、賢島

愛知県・三重県に在住の方が利用できる1日乗車券。料金は大人1,500円、小学生が750円

名古屋から伊勢市や、鳥羽、賢島、西の伊賀神戸赤目口までいくことも可能です。

かなり距離があるので、その分料金が1,500円となっていますが、日帰り旅行に使えそうですね。

ただし赤目口駅より西には行けないので注意して下さい。

以上の駅窓口で1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ(愛知・三重版)」を購入できますが、それ以外に「定期券・特急券自動発売機」でも買うことができます。

 

スポンサーリンク

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」の注意点

近鉄電車

近鉄電車の1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」で少しだけ注意点があります。特に重要なのは、「当日購入ができない」ということです。

大阪メトロの1日乗車券「エンジョイエコカード」のように買ってすぐには乗れません。

実は当日買いできないことを、我が家はその日に知ったので、使う日を別の日に変更することになりました。

これをお知らせしたかったら、この記事を書いたと言っても過言ではありません(苦笑)。ご注意下さい。

実際に買ってみてわかったことですが、「近鉄1dayおでかけきっぷ」を購入すると時に、利用する日を指定する必要があります(利用日は明日以降の日)。

利用日が決まっていると簡単ですが、決定していないと買うことができないのが、この1日乗車券の難しいところです。

(例えばウチの場合は、日曜日に利用しますが、子供が宿題を終えていないと出かけられないので、先に買っておくことが難しいのです。)

その他の注意点と言えば、冒頭でも書いたように「大阪・奈良・京都版」と「愛知・三重版」の併用はできないこと

そして特急券は含まれていないこと。以上の4点が注意点です。

最後にまとめます▼

  • 当日購入できない(最短で明日から使える)
  • 購入時に利用日を設定する必要がある
  • 「大阪・奈良・京都版」と「愛知・三重版」の併用ができない
  • 特急券は含まれていない

「愛知・三重版」を利用される方で、もし鳥羽や賢島に行かれる方は、別途特急券を買ったほうが良いかもしれませんね。

それぞれ行き先が異なるので、無理のない範囲でプランを考えて、1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」をお得に使ってみてください。

関連:カテゴリー「関西のお出かけ」を見てみる

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-子供とお出かけ, 関西のお出かけ

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2021 All Rights Reserved.