兵庫・神戸のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

ホテル「夢海游 淡路島」和みフロアに宿泊したよ!温泉・室内プールも満喫

更新日:

ホテル「夢海游 淡路島」入口、四季彩会席のお造り、貸切家族風呂、室内プール

淡路島に2泊3日の家族旅行に行ってきました。宿泊したホテルは「夢海游 淡路島」です。

その理由は、親は温泉に入りたいのと淡路島産の食材が食べたかったから。そして子供はプールに入りたかったからです。

このホテルにはこれらの要望を全てかなえてくれるということで選びました。

ここは室内プールがあるので、家族旅行で大人気。予想以上に多かったので、実際に宿泊してみた感想も書いてみたいと思います。

ホテルは「夢海游 淡路島」の和みフロア(和洋室D)に宿泊したので、部屋の様子、貸切家族風呂温泉室内プール食事(夕食・朝食)などを写真たくさんで紹介します。

スポンサーリンク

「夢海游 淡路島」アクセス

  • 住所:兵庫県洲本市山手1-1-50(大浜海岸)
  • 電話番号:0799-22-0203

淡路島の洲本市南東にあります。南淡路水仙ラインで、「大浜海水浴場」の目の前にあるので家族連れに人気のホテルです。

車の場合:駐車場

ホテル「夢海游 淡路島」

  • 駐車場あり

駐車場は「夢海游 淡路島」の目の前に駐車しています(上の写真参照)。

 

高速バスの場合:無料送迎バスあり

  • 「洲本バスセンター」から徒歩で13分、無料送迎バスで5分
  • ホテルニューアワジグループの無料送迎バスあり
  • 無料送迎バス時刻表

我が家は車を持っていないので、高速バスで「洲本バスセンター」にやってきました。そこからは無料送迎バスを利用しています。

関連淡路島洲本行きの高速バスを大阪発と神戸三宮発で比較した結果、三宮発で行ってきた

無料送迎バスは、ホテルニューアワジグループのホテルをつなぐバスで、「夢海游 淡路島」はその中でも「洲本バスセンター」から一番近いホテルになります。

季節や時間帯によってバスが走っている時間と走っていない時間があります。「洲本バスセンター」からは歩けなくはありませんが、荷物も多いので次のバスの時間まで待ってから行きました。

 

スポンサーリンク

和みフロアに宿泊

「夢海游 淡路島」の和みフロアに宿泊しました。和みフロアはゲスト専用ラウンジがあったり、レイトチェックアウト11:00があったりします。

部屋はA~Fまでありますが、我が家が宿泊したのは和みフロアの「和洋室D」にしました。

特徴としては和室ベッドと畳6畳があります。2つに分かれているので、子供が寝てからでも畳の方で親はくつろぐことができるということで選びました。

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・ツインベッド

一つの部屋は和室にツインベッドがついています。ベッドはセミダブルが2台(120cm×200cm×40cm)。

子供が小学生になったので、もう一つの畳に布団を敷いてもらいました(食事の時間帯に)。

 

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・畳リビング

もう一つの部屋畳リビング6畳。円テーブルに座席4つ、テレビ、ポット、グラスなどがあります。和菓子が用意されてました。

 

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・和風ツインベッドと畳リビング

今の二つの部屋。入口から撮影するとこのような配置になっています。空気清浄機も付いていました。

 

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・洗面台とアメニティ

入口すぐ横に洗面台があります。アメニティは最小限。

 

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・トイレ

トイレは引き戸タイプ。

 

「夢海游 淡路島」和みフロア和洋室D・シャワールーム

和洋室Dには浴室はなくシャワールームしかありません。大浴場が2つあるので、使いませんでした。

 

和みフロアゲスト専用ラウンジ

「夢海游 淡路島」フロアゲスト専用ラウンジの入口

和みフロアには「ゲスト専用ラウンジ」があります。

 

「夢海游 淡路島」和みフロアゲスト専用ラウンジ。室内の様子

専用ラウンジはエレベーター横付近にありました。ソファや椅子、雑誌、インターネット、ドリンクを無料で飲むことができます。

あまり利用しませんでしたが、オレンジジュースとカルピスを子供がいただきました。

 

入口カウンター・ロビー

「夢海游 淡路島」入口カウンター

入口カウンターの様子。

 

「夢海游 淡路島」ロビー

入口奥にあるロビー。

 

「夢海游 淡路島」入口ロビー

エントランスすぐのロビー。反対側から撮影。

 

キッズコーナー

ホテル「夢海游 淡路島」キッズコーナー

1階には「キッズコーナー」もあります。とても可愛い木の滑り台や椅子、ロディ、絵本、木の知育玩具などが楽しめます。

娘は通るたびに立ち寄って遊んでいましたよ。

 

室内プール

「夢海游 淡路島」室内プール

8階に室内プールがあります。インドアなのでいつ行っても利用することができます。

小さなプールで大人だと腰付近までの深さしかありません。

2泊3日してわかったことですが、家族連れがすごい多い日とそうでない日が極端にあるようです。

初日はたくさんの子供たちが遊んでいて、プールの中が子供たちが多すぎて泳げないほどでしたが、次の日は1グループしかいませんでした。

途中からは誰もいなくなり貸切状態。子供と「昨日とは全然違うね」って喜んで泳いでいましたよ。

水温は高めなので、プールからあげると寒くなります。

 

「夢海游 淡路島」室内プールのジャグジー

小さなジャグジープールもあります。

 

「夢海游 淡路島」室内プール隣接の休憩エリア

室内プールの横には休憩エリアもあります。親は泳がずここから、プールで遊ぶ子供たちを見ている家族も多かったです。

 

ステラテラス

「夢海游 淡路島」ステラテラス

室内プールと同じ8階からステラテラスに行くことができます。座ってくつろいだり、目の前の海を見ることができますよ。

 

「夢海游 淡路島」ステラテラスから見た淡路島

照らすから見た淡路島と海の様子。地形がよくわかります。

 

夕食:淡路島の食材を使った四季彩会席

「夢海游 淡路島」四季彩ダイニング「浜房」からの眺め

夕食は四季彩ダイニング「浜房」で四季彩会席をいただきました。

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・前菜「魚介と野菜のオードブル」

前菜・魚介と野菜のオードブル。とても綺麗に盛り付けされていて、どれも美味しい!

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・本日のお造りづくし

初日の「本日のお造りづくし」より。まぐろ、サーモン、たこ、貝類。どれも新鮮。

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・淡路牛のしゃぶしゃぶ鍋

淡路牛のしゃぶしゃぶ鍋。

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・淡路牛のミニステーキ

淡路牛のミニステーキ。柔らかくてペロッと食べてしまいました。

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・淡路島太刀魚のから揚げ

淡路島太刀魚のからあげ。からっと揚がっていてサクサクでした。

最後はご飯と赤だしが出てきました。淡路島の食材を食べてみたかったので大満足です。

 

「夢海游 淡路島」四季彩会席・本日のお造りづくし(てっさ)

二日目の「本日のお造りづくし」はてっさでした。これが肉厚で最高でしたよ。

 

朝食:和洋バイキング

「夢海游 淡路島」四季彩ダイニング「浜房」入口

朝食は夕食と同じ四季彩ダイニング「浜房」で、和洋バイキングです。

 

ホテル「夢海游 淡路島」朝食の和洋バイキング

好きなものをチョイス。イカそうめんなど和食もありますよ。

 

ホテル「夢海游 淡路島」朝食の和洋バイキング・しらす丼

バイキングにはしらすがあり、別の場所でごはんも食べられるので、朝からシラス丼にしていただきました。

 

温泉は2箇所

「夢海游 淡路島」内に温泉は2箇所あります。

  1. スパフロア「海風」:本館6階
  2. 離れスパ「海音の森」:離れ2階

温泉1:スパフロア「海風」

「夢海游 淡路島」スパフロア「海風」温泉の様子

スパフロア「海風」は本館の6階にあるので、とても便利ですが昔ながらの温泉です。

温泉浴場「国生みの湯」と「芝右衛門の湯」。「国生みの湯」には露天風呂もあります。

写真は男湯「国生みの湯」。

 

「夢海游 淡路島」スパフロア「海風」ゆあがりフロア

本館は大浴場の前に「ゆあがりフロア」があり、ふろ上がりにくつろぐこともできました。

 

温泉2:離れスパ「海音の森」

「夢海游 淡路島」離れスパ「海音の森」

もう一つ新しい温泉が離れにあります。名前は離れスパ「海音の森」。

 

離れスパ「海音の森」大浴場の様子。

2階から専用通路から一度外に出ていくので、少し遠く寒い時もありますが行って良かったですよ。

 

貸切家族風呂「夢海」

「夢海游 淡路島」貸切家族風呂「夢海」展望檜風呂

有料ではありますが、貸切家族風呂「夢海」もあります。45分間、予約要。

当日でも空いていれば利用できます。写真は展望檜風呂。

 

「夢海游 淡路島」貸切家族風呂「夢海」のシャワールーム

貸切家族風呂「夢海」のシャワールーム。浴室となりにあります。

 

「夢海游 淡路島」貸切家族風呂「夢海」テレスからの眺め

貸切家族風呂には専用のテラスがあり、そこから大浜海水浴場を一望することができます。

貸切家族風呂は展望檜風呂、ソファ、専用テラスなどがあり、開放的でとても気持ち良かったです。

ただ時間が45分間と短かったですね。少しせわしない感じになりました。60分あれば嬉しかったです。

 

スポンサーリンク

宿泊した感想

ホテル「夢海游 淡路島」入口、四季彩会席のお造り、貸切家族風呂、室内プール

冒頭にも書きましたが子供は「プールに入りたい」、親は「美味しい淡路島の食材が食べたい」「温泉に入りたい」という要望をすべてかなえてくれたホテルです。

夏には目の前にある「大浜海水浴場」で海水浴もできるので、さらに楽しさは倍増すると思いますよ。

今回2泊3日して晩御飯の食材が1泊目と2泊目では違っていたり、室内プールが2日目の方が空いていたりと、色々と楽しめました。

2泊3日したことで、すぐ横から洲本城に登ることもできました。歴史好きにも満足できると思います。

ホテルニューアワジグループだけのことだけあり満足できるホテルです。淡路島に行かれる方はぜひ泊まってみてください。

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-兵庫・神戸のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-, ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2019 All Rights Reserved.