子供とお出かけ

「ヒグチユウコ展CIRCUS」を子供と楽しんできたよ!買ったグッズも紹介

投稿日:

「ヒグチユウコ展CIRCUS」入り口ポスターと展示

美術展覧会「ヒグチユウコ展CIRCUS(サーカス)」に家族で見に行ってきました。

このような美術展覧会の場合、大抵子供は嫌がるものですが、今回この話が出てきてた時に珍しく「私も見に行く!」となり家族で見に行くことになったのです。

子供が美術展覧会に行ったのは「こども展」以来になるので、あれから5年経っています。小2になった今、嫌がらずに見てくれるのか?そこも気になりつつ行ってきました。

「ヒグチユウコ展CIRCUS」に行ってみて子供はどう反応したのか購入したグッズについてもあわせて紹介します。

スポンサーリンク

「ヒグチユウコ展」に子供が興味を持った理由

ヒグチユウコの絵本「ほんやのねこ」

美術展に行く話が家族で出た時に大抵娘は行くのを嫌がります。

しかし今回「ヒグチユウコ展CIRCUS(サーカス)」に家族で行く話が出た時に、子供は「見に行きたい!」と率先して言いました。

その理由はヒグチユウコさんの絵本「ほんやのねこ」を既に買っていて、この絵の可愛らしさに興味を持っていたからです。

 

ヒグチユウコの絵本「ほんやのねこ」を子供が読んでいる様子

▲「ほんやのねこ」を読んでいる娘の様子。

「おっ、それじゃぁ行ってみるか」ってことになったのですが、「それでも途中で集中できるのかな?」という心配もありました。

小さな企画展には何度も参加していますが、途中で見るのに飽きてしまい、せっかく見に行っているのに「すぐに出る」ということが過去に何度もあったからです。

そうなるとゆっくり見たい親としては仕方なく見るのを諦め退出せざるを得ませんからね。

このような展覧会に行くとなるのは久々ということで、どうなることやらという期待と不安を持ちつつ行ってきましたよ。

 

スポンサーリンク

「ヒグチユウコ展CIRCUS」に家族で行ってきました

「ヒグチユウコ展CIRCUS」入り口ポスター

「ヒグチユウコ展CIRCUS」に行ってきました。東京ではかなり行列ができたそうですが、平日の午前中に行ったこともあり、快適に見ることができました。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」入場チケット

入場チケット。小学生は無料ですが、このようにチケットがもらえます。どれも今回のために描かれたものだそうで貴重。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」入り口にある絵

入口にたくさん絵があり、テンションがあがります。子供もハイテンション。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」の猫と一緒に写真を撮る娘

入口の直前までと展覧会終了後のエリアは撮影がOK。もちろん展覧会の中は撮影が不可です。

子供はエントランスにいた猫と撮影。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」を見た感想

「ヒグチユウコ展CIRCUS」猫10匹

ヒグチユウコさんは絵本作家でありながら、画家であるので絵の線が細かく、今でも実際にペンを使って絵を描いています。

その線の細かさやタッチが美術展で見ることができました。

会場では700点の作品が展示されていて、これまでの絵本などの絵や、ヒグチユウコさんが学生時代の絵も見ることができました。

学生時代は今の画風とは違った描き方をしていて、それはそれで面白かったですよ。

ヒグチユウコさんのほぼ全部の作品を見ることができたので、まるでヒグチユウコの歴史を見ているようでした。

 

子供の反応は?

子供も猫好きなので、終始集中してみていました。やはり先に絵本「ほんやのねこ」を買っていたことのが良かったようです。

ヒグチユウコさんと言えば、線の細かさ、可愛いキャラクターたち、独自の謎キャラなど、可愛い絵の中に怖い部分がある、そんなところを見ることができました。

「この怖い部分に子供は怖がるのでは?」と予想していましたが、特に怖がることなく、楽しんでいたことが驚きでした。

子供も学校で水彩画などをしていることもあり、絵の具の使い方、同じ色でも水の分量でこんなにも色の違いを表現できるのだということがわかったようです。

この辺りは僕が軽く説明したのですが、子供はかなり熱心に絵のタッチや色の表現を見入ってしましたよ。

ヒグチユウコさんの絵に女の子がよく登場するのですが、その絵が子供の顔と少し似ている部分があったので、さらにファンになってしまいました。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」に吊るされている巨大猫

展覧会を出るとこのように写真撮影OKの場所もありました。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」飛び出し坊や

「ヒグチユウコ版飛び出し坊や」。子供も一緒にポーズ。

 

スポンサーリンク

「ヒグチユウコ展」で購入したグッズたち

「ヒグチユウコ展CIRCUS」の画集図録

ここからは「ヒグチユウコ展CIRCUS」で購入したグッズたちを紹介します。

図録「ヒグチユウコ画集CIRCUS」。値段が高かったのですが、これは絶対に買おうと決めていました。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」画集図録の1ページ

図録画集ですが、買って良かったです。今回観た作品以外も載っています。一生の宝として何度も見直せます。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」で購入したポストカード

ポストカードは家族3人で一枚ずつ選びました。子供はこの3つ目のSちゃんが大好き!

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」ホルベインプロカラーペンとポーチ

ヒグチユウコさんが実際に使っているホルベインのプロカラーペン3本とそれを入れるポーチ。

プロカラーペンは0.05m、0.3m、0.8mの3本です。ヒグチユウコさんが描く独特の線の細さはこの0.05mのペンから来ているんですね。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」で購入した刺繍キーホルダー

刺繍のキーホルダーは、早速子供が付けています。

 

「ヒグチユウコ展CIRCUS」で購入したグラス

グラスは子供は一つ目ちゃん、親はギュスターブくんを選びました。親はもう一個買ったので、合計3個になります。

食事の時がより一層楽しくなりました。レトロなグラスでずっと大事に使っていきます。

 

ヒグチユウコキャラクターのガチャガチャ

ヒグチユウコさんのキャラクターが入った「フィギュアマスコット」ガチャガチャにチャレンジ。1回500円です。

 

ヒグチユウコキャラクターガチャガチャで出てきた「ツチグリぼうやとテアシオカヒトデ」と「ニャンコとアノマロ」

子供と僕と1回ずつしました。出てきたのは「ツチグリぼうやとテアシオカヒトデ」と「ニャンコとアノマロ」。

思ってたよりも小さかったのですが、精巧にできています。

 

どのグッズも丁寧に作られていて、こだわりを感じるものばかりでした。

ここしか買えないとなると勢いが出てきてしまい、ヒグチユウコさんのグッズだけで合計1万円ぐらい使ってしまいました(苦笑)

 

最後に

「ヒグチユウコ展CIRCUS」入り口ポスターと展示

「ヒグチユウコ展CIRCUS」に家族で行き、子供はどう反応しか?展覧会の感想や購入したグッズについても紹介しました。

子供が小学2年生になったことや、絵本を先に読んでいたこと、以前とは違い成長してきたこと、ヒグチユウコさんワールドに引き込まれたこともあり、家族全員が大満足した展覧会でした。

このように全員が行って良かったと思えることがこれまで少なかったので、嬉しかったですね。

今回見に行ったことで、よりヒグチユウコさんに興味を持ちましたよ。

もう一度「ほんやのねこ」を読み直すと、展覧会で見たキャラたちがより一層際立ってきますね。

今回神戸に見に行きましたが、その後も広島(廣島)、静岡、高知と全国を巡回するようなので、近くに来たときはぜひ見に行ってみてください。

Twitter でおにぎりフェイスを

-子供とお出かけ
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2019 All Rights Reserved.