育児 育児の悩み

ドライヤーを嫌がる子供には、この方法を試してみて

投稿日:

ドライヤーを嫌がる子供対策

以前から子供(娘)がドライヤーの音を嫌がり、髪の毛を乾かすのに手こずっていました。

日に日にイヤイヤ度が増して行き、今ではドライヤーを持つだけで逃げ出してしまいます。

「どうしたものやら?」と日々悩んでいましたが、あることが切っ掛けで解決しました。

ドライヤー嫌いの子供向けにあり方法を紹介します。

スポンサーリンク

ドライヤーを嫌がる子供(3歳)には、髪の毛を乾かしている間、服のボタンを留めさせるのがおすすめ

ドライヤーを嫌がる子供対策

ドライヤーを嫌がる子供、3歳児(3歳0ヶ月)には、この方法で嫌がらなくなりました。

その方法とは、ドライヤーをしている最中に「服のボタンの開け閉めをさせる」ことです。

3歳になった娘は、2歳児の時と比べて手先が器用になってきています。

そのため、今一番のお気に入りはボタンを開けたり閉めたりすること。これに熱中していると、ドライヤーを全く嫌がりません

今着ているパジャマのボタンを留めるのもいいのですが、もう一つ別にボタンの付いた服を用意してあげれば、髪の毛を乾かしやすくなりますよ。

他の事にに熱中していると、ドライヤーの音なんて全く聞こえないようです。

 

スポンサーリンク

これは応用が利く!他の年齢の場合は今興味があることをさせる、例えばパズルやおもちゃなど

ボーネルンド人体パズルで遊ぶ子供

我が家の例としてボタンの開け閉めをあげましたが、年代が異なる場合は、子供が今熱中していることをドライヤー中にさせるようにしましょう

今興味があることを見つけ出し、それをドライヤー中にさせるのです。

大きなものではできませんが、例えば熱中しているパズルやおもちゃなどでも良いのではと思います。

子供を日常から観察して、集中できるものを探し出してください。

 

スポンサーリンク

最後に

ドライヤーを嫌がる子供対策

子供の風呂上りから髪の毛を乾かす、服を着せる、ドライヤー、歯磨きという毎日の一連の流れは本当に修行ですね。

さらに寝なかったりしたら、もう大変。

その中の一つ、ドライヤーの音を嫌がらなくなったので今回書いてみました。

子供にボタンを留めさせている間に一気にドライヤーで乾かす、これが我が家でとりあえず実践している方法です。

ただし力技の感があります。ドライヤーの音を嫌がらないという根本的な解決にはなっていないんですけどね。

本当の解決とは、静かなドライヤーを探し出したり、自分でドライヤーを持って髪の毛を乾かせるようになることなのでしょう。

自分でやるなら音も気になりませんからね。

何か他に解決法もありそうな気がします。もっと良い方法がありましたら、教えて下さい。

さらに詳しく

おにぎりフェイスのSNSをフォローする

-育児, 育児の悩み
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2023 All Rights Reserved.