おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

幼児教育・家庭教育

幼児ポピー「ポピっこ」の年中「あかどり」を始めました

更新日:

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」と「わあくん」

幼児向けの家庭学習教材、幼児ポピー「ポピっこ」の無料お試しを取り寄せた後、入会し1年間続けてみることにしました。それについては下の記事に詳しく紹介しています。

【関連】幼児ポピー「ポピっこ」の評判と入会した理由

4月になると子供の学年が一つ上がり、年少から年中になります。先日届いた「あおどり」は、「きいどり」では1冊だったのが「ドリルん」と「わあくん」の2冊になりました。

幼児ポピーの年中「あかどり」の内容と子供が学習した感想をご紹介します。

スポンサーリンク

幼児ポピー年中「あかどり」の内容

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」と「わあくん」

ポピっこあかどり「ドリるん」と「わぁくん」の2冊。年少の時よりさらに内容が細かくなりました。

「ドリるん」は学習の”ドリル”から、「わぁくん」は外に出て生き物、虫、自然などを発見する内容”ワーク”になっています。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「えあわせカード」「ほほえみお母さん」

新年号4月号では「えあわせカード」が入っていました。その他、4か月に1回送られてくるポスター、今回は春を感じる自然や生き物のポスターです。

そして、保護者用に「ほほえみお母さん」、小さく「&お父さん」と書かれてますね。解答や情報が載っています。

 

「幼児ポピーまるごとガイド」2016年保存版

新年度がスタートするので「幼児ポピーまるごとガイド」2016年度保存版も同封されていました。

  • わぁくん:おもしろ特集・からだ遊び・その月々のテーマ、「こころ」「あたま」「からだ」をバランスよく育てる。好奇心を刺激
  • ドリるん:迷路、間違い探し、クイズなど、楽しい作業で「あたまを使うことが好き」になる。ひらがな、数、言葉、文字など

子供は「幼児ポピー」が好きなので、2冊に量が増えるのは助かります。しかも同じ値段なので嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

子供が「わぁくん」「ドリるん」を学習してみた感想

「ドリるん」と「わぁくん」を子供が学習してみた感想、気が付いた点を書いてみます。

1.ドリるん

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」を学習する娘の様子

まずは「ドリるん」から。年少「きいどり」と違い、各ページの上部に学習した月日を書けるようになりました。

「ドリるん」は言葉や文字を中心としたドリルになります。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」を学習する娘の様子。シール貼り

子供が幼児ポピーが好きなのは、このシール貼りがたくさんあるからでしょうね。同じグループ毎にシールを貼り分けている様子。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」を学習する娘の様子。鉛筆をもって細かな線や文字を書く

「あかどり」は細かな線や文字を書くのが目標になっています。●から★に線を引く練習。

以前より鉛筆の持ち方が上手になり、線も行き過ぎたり、はみ出したりしないようになっているのにビックリ!

このあたりは幼児教室と平行して学習している効果が出ています。余談ですが三角形の鉛筆は持ちやすいようです。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」を学習する娘の様子。ひらがなを書く

ひらがなを書く練習。まずは指でなぞったり、鉛筆で練習したりして、最後にひらがなを書くという工夫があります。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「ドリるん」を学習する娘の様子。細かな線を書く

年少「きいどり」よりも迷路の道が細くなっています。

子供を見ていると、始めたときははみ出さないのですが、20分ぐらいを越えると集中力が散漫になり、線からはみ出すことが増えてきました。

また、ひらがな読みも同様に、最初の方が丁寧によんでいますが、疲れてくると雑になっています。子供の特徴がわかって面白いですよ。

 

2.わぁくん

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「わぁくん」を学習する娘の様子。自然を知る

次は「わぁくん」をスタート。円には植物のつぼみや昆虫が描かれています。円を開けると花が開いたり、虫が飛び立ったりといった変化を楽しめます。

最近、虫や花に興味が出てきているので、イメージがしやすいようです。連動してポスターに見かけた虫や花のシールを貼るようにもなっていました。

教材は順番にするのを諦めました。子供がやりたいページからさせるようにしています。

 

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の教材「わぁくん」を学習する娘の様子。お弁当の中身

春はお花見ということで、お弁当を作って出かけようというのがテーマ。お弁当のおかずシールを貼っています。

ひらがなを読めるようになってきたので、子供に読ませて学習しています。

 

3.特別教材「絵合わせカード」

幼児ポピー「ポピっこ」年中「あかどり」の特別教材で遊ぶ子供

今月号には「絵合わせカード」が入っていました。乗り物は上からと横からの写真。動物は前からと後ろ姿の写真があり、それをペアにして集めます。

ランダムに並べて見つけたり、神経筋弱のように裏向けて遊んだりしています。

カード入れに収納できるのが子供は好きなようですね。

 

まとめ

新年度がスタートした幼児ポピー「ポピっこ」、年中の「あかどり」の内容と子供が学習してみた感想をご紹介しました。全オールカラーシール付き。

最近では幼児ポピーはまだ来ないのかといった話をしているので、そうとう気に入っている様子。飽きさせない工夫がたくさんあるので、一緒に見ていて親の方も楽しんでいます。また、子供の成長が見られるのは嬉しいことです。

月額980円と躊躇せずに続けられるのが親としては嬉しいですね。

しかも「わあくん」と「ドリるん」の2冊になったので、年中からはより学習し甲斐がありますよ。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-幼児教育・家庭教育
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.