おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

子供の病気・怪我 育児

幼児の便秘解消にしている3つのこと、水分+運動+オリゴ糖

更新日:

森永ココアの「牛乳で飲むココア」

子供は先日5歳になりました。5年間子供を見てきて、常に注意しておかないと、ある日突然便秘になってしまいます。

ただ、便秘というのは親がケアすれば解消できるのかなと感じて日々意識しています。そうすることで、基本的には便秘にならずに済んでいます。

我が家が意識して取り組んでいる(大げさな書き方)、幼児が便秘を解消するためにしていることをまとめてみました。基本は水分と運動です。

スポンサーリンク

1.[水分補給]日ごろから水分を摂らせる、朝一番にココアを飲ませる

森永ココアの「牛乳で飲むココア」

まず一番に心がけているのは、便秘にならないように務めることです。その為には子供に水分を摂らせるのが重要。常に心がけています。

親としてはお茶や水を飲んでほしいのですが、嫌がってなかなか飲んでくれないんですよね。先日5歳になったのですが、最近になりやっと飲む回数が増えてきました。

しかし毎回は飲んでくれません。どちらかというとジュースを欲しがります。嫌がって水分を摂らないと便秘がちになります。便秘になった当時は綿棒で取り出したりしたものです。

このような事を繰り返しては悩み続けていたある時、幼稚園で「牛乳で飲むココア」の試供品をもらってきました。これが切っ掛けで便秘解消、今でも毎日飲んでいます。

ココアは毎朝必ず飲んでくれるので助かっています。そのおかげで基本的に便秘になる回数が減りましたよ。

【関連】子供の便秘解消に!森永「牛乳で飲むココア」で栄養も摂れるよ

 

スポンサーリンク

2.[運動]食事休憩後、少しだけ部屋の周りを走る

我が家がオススメする2歳に遊んだおもちゃロディ

食事の後、特に夕食後に娘はウンチをするパターンがありました。食べると腸が動くのでしょうね。リズムよく生活していると、あるパターンでしたくなる時がわかります。

その時にもし子供がしたくならなかったら、便秘になる第1段階になります。

そうならないように、食事後少し休憩を取った後、かるく子供と部屋の中を追いかけっこをしたり、ロディという馬のような乗り物を乗って部屋中を走り回っています。小さな部屋を5周ぐらいグルグル回るだけですが。

たったこれだけのことで子供はすぐに「お腹がムズムズする」と言ってすぐにトイレに行くと、すっぽりウンチをしています

大人と違って内臓が小さい(短い)からか、結構単純に出ますね。

 

以上のように、毎日ココア+軽い運動で、便秘にならないように取り組めています。

これは今読み返すと、小児科の先生が言っていた「水分+運動」に通じるものがありました。

 

3.それでも便秘になってしまったら、オリゴ糖を摂る

オリゴ糖「オリゴのおかげ」

妻が10年以上オリゴ糖を摂っています。それについて以前「オリゴ糖は便秘解消に効果的、女性の方におすすめ」という記事に書きました。

オリゴ糖というのは、それほど怖いものではなくて、砂糖みたいなものです。液体タイプと顆粒タイプがあり、パンなどに塗るときは液体、コーヒーを飲むときは顆粒タイプにしています。

たまにホームベーカリーの砂糖代わりにオリゴ糖を入れるときもあります。砂糖代わりにオリゴ糖を付けることで、妻は便秘解消になっています。

子供が赤ちゃんだった当時、分量を少なめにしてオリゴ糖をあげたことがあります。ただしこの時は最終手段として使いました。

小児科の先生が、便秘薬を飲ませない方が良いという意見があったので、オリゴ糖を当時は数回使いました。おかげで便秘解消しましたよ。

 

幼児にもオリゴ糖が安全である理由

とは言いながらも一番気になるのは「幼児なのにオリゴ糖を使っても大丈夫なの?」ってことです。これはあることで安心してあげることができましたよ。

それは、娘が使っていた粉ミルク、アイクレオの「バランスミルク」と「フォローアップミルク」の原材料の中に、既にオリゴ糖が最初から入っていたのを知ったからです。

驚きました。赤ちゃんの時から知らない間にオリゴ糖を使ってたんだぁって。だから当時、ほとんど便秘にならなかったのですね。

これを知ってからは、年に数回だけ起こる強い便秘にも安心して「オリゴのおかげ」をあげることができるようになりました。

【関連】赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖がおすすめ、分量の目安など

「そう言えば3日ほど娘がウンコしてないな、もしかして便秘では?」ということになった時だけに使っています。なので年に1~2回有るか無いかですね。

最近4歳後半から5歳ぐらいになると、子供が以前よりも決まった時間にトイレにいかなくなり、また自分でできたりもするので、あまり親の方が注意しなくなりました。その為、ふと「最近、子供がウンコしてないのでは?」というようになります。

親が毎日チェックしないといけませんね。カレンダーにウンコが出た日に丸をするとか。出たのが2日前だったのか昨日だったのかが、最近わからなくなっています。

気が付くとコロコロしたウンコになり、「危なかった、気を付けねば」となります。

 

まとめ

我が家が意識して取り組んでいる、幼児が便秘を解消するためにしていること、もしなってしまったときの対処法もご紹介しました。

基本は「水分(毎日ココア)+運動(チョットだけかけっこ or ロディ)」だけでOK。それだけで毎日便秘にならずに過ごせています。

ただ、気を許すといつからしていないのかわからなくなり、便秘になりがちです。出来るだけ親がチェックしてあげないといけませんね

オリゴ糖は妻が使っているおかげで常に家にあります。これがあると最終手段ですがギリギリ便秘解消になっています。

我が家が購入しているのは「オリゴのおかげ」です。一袋持っておくと便利ですよ。

【関連】赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖がおすすめ、分量の目安など

【関連】オリゴ糖は便秘解消に効果的、女性の方におすすめ

【関連】これまで飲んできた有機青汁・無添加青汁の比較ランキング

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-子供の病気・怪我, 育児
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.