暮らし

UR賃貸住宅とは?必要なのは賃貸料、管理費、敷金だけ

更新日:

マンションの外観

賃貸マンションと言えば、賃料や間取りだけ見て決めてしまうと、後から色々合計すると値段が高くなってしまうことがあります。

それは賃貸には仲介会社があり、その会社への仲介料や敷金、礼金、更新料などが発生するからです。

このあたりをしっかりと把握しておかないと、月額がプラス2~3万円になってしまい、結果的に高くなり失敗したという後悔が残ります。

賃料以外のことは有ったり無かったりとそれぞれ異なるので複雑で難しいという方には、UR都市機構の「UR賃貸住宅」がオススメ。我が家も2回ほど住みましたよ。

UR賃貸住宅は結構シンプルな料金体系になっているので、わかりやすいのが特徴です。もし住みたい場所にUR賃貸住宅があれば、優先的に探してみるのも良いと思います。

礼金、仲介手数料、更新料の必要ないのでお得ですよ。保証人も必要ありません。UR賃貸住宅の特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

UR賃貸住宅とは?

マンションと並木

UR賃貸住宅とは、Urban Renaissance Agencyの略で、整備改善や賃貸住宅の供給支援、UR賃貸住宅の管理を目的とした独立行政法人です。

旧公団住宅なので、その時代からの古い団地が今でも残っており、当時若者であった住人がそのまま住み続けていることもあり、団地は高齢者が多くなっています。

新しくマンションを建てることもありますが、どちらかと言うと現在あるURのマンションや団地の管理がメインになっています。

既存の物件を管理するので、外装は古くても内装は綺麗なことが多いですね。人が住み変わるたびにリノベーションされるのが特徴です。

ただし、比較的新しいものはそのまま残り、古いものは新しく交換される形。壁や畳などは交換されます。

他の賃貸マンションや賃貸団地よりも住み始めやすいのが特徴。気に入ったら住み続け安さなどもあります。

 

UR賃貸住宅の特徴

  • 礼金が不要
  • 仲介手数料が不要
  • 更新料が不要
  • 保証人が不要

賃貸マンションに住む場合は、仲介会社への仲介手数料や敷金、礼金、更新料などが必要です。その他、住宅保険なども必要なマンションもあるので気を付けましょう。

これらを総合すると不動産・賃貸住宅の仲介会社だと高くなる傾向があります。更新料などは契約年数毎に必要です。

それに対し、UR賃貸団地は敷金は2ヶ月分必要ですが(昔は3ヶ月でしたが2か月に変更されていました)、礼金や仲介手数料、更新料の必要がありません

賃貸料は住むマンションや団地によって異なります。新しいマンションは毎年少しずつ高くなり、古い団地は少しずつ安くなる傾向があります。

契約される前に、実際に住まれるマンションの家賃が年々高くなるのか、安くなるのかを確認するようにしましょう。

年に何度かキャンペーンがあり、その時は敷金がお得になることもあります。引っ越しするならこのタイミングがオススメです。

そういう意味では、間取りや立地条件などが気に入れば気軽に住み始めやすいのが特徴です。

保証人がいらなくなった

特に保証人不要というのは、結構助かるのではないかなと思います。これがあるから他社では住むことができないという話をよく聞きます。(以前は必要でしたが、現在はいらなくなりました)

特に年齢が高くなると、保証人になってくれる方も減っていきますからね。そのあたりの敷居の低さも特徴です。

 

スポンサーリンク

UR賃貸住宅に2度ほど住んでみた感想

マンションの外観

我が家も過去に2度、URに住んだことがあります。内装はとても綺麗なのですが、やはり昔から建っているものをリノベーションしているだけなので、水回りや壁、天井の高さなどがそのままです。

1度目は上の階に住んでいる人の足音がうるさかったり、水回りのノイズが凄かったのですぐに引っ越しました。天井の壁が薄かったということが理由ですね。このあたりは各マンションや団地によって異なります。

2度目は静かな環境でとても気に入りました。現在は引っ越しましたが、2度目に住んだところは今でも気に入っています。ちなみに2度目は同じURなので1度目の敷金を差し引いて計算してくれました。

誰もいない昼間に内覧をすると、その印象だけで決めてしまい、実際に住んだ時に、思っていたのとは違ったということになります。我が家も1度目はそうでした。

どこでもそうですが、実際に住んでみないとわからないですね。内覧の時に念入りにチェックされることをオススメします。

 

まとめ

UR賃貸住宅に2度住んだことがあるので、その時の経験から「UR賃貸住宅」の特徴をご紹介しました。

ビックリするぐらい古い団地から比較的新しいマンションまで幅広くあります。賃料が安すぎる場合は耐震問題があるかもしれません。冷静に判断する必要があります。

仲介料や敷金、礼金、更新料、住宅保険などをまとめると結構な額になりますからね。URが住みたい街にあれば、優先的に考えてみるのは良いかと思います。

UR賃貸に必要なのは賃貸料、管理費、2か月分の敷金だけ。このシンプルな料金体系が住みやすさ、移りやすさを可能にしています。

引っ越しはいつでもOKという方は、年に数回あるキャンペーンの時期がオススメ。敷金や1か月分の賃料がお得になることがあります。チェックしてみて下さい。

【関連】同じマンションや団地に引越しする場合の費用・敷金について

【関連】子供が歩き出すまでにしておきたかったこと。部屋数と間取り、引っ越しの話

【関連】引っ越し料金の目安。家族・単身(一人暮し)より荷物の量で決定

【関連】収納場所が無い時は、FITSと無印の引出し式収納ケースが活躍

【関連】【口コミ・評判】「引越しのサカイ」で引っ越ししました

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-暮らし
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.