おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

暮らし 睡眠

寝不足や睡眠障害の解消にはメラトニンが重要!快眠や美肌効果も

更新日:

睡眠中の様子

最近、寝ようとしても眠れない日々が続くようになっています。そうなると目をつぶってはいるものの色々と考え事をしてしまい、余計に目が冴えて益々眠れなくなるという悪循環。最近ば睡眠不足(寝不足)気味で不眠症になってしまいました。

質の高い睡眠をしたいなという思いから色々調べてみると、メラトニンという「睡眠ホルモン」が重要であることがわかってきました(メラニンではありません)。

では、そのメラトニンはどのようなものなのか?また、どのように出来るのかについてまとめてみました。

これを知り意識的に生活することで、快眠から美容美肌効果もあるそうです。

スポンサーリンク

睡眠ホルモン「メラトニン」とは?

睡眠中の様子

夜寝る時に「覚醒」から「睡眠」へと切り替えてくれる役目が睡眠ホルモンで「メラトニン」と呼ばれています。

朝、目が覚めてから14~16時間たつと体内時計が指令を出し始め、メラトニンの分泌が増加します。そうすると脈拍や血圧、体温が低下するので、眠気が起こるようになります。

そういう意味ではメラトニンのが分泌されていないのが、睡眠不足の一因とも言えますね。

快眠への近道は、メラトニンを理解することが重要となってきます。では、メラトニンを正しく生成し分泌するにはどうすれば良いのかまとめてみました。

 

スポンサーリンク

メラトニンを正しく分泌させる3つの方法

  1. 朝一番にカーテンを開け、朝日を浴びる
  2. 夜は照明を早めに落とすテレビやPCもオフ
  3. アミノ酸のトリプトファンを含む食事を摂る
    参考:体内時計を整えて美肌に!睡眠の質を高めるために必要な事2つ(マイナビ)

1と2は対比なのでよくわかります。朝早く太陽を浴びることで目覚めを早め、そして夜には照明を落とすことで眠りモードに入ります。

メラトニンの量は光の量と関係しています。朝光りを浴びるとメラトニンが減少、夜照明を少し暗くすると増加(分泌)します。

照明(電気)だけでなく、テレビやパソコンなども控えるのが良いそうです。

確かに眠るギリギリまでテレビを見たりPCやタブレットを見たりしています。そこが最近の睡眠不足の原因のような気がしてきました。

 

その他、トリプトファンという必須アミノ酸を摂取するのも重要。トリプトファンが不足すると不眠症睡眠障害になりやすくなります。

そのトリプトファンを含む食べ物の一覧を下にまとめました。

 

トリプトファンを含む食事一覧

  • 赤身の魚
  • 赤身の肉
  • 大豆・豆類
  • 乳製品・ヨーグルト
  • ごま
  • そば
  • アーモンド
  • ひまわりの種
  • たらこ

先日、疲労やストレスの減少にはビタミンB群が必要という記事と同じ、ここでも赤身の肉大豆乳製品が登場していますね。

特にこれらの3つを意識的に食べていくことが健康への近道な気がしてきました。

 

最後に・まとめ

メラトニンは老化防止や免疫力向上などの若返りホルモンとも言われています。快眠出来ることで、美容や美肌効果がありそうです。

上で紹介した「メラトニンを正しく分泌させる3つの方法」を意識していくことで、生活のリズムが良くなりそうですね。

食事を摂っているのに眠れないという方は、夜の照明を落とすのを早め、脱テレビ&PCが効果的かもしれません。ゆったり読書が良さそうです。

早速、今日からやってみましょう。

【関連】テンピュールベッド&マットレスで睡眠の質を上げよう

【関連】ストレスや疲労回復にはビタミンBが毎日必要、食べ物一覧付き

【関連】疲れているのに眠れない状況から脱却するためにした1つの事

【関連】養命酒効果あり!肉体疲労や冷え症が改善。試して良かった。

【関連】大人も子供も簡単にビタミン補給、肝油ドロップの成分と効果

【関連】機能性ヨーグルトの種類と効果、各社比較

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-暮らし, 睡眠

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.