おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

お出かけ情報(室内) 子供とお出かけ

「志摩マリンランド」に行ってきたよ、アクセスや料金、口コミ

更新日:

「志摩マリンランド」入口

今回の伊勢志摩旅行の目的は、近鉄観光特急「しまかぜ」に乗ることと、もう一つ近鉄賢島駅すぐにある「志摩マリンランド」に行くことです。

場所は近鉄「賢島駅」すぐに近くで歩いて行けるので便利です。

志摩マリンランド」のアクセスや料金、どんな水族館なのか、実際に行ってきた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

アクセス

  • 住所:三重県志摩市阿児町神明賢島
  • 電話」0599-43-1225
  • 営業時間:9:00~17:00(7~8月は17:30まで開館)
  • 定休日:無し・年中無休

「志摩マリンランド」は年中無休なので、いつ旅行しても楽しめます。

行き方は簡単、近鉄の終点「賢島駅」をまっすぐ坂を上ると、すぐマリンランドが見えてきますよ。徒歩2分ぐらいです。

 

志摩マリンランドの入口付近

坂を上ると道路を挟んだ向かい側に、大きなマンボウが見えてきます(上の写真参照)。無料駐車場(120台、バス専用12台)もあります。

このマンボウで記念撮影している家族が一杯いました。

 

スポンサーリンク

入館料

「志摩マリンランド」入場券売り場

  • 大人:1,400円
  • 中高生:900円
  • 小学生:600円
  • 幼児(3歳以上):300円

チケットを入場券売り場で購入しましょう。幼児は2歳までが無料です。

我が家は近畿日本ツーリスト(近ツリ)で、特急券やホテル代と一緒に割引チケットも購入しました。入場券がセットになったお得なプランです。

割引で入館できるお得なチケットが販売されています。詳しくは下の記事をあわせて読んでみて下さい▼

【関連】志摩マリンランドをお得に入場する為の割引チケット&クーポンまとめ

 

「志摩マリンランド」はアットホームな水族館

「志摩マリンランド」入口

では「志摩マリンランド」に入場します。入口の看板には伊勢志摩近鉄リゾートと書かれている通り、近鉄系列の水族館のようです。

 

「志摩マリンランド」ペンギン

入口を入ると出迎えてくれるのがペンギンたち。とてもたくさんの数がいました。

 

「志摩マリンランド」ペンギンお散歩タイム

こんな近くでペンギンを見ることができます。キングペンギンは1匹だけ、他のペンギンとは種類が違います。かなり大きかったです。

もうすぐしたら冷房のある場所に移動するそうです。身近で見られて良かった。

 

「志摩マリンランド」室内

ペンギン島だけが外にありますが、それ以外は室内です。写真の「水族館・古代水族館」と書かれた方から室内に入りましょう。

 

「志摩マリンランド」アオギハゼやオオウミウマ

室内すぐ左にミニ賢島神社がありました。中に泳いでいる魚はアオギハゼやオオウミウマたちです。

上向きに泳ぐ魚と言うことで運気がアップします。上昇志向ですね。

 

「志摩マリンランド」泳ぐ魚たち

大きな魚たちが回遊しています。

 

「志摩マリンランド」通路

通路内はこんな風に左右の水槽から魚を見ることができます。ゆっくり下り坂。

 

「志摩マリンランド」オコゼ

オコゼに似た魚。

 

「志摩マリンランド」クラゲ

円柱の水槽にいるのはクラゲたち。照明を暗くしているので、透き通ったクラゲを見ることができます。

暗い場所ではなかなか撮影が難しいのですが、ミラーレス一眼カメラを持って行って良かったです。

 

「志摩マリンランド」マンボウ

マリンランドの人気はマンボウ。たくさんのマンボウが見られますよ。

 

「志摩マリンランド」96本足のタコ

これは衝撃!タコの足は全員8本だと思っていたのに、96本足って!世界最多?となっていますね。

このマダコ(96本多腕マダコ)の子供の足は8本でした。ちょっと怖いのですが、このタコも必見です。

 

「志摩マリンランド」回遊水槽

2階に上がると回遊水槽になっていて、魚たちが優雅に泳いでいます。

 

体験コーナー

「志摩マリンランド」海人の餌付け

毎日決まった時間になると2階の回遊水槽で、海人の餌付けを見ることができます。あまちゃんが登場!

餌の種類によって近づいてくる魚とそうでない魚がいるそうです。時間になると放送してくれるので、見逃すことはありません。

 

「志摩マリンランド」ドクターフィッシュに触れる

水槽の上から直接手を入れられる場所があります。ここではヒトデや磯の生物などを触れられます。

水槽に手を入れていると、ドクターフィッシュが近づいて肌をきれいにしてくれます(上の画像参照)。

普段娘は怖がりなんですけど、なぜかこれは真っ先に手を入れてました(苦笑)。

 

「志摩マリンランド」ペンギンお散歩タイム

1日に何回か入口の「ペンギン島」で「ペンギンお散歩タイム」があります。

目の前の道路にペンギンが登場。これも放送してくれるので見逃すことはありません。

隣の食堂でランチ「伊勢うどん&手こね寿司」セットを食べていたら、放送が聞こえてきたので、再入場して見ることができました。

子供も大人もが大喜びです。これは必見!

 

「志摩マリンランド」展望台からの眺め

マリンランドの屋上に展望台があり、そこから海を一望することができます。上の写真はその一枚です。

ここは椅子と机があったので、お弁当を持ってきていたら、ここで食べることができます。

 

最後に・行ってきた感想

「志摩マリンランド」のアクセス、入館料、水族館内の様子、体験コーナーなどをご紹介しました。

ゆったりと見て回ることができたので、本当に良かったです。子供は丸い形の金魚とペンギンが気に入っていました。

以前行った「鳥羽水族館」は規模が大きくて移動が大変でしたが、このマリンランドはミニ水族館なので移動が簡単です。

子供と行くと大きな場所だと途中で疲れてしまうのですが、ここだと丁度よい大きさ。

それでいて、幼児が見たい魚や生き物は勢ぞろいしているので楽しめますよ。ポイントを付いてますね。

大きな水族館ではないので、上で紹介した「ペンギンお散歩タイム」や「海人の餌付け」は必ず見るようにしましょう。

我が家が行ったときはありませんでしたが、たまにペンギンタッチ(有料・要予約)もできるそうなので、こういう体験コーナーには参加するのをおすすめします。

「鳥羽水族館」と比較する場合は、下の記事をあわせて読んでみて下さい。▼

【関連】鳥羽水族館はベビーカーでもOK!子連れにやさしい場所

【関連】志摩マリンランドをお得に入場する為の割引チケット&クーポンまとめ

【関連】「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」和室に宿泊した感想・口コミ

【関連】近鉄特急「しまかぜ」のサロン席に乗車。個室やカフェ車両も

【関連】近鉄特急「しまかぜ」の個室座席料金や時刻表、予約について

【関連】近鉄特急2階建てビスタカーのグループ席に乗車してきたよ

【関連】大阪発、子連れで「メナード青山リゾート」1泊2日旅行

【関連】子連れで鳥羽旅行に、ホテルの宿泊は旅館「戸田家」がおすすめ

 

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-お出かけ情報(室内), 子供とお出かけ
-, ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.