おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

ルンバ

2015年製、ルンバ980と885比較。機能や価格、使用感

更新日:

ルンバ980とルンバ885の各本体と付属品

現在、アイロボットファンプログラムの企画モニターに参加し、ロボット掃除機「ルンバ885」をお借りしています。

子育て世代は必須グッズですよ。時短家事に活躍しています。

これまでルンバ885について2記事書いてきました。機能や使ってみた感想、気が付いたことを書いてみます。▼

【関連】ルンバ885の開封し、価格やスペック、付属品について

【関連】ルンバ885レビュー、最大限に発揮させる為の設置場所

3か月使っての感想も書いています▼

【関連】ロボット掃除機「ルンバ885」を3か月使ってみた感想&評価

 

そして以前お借りしていたルンバ980に関する記事も4記事書いています▼

【関連】我が家に最高スペックのルンバ980がやって来た!早速開封

【関連】子育て世代必見!ルンバ980はこんなに凄かった!評価・口コミ

【関連】ルンバ980を最大限に活用するスマホアプリ5つの機能

【関連】ルンバ980を3ヶ月使ってみた感想。良かった点、気になった点

今回は以前お借りしていた最高機種「ルンバ980」と「ルンバ885」を比較してみました。価格の違い以外にもそれぞれに特徴がありますよ。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

表からルンバ980とルンバ885を比較

ルンバ980とルンバ885の各本体

ルンバ980 ルンバ885
シリーズ 800シリーズ 900シリーズ
価格(税抜) 125,000円(税抜) 84,000円(税抜)
重さ 3.9kg 3.8kg
サイズ(cm) 35.3×9.2 35.3×9.2
バッテリーの種類 充電式リチウムイオン電池 充電式リチウムイオン電池
ナビゲーションテクノロジー iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション 高速応答プロセスiAdapt
クリーニングシステム AeroForceクリーニングシステム
+カーペットブースト
AeroForceクリーニングシステム
バッテリー稼働可能時間 最大120分 75分
700シリーズと比較 2倍 1.5倍
自動充電

ルンバ980とルンバ885を比較して表にしてみました。大きさや重さ、バッテリーの種類はほとんど同じです。バッテリーはリチウムイオン、両機種とも長持ちするタイプの電池です。

一番大きく異なるのが価格、税抜きで41,000円も違います(税抜き価格)。この値段の違いはまずiAdaptビジュアライザーというカメラの有無です。この違いは大きい。

 

ルンバ980のカメラセンサーが賢い

ロボット掃除機「ルンバ980」本体

実際に2機とも使ってみて、ルンバ980がより賢い掃除の仕方をするなと感じています。本体中央にカメラセンサーがあるので、部屋を無駄なく掃除しているのを感じますね。

また、本体の裏側右上に「フロアートラッキングセンサー」があり、これで部屋の間取りを認識し自分の居所を推定することができます。980は超ハイテクですね。

それに対しルンバ885はランダムに掃除しています。もちろん885にも人工知能は付いています。

 

吸引力はどちらも優秀

吸引力を見るとルンバ980は吸引力が2倍、ルンバ885は1.5倍です(ルンバ700シリーズと比較)。

吸引力に関しては実際に使ってみて、どちらもすごいというのを感じています。それはルンバの中でも980は最高スペックで、その次が885だからですね。どちらも優秀です。

 

980のカーペットブースト、885の集中清掃

どちらがすごいかとなると980の方が吸引力が強いです。

ルンバ980はカーペットのようにゴミを取りにくい箇所にくると、パワーをアップさせて吸引します。音を聞いても頑張って取ってくれてるなと感じますよ。

それに対し、ルンバ885はカーペットブースト機能はありませんが、清掃中に他に比べて汚れを見つけると何度もそこを往復し集中的にゴミを取り除いてくれます。

かなり深いカーペットではたまに取り残しがあります。これは相当吸引が大変なのでしょうね。現スペックではこのあたりが限界なのでしょう。

充電すると何度か来てカーペットの中のごみを取ろうと頑張っているので、”フル充電”してから使うようにすると取り残しも減ると思います。

 

スポンサーリンク

実感から比較

ルンバ980とルンバ885の各本体

ルンバ980はカメラセンサーもあるので、どこにホームベースを設置してもOKです。最大112畳も掃除してくれるので、一番遠くに離れた場所に設置しても、最後には全部屋を綺麗に清掃してくれています。

もちろんルンバ885も人工知能が付いているので綺麗に掃除をしてくれますよ。

実際使ってみて885は部屋の中で一番ゴミが多いところ、例えばキッチンに置くのが取りこぼしなく清掃してくれることがわかりました。

それについては下の記事をあわせて読んでみてください▼

【関連】ルンバ885レビュー、最大限に発揮させる為の設置場所

それぞれに特徴があります。ルンバ885には設置場所というクセがありますが、両方とも高スペックなので、どちらを買われても満足できると思います。

 

ルンバ980とルンバ885の各本体裏側

段差センサーは両機種とも優秀。クリーニングブラシやゴミの吸い込み方も同じです。700シリーズよりも吸引力が強いのがわかりますよ。自動充電、スケジュール機能、ごみ満タンサインも両方とも付いています。

値段を気にしないのであれば、掃除の仕方と質という面でルンバ980が頭一つ出ている分おすすめです。ただし値段が高すぎるのが難点。

それに対し、ルンバ885は高いけど十分に満足できる範囲です。980よりは高すぎないので実際に買うとなるとこちらになるのかなぁと思います。

その他、細かいところを見ると、ルンバ980の方がデザインがおしゃれですね。本体は流線形で(上の画像参照)、付属品の「バーチャルウォール」も980の方がかっこいいです(下の画像参照)。

ルンバ980とルンバ885のバーチャルウォールの違い

▲左がルンバ980のデュアルバーチャルウォール、右がルンバ885のバーチャルウォール。

ルンバ980の方がすっきりしていてかっこいいです。980の方がデュアル。885はぬぼっとしています。

 

まとめ

ルンバ980と885の各ごみの量

最高機種「ルンバ980」とその次に高スペックの「ルンバ885」を実際に使ってみての比較をご紹介しました。

比較してみましたが、ほとんどの方には両機種を買われることが無いと思うので、それほど気にする必要は無いと思います。どちらも優秀なので。

実際に使ってみてどちらもごみの吸引力も普通の掃除機とは違いますね。ごみ以外にチリや紙の毛、毛玉などすべて取り除いてくれます。

冬のウール素材のセーターなどの毛もたくさん吸い取っている結果を見ると、犬や猫などのペットの毛も吸い取ってくれると思います。

ルンバで掃除をすると、掃除機で吸い取ったのとは違い、少し部屋が綺麗になっています。チリまで吸引してくれているからですね。ルンバのパワーの違いを実感できると思います。

結論としてはルンバはどれもすごいのかなと実感しました。それぞれの機種の特徴を理解していれば最大限に発揮してくれると思います。

結局購入のポイントは価格です。高すぎてもOKという方は掃除の動きに無駄が無いルンバ980で、高いな思われる方はルンバ885が良いのかなと思います。

他にも安いルンバもあるので価格から決めても良いと思います。偽造品が多いので、必ず正規品を買うようにしましょう。

ルンバを買うなら保証・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-ルンバ
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.