おもちゃ・知育玩具 育児

ぷにジェル・ディズニープリンセスセットを購入、親子で作ってみた感想

更新日:

プニジェル・ディズニープリンセスセットのパッケージ

子供が実家に行くと必ず何か買ってもらって帰ってきます。今回買ってもらったのはセガトイズのぷにジェル「ディズニープリンセスセット」でした。

柔らかい素材で半液体を型に流し込み、ぷにぷに・キラキラのチャームを作る手作りアクセサリーセットです。そのディズニープリンセス版があったので買ってもらいました。

既に実家で作っていたのですが、今回残り半分の液体を使って作ってみました。親子で楽しめる遊びです。

日本製で安心の「ぷにジェル・ディズニープリンセスセット」の作り方と作って分かったことをご紹介します。

スポンサーリンク

ぷにジェルの作り方(遊び方)

プニジェル・ディズニープリンセスセットのパッケージ

ぷにジェルというジェルが入っていて、それを型に入れることでチャームなどのアクサリーを作ることができます。

ベーシックセット、ゆめぷにアクセDX、ミッキー&フレンズなど、色々な「ぷにジェル」がありますが、その中から子供はディズニープリンセスセットを選んでいました。

 

ぷにジェルのセット内容

パッケージの中には以下のものが入っています。

セット内容

  • 本体:型
  • ジェル:ピンクゴールド、ブルーシルバー
  • 穴あけ棒:5本
  • イラストパーツ
  • 取扱説明書、作業用マット
  • ラインストーン:6個
  • デコプレート:2枚
  • ボールチェーン:4個

色々なアクセサリーが作れることがセット内容からわかります。

 

ぷにジェルのパッケージに書かれている説明

7種類のかわいいデザインや、ライトストーン、イラストパーツが付いています。

 

ぷにジェルの型(本体)とシール

では、子供と一緒に作ってみます。先に実家で子供が作っていたので、ほとんどを子供に任せて隣で見ることにしました。

左は本体の型、右はシールです。

 

プニジェルのジェル

プニジェルのジェル。①の2か所を押すと左側に流れて、50回以上混ぜます。

 

プニジェルを混ぜる

①を押したことでキラキラした半液体が左に移動し始めました。ここで子供が押したりして混ぜ始めます。

 

プニジェルを混ぜ続ける娘

プニジェルとひたすら押して混ぜ続ける娘。慣れたものです。

 

プニジェルに穴棒を指す

その間に親が穴の棒をさします。右側2箇所をさしました。これをさすことで完成後チェーンなどを通す穴を作ります。液体を通さないようにガードします。

 

プニジェルを型に流し込む

プニジェルを型に流し込みます。すでに横がこぼれ始めていますが、ほとんどお任せで見ていました。

 

プニジェルを次の型に流し込む

次に別の型にも流し込みます。型の大きさはバラバラで、それぞれどれだけの容量がいるのかが書かれていました。

好きな型を選ぶと、残りは後1つか2つしか作れません。合計2~3個だけ作れる量のジェルが入っています。

 

プニジェルを型に流し込みが終了

ジェルの流し込みが終了。一か所右側がこぼれていますが、それ以外は問題なく入れられました。

 

ぷにジェルにディズニープリンセスのシールを入れる

最後にディズニープリンセスのシールをジェルに入れます。ここだけ親がやりました。

シールは裏返して入れましょう。子供が逆に入れてしまいました。

 

プニジェルにディズニープリンセスのシールを入れる

リトルマーメイド・アリエルのシールを裏向けて入れました。つまようじを使うと手が汚れません。

このままで24時間置くと乾き、プニジェルが完成します。

 

プニジェルが完成

プニジェルが完成!24時間経って見てみると、鯛のフランダーが中央からはみ出ています。どうやら乾かす時に、子供が触らないように高い位置に置いた時に移動してしまったようです。

そのまま乾いたので、どれも若干いがんでいますね(苦笑)。しかし子供は全く気にしていないようです(笑)。

 

完成したぷにジェル、リトルマーメイド

穴の棒を引っ張ると綺麗に抜けました。ジェルを流し込みすぎたので端までジェルが出ていますね。

これはハサミで切れるのでそれなりに修正できました。最後に棒を外せば完成です。

 

スポンサーリンク

作ってみてわかったことや感想

完成したぷにジェル、リトルマーメイド

子供が作るとこのようにジェルを流し込みしすぎるので、はみ出して固まったり、絵が逆だったり、絵が液体の奥だったりしました。

はみ出したのはハサミで切ればOKですが、キャラクターシールが奥過ぎると、このようにアリエルの顔がぼやけてわかりにくくなってしまいます。

シールを出来るだけ前方に持ってくるようにしましょう。それが分かったので、次回は先にシールを入れてからジェルを流そうとしましたが、シールが指にくっ付くので、やはり後の方がやりやすいですね。

今回5歳半の子供がほとんど作りましたが、なかなか器用に作っています。親はほとんど見ているだけでした。同年代だと遊べると思います(対象年齢は6歳以上になっています)。

 

プニジェル、ミニーのリボン柄

成功するとこのように綺麗な「ぷにジェル」が完成します。ミニーのリボン柄。チェーンを通すとカバンなどにも付けられます。

 

スポンサーリンク

まとめ

セガトイズの「ぷにジェル」ディズニープリンセスセットを作ってみた様子と親子で遊んでいた感想やわかったことをご紹介しました。

最近はアクセサリー好きなので、それが自分で作れるのは嬉しいようです。やりがいがありますね。

子供だけでそこそこ出来るので親としては見ているだけでOKでした。2回目だったからかもしれません。

楽しいのですが、ジェルが2袋しか入っていないので、次から別に買わないといけないのがチョット……。割高感がありますね、もう少し入っていたらいいのにと思いました。調べてみると別売りジェルもあります。

5歳から遊びがアクアビーズだったり、ぷにジェルだったりと、手作りキットが増えてきています。子供の手先がより器用になってきているのを感じています。

【関連】「はじめてのアクアビーズ」を購入、親子で作ってみた感想

【関連】アクアビーズ公式でイラストシートの印刷やオリジナル図案が作れる

【関連】人生ゲームの遊び方やルール、幼児と遊んでみた感想

【関連】ドイツ製ニック社の機織り機イネスを購入、子供と遊んでみたよ

【関連】我が家がオススメする4歳で遊んだおもちゃ10以上まとめ

【関連】11人のディズニープリンセス登場!マジカルポップアップは2段階のしかけ絵本

スポンサーリンク

-おもちゃ・知育玩具, 育児
-,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.