青汁

これまで飲んできた有機青汁・無添加青汁の比較ランキング

更新日:

サンスター粉末青汁「健康道場」パッケージ

有機青汁、無添加青汁に限定して青汁を飲み比べしています。

我が家夫婦は40歳代に突入し、風邪を引きやすい、そして治りにくい、健康診断の結果が複数引っかかるなど、健康面で色々と気になることが増えてきました。

なぜそれが気になるのかというと、1日に必要な野菜の摂取量350gをクリアしていないような気がするのです。健康を気にして野菜を食べる方なのですが、それでも食べているのは晩御飯だけ。

朝ご飯と昼ごはんを見ると、それほど重要視していないところがありました。それが長年続いているので、野菜摂取量も毎日少しだけ不足しているそんな日々が続いていたのです。それだと意味がありません。

今のリズムを変更するのは難しい。ではどうすれば良いのかと話し合った所、青汁がいいのではないかという結論に達しました。折角始めるのだから糖分の入った甘味のある青汁ではなく、無添加で、できるだけ有機青汁にしようということになりました。

実際に調べてみると、青汁というのは本当にたくさんの種類がありすぎてよくわかりません。ならば気になるものから順番に飲み比べしていこうということになりスタート。飲み比べることで色々わかってきたことがあります。

今回はこれまで飲んできた有機青汁・無添加青汁を飲んで良かったもの続けてみたいものを比較して記録しています。今後も試して飲み続けていくので、この記事は随時更新し続けます。

有機青汁・無添加青汁限定の青汁で何を選んだらよいのかわからないという方は参考にしてください。

スポンサーリンク

1位:サンスター健康道場「粉末青汁」

サンスター粉末青汁「健康道場」パッケージ

サンスター健康道場シリーズの「粉末青汁」。無添加だけに野菜以外は何も入っていません。1位にしたのには以下の理由があります。

特徴

  • 無添加青汁:添加物なし
  • 5種類の国産野菜
  • 1袋に10gも入っている
  • 30袋入り
  • 価格:4,500円(税抜)/定期購入は10%オフ
  • 初回特典:送料無料、ハンディスチーマー付き
  • 1袋あたり133円(定期便の場合)

原材料名・産地

  • ブロッコリー:宮崎、鹿児島、岡山、北海道
  • ケール:宮崎、大分、熊本、島根、静岡
  • 大麦若葉:福岡、大分、熊本
  • 明日葉:東京八丈島
  • モロヘイヤ:島根

追記:5種類の野菜の産地がわかるようになったので追記しています

青汁で使われるケール、若葉、明日葉以外に、モロヘイヤとブロッコリーが入っているのが特徴です。

ブロッコリーには生活習慣病をブロックする役目があるので、できるだけ毎日摂り続けたい野菜です。健康診断に引っかかっている方にピッタリです。

1位にした理由

サンスター粉末青汁「健康道場」個別包装

サンスターの健康道場「粉末青汁」をおすすめする最大の理由は、青汁の粉末は1袋に付き3gしか入っていないのが一般的ですが、この「粉末青汁」は10gも入っているからです。

他の青汁より約3倍の青汁を一度に摂ることができるのです。

価格は初回4,500円(2回目の定期購入なら4,000円以下)は一見高く感じるかもしれません。

しかし、他の青汁より野菜の種類が豊富で栄養のバランスが良いのと、約3倍分入っていること、そして完全無添加なのを総合すると、逆にコスパが高いと感じています。

定期便なら1日133円。お昼にコンビニおやつやデザート1つ分、缶コーヒーぐらいの金額です。僕はこれをやめて粉末青汁の予算を捻出し、毎日摂るようにしました。

日本人は73gほど毎日不足しているそうですが、この粉末青汁で100gの野菜を摂ることができるので、毎日の野菜不足が解消できます

他の青汁は1日に2~3袋飲むことが推奨されているのに対し、1日1袋だけで充分に栄養成分をクリアできるサントリー「粉末青汁」は、健康面、栄養価、経済面のあらゆる面から満足できる青汁です。

青汁を飲んだとういう満足感だけならジュースタイプでOK。しかし、本当に健康になりたい(健康診断を正常にしたい)、ダイエットしたい、便秘を解消したいという本気で目指したい方にはぜひ試してもらいたい青汁です。

 

 

スポンサーリンク

2位:国産有機青汁「四重奏」

国産有機青汁「四重奏」(プロスペリティ)のパッケージ

初めて飲んだ青汁がこの有機青汁「四重奏」です。初回からインパクトがありました。

特徴

  • 有機無添加青汁
  • 有機JASマーク入り
  • 4種類の国産青汁
  • 原産地までわかる
  • 30袋入り
  • 価格:3,000円前後
  • 1袋あたり約100円

原材料

  • 有機大麦若葉:大分県
  • 有機ケール:大分県
  • 有機桑の葉:島根県
  • 有機はと麦若葉:島根県

国産の有機青汁で、しかも原産地まで知ることができます。そして無添加、言うことなしですね。有機JASマーク付きで信頼できる有機青汁です。

四重奏という名前は4つの野菜が合わさっているから。ただし明日葉だけ入っていません。

Amazonや楽天で売られているので買いやすいのも特徴です。ただし1袋3gしか入っていないので、1日1~2袋飲む必要があります。

詳細については下の記事をあわせて読んでみて下さい▼

【関連】野菜不足の解消に、国産有機青汁「四重奏」を始めました

 

スポンサーリンク

4位:ユニマットリケン「有機栽培の青汁」

ユニマットリケン「有機栽培の青汁」外箱

ユニマットリケン「有機栽培の青汁」です。

特徴

  • 有機青汁、無添加青汁
  • 国産の有機大麦若葉
  • 1種類のみ
  • 保存料・香料・着色料無添加
  • 1袋3g

原材料名

  • 有機大麦若葉末

国産の有機大麦若葉だけが入った完全無添加青汁です。シンプルでわかりやすいですね。

量が3gだけなのと、有機大麦若葉1種類だけしか入っていないので、オーガニックの中では比較的安いです。気軽に始められる安全安心の青汁です。多少粒子が荒いですが、すぐなれます。

青汁は長く続けることが重要、Amazonプライムの定期便で売られているので、買いやすくて長く続けられますね。60gの方がお得です。

【関連】ユニマットリケン「有機栽培の青汁」の特徴や飲んでみた感想

 

4位:ファンケル「本搾り青汁ベーシック」

ファンケル「本搾り青汁ベーシック」

ファンケルの「本搾り青汁ベーシック」。着色料、食塩、保存料、香料無添加です。

特徴

  • 無添加青汁
  • 国産野菜ケールのみ(産地:愛媛・長野・鹿児島)
  • ベーシックは1袋に4.5g入っている
  • 1食分の野菜量が摂れる(1日の1/3の野菜)

 

原材料名

  • ケール(国内産)
  • 水溶性食物繊維
  • でんぷん分解物
  • DFAⅢ:オリゴ糖

野菜は国産のミネラル農法のケールの1種類。その他水溶性食物繊維、でんぷん分解物、オリゴ糖が入っています。

青汁は野菜のみというこだわりが無い方にはおすすめです。野菜だけでは不足気味の水溶性食物繊維も摂れるので、バランスの良い青汁と言えますね。

他社は粉末が3gの所、この青汁ベーシックは4.5g入っています。やはり実際に飲んでみると濃いですよ。

現在、お試しセット:10袋×2つで780円(送料込み)と、僕が買った時よりもお得になっています。

WEBサイト:ファンケル 本搾り青汁

【関連】ファンケル「本搾り青汁ベーシック」の特徴や飲んでみた感想

5位:河村農園の有機栽培「青汁ミックス」

有機栽培「青汁ミックス」のパッケージ

河村農園の有機栽培「青汁ミックス」を購入。野菜中心で、オリゴ糖やデキストリンなども追加されていない完全無添加です。

特徴

  • 有機青汁・無添加青汁
  • 国産野菜
  • 有機JASマーク入り
  • 1袋3g、30袋入り

原材料名

  • 有機大麦若葉
  • 有機緑茶
  • 有機ケール
  • 有機桑の葉

有機青汁であり、無添加青汁、国産野菜&完全無添加で言うこと無しです。しかし、1袋3gだけなのと、手軽に買えないという点がマイナスポイントです。

後は、緑茶が入っているので妊娠中の方は控えた方が良いかもしれません。通販でもなかなか手に入らないので、偶然見かけたら買ってみて下さい。

【関連】河村農園の有機栽培「青汁ミックス」の特徴や飲んでいた感想

 

6位:有機JAS極選青汁「三ツ星青汁レストラン」

「三ツ星青汁レストラン 極選青汁」トライアルセット

有機JASマーク入りの極選青汁「三ツ星青汁レストラン」。モンドセレクションを受賞しています。

他の青汁よりもたくさんの野菜が入っている点が特徴です。

特徴

  • 有機無添加青汁
  • 有機JASマーク付き(ただしすべての野菜ではない)
  • 8種類の野菜
  • モンドセレクション受賞
  • 価格①:トライアルセット10袋500円(税抜)
  • 価格②:初回限定60袋4,000円(税抜)

 

原材料名

  • 有機大麦若葉
  • 明日葉
  • キャンドブッシュ
  • 有機キダチアロエ
  • 有機アガベイヌリン
  • 有機黒糖
  • 長命草
  • 有機ごま若葉

この青汁はすべてが有機という訳ではありません。有機~となっているものだけオーガニックです。

また、これまでの青汁は葉のみでしたが、これは有機黒糖で味付けしている点が特徴。どうしても青汁が苦手、でも無添加がいいという方にはオススメです。

初回価格が安いということで始めやすい青汁と言えます。

【関連】有機JAS「三ツ星青汁レストラン」お試しセットを飲んでみた感想

WEBサイト>>三ツ星青汁レストラン

 

7位:ライフナチュラル「九州産野菜の有機青汁」

ライフナチュラル「九州産野菜の有機青汁」パッケージ

関西のスーパーマーケット「ライフ」で販売されている「九州産野菜の有機青汁」です。関西の方しか買えないのと通販が無いので順位を下げました。

特徴

  • 有機無添加青汁
  • 有機JASマーク付き
  • 九州産の野菜を使用
  • 20袋入り
  • スーパー「ライフ」でしか買えない

原材料名

  • 有機大麦若葉
  • 有機ケール
  • 難消化性デキストリン

価格がとても安い理由は、有機大麦若葉と有機ケールしか入っていないのと、20袋しか入っていないからです。(他の青汁は30袋1か月分入っている)

両方とも元祖青汁の葉なので、わかりやすいですね。野菜の種類が少ないほど、青汁の価格は安くなる傾向があります。

飲みやすさを調節する働きがある「難消化性デキストリン」が入っています。

国産でしかも九州産の有機野菜が入ってるのが表記されているので安心して始められます。

【関連】ライフナチュラル「九州産野菜の有機青汁」を飲んでみたよ

 

8位:マイケア「ふるさと青汁」

「ふるさと青汁」パッケージ

マイケア「ふるさと青汁」は有機野菜ではありませんが無添加青汁なので購入しました。

特徴

  • 無添加青汁
  • 国内産野菜使用
  • 原産地も表記
  • 30包
  • 全額返金保証付き
  • 価格:3,420円(税抜)+サンプル2週間分付き

原材料名

  • 明日葉の葉茎根:八丈島産
  • 難消化デキストリン
  • 直鎖オリゴ糖
  • 桑の葉:島根県産
  • 大麦若葉:熊本県産

八丈島産の明日葉が入っていて、しかも明日葉の根や茎まで入っているのが特徴です。カルコンは生命力にあふれてますね。こちらも難消化デキストリンが入っています。

飲みやすいようにオリゴ糖で味付けされているので、青汁が苦手な方にも最適です。

お試しがありません。安く買う場合は一度「とくとく便」に入会しないといけません。もし気軽にお試し購入できれば、もう少し順位を上げるところですが、退会もしづらかったので順位を下げています。

まず「とくとく便」の解約をし、その後にインターネット退会すればOKです。2段階になっています。ご注意ください。

【関連】通販「ふるさと青汁」の成分とその効果、飲んでみた感想

WEBサイト>>ふるさと青汁

 

9位:ナチュラルサイエンス「桑の葉美人青汁」

桑の葉美人青汁のお試し7包セットパッケージ

ナチュラルサイエンス「桑の葉美人青汁」。野菜は桑の葉のみ使用しています。

特徴

  • 有機肥料で栽培された桑の葉
  • 桑の葉は鹿児島県産100%使用
  • 保存料、香料、食塩、着色料無添加
  • ノンカフェイン、放射能検査済み
  • 便秘解消を目的(乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖)

無添加ではありますが、青汁以外に乳酸菌やオリゴ糖などが入っています。

原材料

  • 桑葉粉末
  • フラクトオリゴ糖
  • グアーガム酵素分解物
  • 植物性乳酸菌
  • デキストリン

野菜は桑の葉しか入っていません。野菜不足解消を目的としている方には少し物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、便秘解消を第一に考えておられる方には、最適な青汁だと思います。

「美人」とあるだけに、便秘を解消し体内から元気になろうという青汁です。乳酸菌が100億個も入っています。

【関連】ナチュラルサイエンス「桑の葉美人青汁」の特徴や飲んでみた感想

WEBサイト>>桑の葉美人青汁

 

10位:厳選5種九州産野菜青汁

ミック「厳選5種九州産野菜青汁」パッケージ

九州産野菜だけが入っている青汁です。野菜以外に食物繊維やオリゴ糖などが入っています。株式会社ミック。

特徴

  • 無添加青汁
  • 九州産野菜を使用
  • 香料・着色料無添加
  • 30包
  • 価格:1,000円前後
  • 腸を整えるオリゴ糖などが入っている

 

原材料名

  • 大麦若葉末
  • 難消化性デキストリン
  • ケール末
  • 明日葉末
  • 桑の葉末
  • ゴーヤ末
  • トレハロース
  • 環状オリゴ糖

5種類の九州産野菜が貼っている青汁。国内産で、九州産と書かれているのは安心できる材料です。

無添加ですが、難消化性デキストリンやトレハロース、オリゴ糖が入っているので、野菜不足解消もありますが、どちらかというと腸を整えたい方向けかなと思います。

30袋も入っていますが、比較的お求め安い価格なので、始めやすいですね。

【関連】「厳選5種九州産野菜青汁」の特徴や飲んでみた感想

 

まとめ

有機青汁や無添加青汁をこれまで試してきて、良かった順にランキング形式でご紹介しました(個人の感想です)。今後も試していくので、増え続ける予定です。

重要なポイントは、原材料名、有機であるか、無添加であるか、国内産表記があるか、野菜の種類や数など色々です。これらが総合的に合わさって価格の違いが出ています。

当然1~2種類しか野菜が入っていなければ例えオーガニックであっても安くなります。上のように総合的に評価の高い青汁が入っている場合は価格が高くなります。

どれも無添加青汁なので青汁独特の味ですが、最初からそのつもりで飲んでいるので、全く問題ありません。

どうしても気になる方は牛乳やヨーグルト、おかずに混ぜて飲んだり、食べたりしてみるのが良いと思います

有機青汁・無添加青汁限定の青汁で何を選んだらよいのかわからないという方は参考の一つにしてください。

スポンサーリンク

-青汁

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.