幼稚園 育児

入園準備必須!名前付け6種類の一長一短。シール・スタンプなど

更新日:

ネームスタンプ(ハンコ)

幼稚園や保育園の入園準備として避けて通れないのが「名前付け」です。この名前つけは子供が持って行くもの全てに必要なので、出来るだけ楽して終えたい方も多いはず。実際ウチもそう考えました。

名前付けは色々な方法があります。我が家は油性マジック・布製お名前アイロンプリント・ネームテープ・アップリケ類・名前スタンプ(ハンコ)・お名前シールの6種類で試しました

この6つを実際使ってみてわかったことをまとめてご紹介します。どちらも一長一短ありますよ。

スポンサーリンク

1.油性マジック

名前ペン(ネームペン)・油性マジック

まずは油性マジック。名前ペンやネームペンと呼ばれています。「極細」と「細」の滲まないと書かれているペンを購入しました。

良い点と気になる点に分けてみました。

油性マジック(名前ペン)の良い点

  • 手に入りやすい
  • 安価である
  • 手軽にすぐに名前を書ける
  • 手書きは味がある

 

油性マジック(名前ペン)の気になる点

  • 物によっては滲む(下着の内側についているネームタグ等)
  • お弁当箱や水筒には消えてしまう

 

油性マジック(名前ペン)を使ってみての感想

手軽で便利ですが、弁当箱や水筒は何度も洗ったりするので、少しずつ薄くなります。消えるごとに書きたす必要がありますね。

 

スポンサーリンク

2.布製お名前アイロンプリント

布製お名前アイロンプリント

子供が覚えやすいように「りんご」マーク入りアイロンプリントを購入しました。名前もプリントされて綺麗ですよ。

 

布製お名前アイロンプリントの良い点

  • 字が綺麗で読みやすい
  • 可愛いアイコンを選ぶことが出来る
  • 柄に埋もれない
  • 見た目が綺麗
  • はがせる

 

布製お名前アイロンプリントの気になる点

  • お求め安いものから値が張るものまで色々ある
  • 自分でハサミで切る必要がある(すでにカットされているのはより高額)
  • アイロンで貼る手間あり
  • 注文してから納品まで時間がかかる
  • 量を用意する必要あり。下着などにも付けるとすぐなくなる

 

「布製お名前アイロンプリント」を使ってみての感想

説明書き通り、アイロンで貼っても洗濯する前からはがれてきたりしました。結局、両端をミシンで縫い付けることになります。

ただし、タオル地のものはミシンで縫いつけなくても未だにはがれていません。(何回も洗濯しても大丈夫)。制服にはこれを使ったほうがいい様な気がしました。

下のはベルメゾンで人気の「お名前シール」です▼

 

 

スポンサーリンク

3.ネームテープ(アイロン貼り付け)

ネームテープ(アイロン)

好きな長さに自分でカット出来る白布タイプ。これもアイロンで貼り付けます。

 

ネームテープの良い点

  • 安価である
  • 手に入りやすい。ホームセンターにもあり
  • 好きな大きさにカット出来る
  • 油性ペンで書いても滲まない

 

ネームテープの気になる点

  • アイロンで貼る手間あり
  • 名前を書く必要あり
  • はじめの名前付けは枚数が必要なので、あまり適さないかも

 

ネームテープを使ってみての感想

「2.布製お名前アイロンプリント」と同様、アイロンで貼り付けるので、はがれてきやすいのが特徴。ミシンで縫い付ける方が安心です。

「2」と異なるのは名前を自分で書かないと行けないというのはありますが、安くてすぐ手に入るで気軽ですね。

 

4.アップリケ類(アイロン貼り付け)

アップリケ類・アイロンプリント

2~3と同様、アップリケ類もアイロン貼り付け。ひらがな(名前)のアップリケもあります。

ひらがなタイプは幼稚園のスモックに使用しています。ひらがなを一文字ずつ貼り付けてフルネームに。

 

アップリケ類良い点

  • スモック・体操服に名前を簡単に付けられる(ひらがなアップリケ)
  • 可愛くできて子供も自分のものだとわかりやすい

 

アップリケ類の気になる点

  • アイロンで貼る手間あり
  • 洗濯するとはがれてくるので、結局まつり縫いなどで縫いつけが必要となる

 

アップリケ類使ってみた感想

2と3でも書きましたが、アイロンで貼り付けるタイプはやはりはがれてきます。端を縫い付ける必要があります。

 

5.名前スタンプ(ネームスタンプ・はんこ)

ネームスタンプ(ハンコ)

スタンプ台で押すタイプ。楽天「印鑑はんこSHOPハンコズ」で特大から特小まで11種類入っているものを購入しました。

ハンコは2種類だけですが、大きさが異なります。左の猫やリンゴ、赤のインクは別に購入しました。

 

名前スタンプ(ハンコ)の良い点

  • お求め安い
  • 減らない(シフレみたいに)
  • 字が綺麗

 

名前スタンプ(ハンコ)の気になる点

  • 注文から納期まで名前が入るので時間がかかる
  • 布用インクを使用しても上からアイロンをする必要あり(定着のため)
  • 実はあまり名前が目立たないような気がする
  • 柄に埋もれる
  • 押すのに少しコツがいる場合もある(小さいハンコは字が潰れやすい)

 

名前スタンプ(ハンコ)を使ってみての感想

入れ物が可愛い!一番大きな名前スタンプが便利でよく使っています。洗濯すると少しは字が薄くなりますが、読める範囲でした。

 

6.お名前シール

お名前シール(ネームシール)

左はキティちゃんなのでサンリオで、右のワンワン&うーたんは100円ショップセリアで購入しました。

お名前シールの良い点

  • 思ったより水に強く、何度洗っても剥がれてこない
  • お求め安い価格

 

お名前シール気になる点

  • 業者に注文すれば、名前が入る分納期までに少し時間がかかる

 

お名前シール使ってみての感想

水に強いラミネートシールです。100均でもキャラクター入りお名前シールが複数売られているんで助かります。

 

まとめ

名前付けの6種類の方法、油性マジック・布製お名前アイロンプリント・ネームテープ・アップリケ類・名前スタンプ(ハンコ)・お名前シールをご紹介しました。

布製お名前アイロンプリント・ネームテープ・アップリケ類は3つともアイロンで貼り付けるものなので、大きく分けると4つになりますね。

結局、これ一つあれば全てOK!というものはありませんでした。素材や用途に合わせてアイロンシールやハンコ、マジックなどを使い分けた方が良いと思います。

ただ、何のこだわりもないのであれば、油性マジックがあればそれが一番安くて早く名前をつけることが出来ます。後から名前を追加することがあってもすぐに対応が可能です。

これで名前付けが終わったと思ったら、また追加、また追加としばらくは続きますよ。全ての名前を書き終わり、落ち着くまでに結構かかります。

小学生の子供がいるお母様方に聞いた所、はじめはハンコとか色々使って名前を付けたけど、それを出すのも大変になり、結局「マジックが一番良い」という答えでした。
せっかく買ったハンコなどを出すのも面倒になってくるようです(笑)。

ちなみに我が家は、制服類は「お名前アイロンプリント」、道具類は「油性マジック」、お弁当箱・水筒類は「お名前シール」&「油性マジック」、下着や靴下類は「ハンコ」、スモッグや体操服は「アップリケ類」という結果になりました。

好み、時間、手間を総合判断して決めると良いでしょう。参考になれば幸いです。

【関連】幼児向けの家庭学習教材5社を比較。気になる料金・対象年齢・添削など

【関連】3歳から幼稚園に。子供が遊びを通じて成長したこと3つ

【関連】3歳児が幼稚園に行って1ヶ月。何が変わったかをまとめてみました

【関連】幼稚園や保育園に行きたがらない!嫌がる園児には声掛けで解消

【関連】リュックのまま着られるミキハウスの幼稚園用レインコート

【関連】[幼稚園・保育園]お弁当の食材はビオマルシェのお惣菜&冷凍食品が安心

スポンサーリンク

-幼稚園, 育児
-, ,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.