兵庫・神戸のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

尼崎市「元浜緑地」の木製アスレチック遊具で遊んできたよ

投稿日:

元浜緑地の木製アスレチック遊具、ぐるっと1周できる

いつも子供と遊具公園に遊びに行っています。これまでの記事は下にまとめています。あわせて読んでみてください。

【関連】兵庫県・神戸の子供向け大型遊具公園&広場、まとめ

【関連】大阪から行ける子供向けの大型遊具公園&広場30箇所以上まとめ

子供と兵庫県尼崎市にある「元浜緑地」に遊びに行ってきました。ここはアスレチック遊具や芝生広場、夏はわんぱく池で水遊びをすることができます。

今回の目的はアスレチック遊具(修理期間は終了しました)。想像以上に本格的な木製遊具でしたよ。色々な遊び方ができるので、何度も楽しめます。

元浜緑地の行き方(アクセス)、駐車場、木製アスレチック遊具、わんぱく池など、まとめてご紹介します。

スポンサーリンク

元浜緑地アクセス

  • 住所:兵庫県尼崎市元浜町1丁目 及び 尼崎市道意町6丁目

交通アクセス

阪神電車「尼崎センタープール前駅」

  • 最寄駅:阪神電車「尼崎センタープール前駅」より徒歩11分
  • JR神戸線「立花駅(上)」から阪神バス30番「武庫川」行きに乗り「リサーチコア前」下車

梅田から行く場合は、急行で「尼崎駅」まで行き、普通に乗り換えましょう。最初から普通で行くと結構時間がかかるので注意。

我が家は「尼崎センタープール前駅」から徒歩で行きました。行き方はそれほど難しくありません。唯一難しいのは阪神高速3号神戸線を越える必要があることです。

この阪神高速3号神戸線を越えるには、そのまま南に行き交差点の横断歩道を渡るか、途中に歩道橋があるのでその上を越えるかのどちらかです。

行きは歩道橋を越えました。高速の上の歩道橋なので少し高いのですが、道幅が結構あったので怖くはありませんでした。

歩道橋は苦手という方は駅からそのまま南に行き、道意公園を右折、物流倉庫を越えれば「元浜緑地」に到着します。

 

駐車場

元浜緑地の駐車場地図

元浜緑地は東西2つに分かれています。その中央に駐車場入口があります(上の地図参照)。

 

元浜緑地の駐車場入口

駐車場入口。なんと元浜緑地の丘の下側に入る形になっています。

駐車料金

  • 1時間未満:無料
  • 1時間~6時間未満:500円(普通車)、1,000円(大型車)
  • 6時間~7時間未満:600円(普通車)、1,200円(大型車)
  • 7時間~8時間未満:700円(普通車)、1,400円(大型車)
  • 8時間以上:800円(普通車)、1,600円(大型車)

参考:尼崎市施設MAP

普通車と大型車では駐車料金が異なっています。

 

元浜緑地の駐車場内の様子

駐車場内の様子。自販機の方に行くと元浜緑地に行けます。

 

元浜緑地の駐車場出口から芝生広場に出る道

駐車場は地下にあるような感じ。出口からは芝生広場の目の前に出られます。

 

スポンサーリンク

木製アスレチック遊具やローラー滑り台を中心に遊んできました

元浜緑地の芝生広場

入口を入ると芝生広場があります。結構広くて木製の机やチェアもあります。暑かったので簡易テントを設置している家族が多かったです。

 

元浜緑地の芝生広場、木が目印

反対側から芝生広場を撮影。大きな木が目印になっています。結構広くてボール遊びも楽しめますよ。

 

元浜緑地のバスケットボールコート

端にはバスケットボールコートもありました。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具で遊ぶ娘。縄の梯子を登る様子

ここからは木製アスレチック遊具の紹介です。先ほどの駐車場の上が遊具になっています。縄はしごを上っていく娘の様子。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、上り棒で遊ぶ

くるくる上り下りできる遊具やその横に上り棒があります。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、揺れる梯子を渡る

梯子が上下に揺れるので注意深くわたりましょう。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具の全体の様子

上から見るとこんな感じ。一方通行ではなく色々な道があるのが特徴。一度遊んでも次は違う行き方ができますよ。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、木と木の間に隙間がある梯子を渡る

木と木の間に隙間があるハシゴ。よくできたアスレチック遊具です。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具上にあるローラー滑り台

ローラー滑り台は合計3つあります。下に敷くソリスライダーを持ってきて良かった。

 

元浜緑地「ローラー滑り台」下から撮影

右側にある赤色のローラー滑り台は一番長い滑り台。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具「ローラー滑り台」

ローラー滑り台は木下を通るようになっています。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具「わんぱくとりで」

丘の上は「わんぱくとりで」や屋根が付いた休憩所があります。その「わんぱくとりで」の向こう側に行くと別のローラー滑り台がありました。

 

元浜緑地「ローラー滑り台」2つ

「わんぱくとりで」から2方向緑色と青色の2つのローラー滑り台になっています。こちらはクネクネしたタイプと距離が短いタイプになっています。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、丸太を渡る

一番上に行かなくても下側の木製アスレチック遊具でもぐるっと1周できます。丸太を渡る様子。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、木の梯子を渡る

木製の梯子で坂を上っていきます。綺麗に修理されていました。

 

元浜緑地の木製アスレチック遊具、ぐるっと1周できる

何度も何度もこのコースを回っている娘。色々な仕掛けがあるので楽しいようです。

 

元浜緑地小さな子供向けの遊具

丘の上に小さな子供向けの滑り台と動物の乗り物の遊具もありました。手前には砂場もあります。

 

元浜緑地のトイレ

赤色のローラー滑り台の前にトイレ。自販機は駐車場の中に入ってすぐと連絡橋の所にありました。

 

スポンサーリンク

水遊び場「わんぱく池」(夏季限定)

元浜緑地「わんぱく池」(夏季限定)

夏季限定ですが「わんぱく池」という水遊び場があります。場所は元浜緑地の西側。丘の上から西側に行ける連絡橋があり、そこを越えるとあります。

  • 時期:6月上旬から9月上旬まで
  • 休園日:月曜日と悪天候の時
  • 利用時間:9時~17時

更衣室はありませんが、簡易シャワーはあります。この「わんぱく池」がある時期は特に駐車場がすぐに満車になってしまうので注意しましょう。

ここの水は井戸水を使っているそうで、とても綺麗ですよ。元浜緑地内にある小川もとても綺麗な水が流れていました。夏になると上の写真の場所で水遊びができます。

 

元浜緑地「船の木製遊具」

わんぱく池の前に船の形をした木製遊具もありました。

 

元浜緑地「もみじ池」

西側には「もみじ池」という池もあります。

 

最後に

元浜緑地の芝生広場とブランコ

兵庫県尼崎市の「元浜緑地」の木製アスレチック遊具やローラー滑り台を中心に、芝生広場、アクセス、駐車場などあわせてご紹介しました。

子供は午前中でアスレチック遊具を制覇したので、これで終わりかと思ったら、また違った道から遊び始めたりと色々な遊び方ができる公園だなと感じました。

なかなかこのような本格的な木製アスレチック遊具は無いので行って良かったです。芝生広場や木陰もあるのでゆったりとした開放感もありますよ。

家族でお弁当を持ってピクニックがてら複数ある遊具で遊べるので、半日から丸一日遊べます。ジュースやアイスの自動販売機やトイレも設置されているので助かりました。

コンビニは近くになかったので、途中でサンドイッチやおにぎりを買ってくるようにしましょう。

【関連】兵庫県・神戸の子供向け大型遊具公園&広場、まとめ

【関連】大阪から行ける子供向けの大型遊具公園&広場30箇所以上まとめ

【関連】[神戸・兵庫県]雨でもOK!子供や赤ちゃんと楽しめる室内遊び場まとめ

スポンサーリンク

-兵庫・神戸のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.