育児 赤ちゃん・子供用品

1歳児の1st&2ndシューズはミキハウスの靴をオススメする理由

更新日:

我が家のミキハウス歴代シューズ

我が家は、子供がファーストシューズの頃からずっとミキハウス(miki house)のシューズ(靴)を履いています(プレゼント1足を除く)。

メーカーは特に決めていたわけではありませんでしたが、きちんとサイズを計ってくれたこともあり決めました。

ずっと履いていくうちに、親も子供も満足できる靴だったので、0.5cm毎の買い替えにはかならずミキハウスにするようにしています。負担のない足の成長が重要ですからね。

ミキハウスシューズ(ファーストシューズ&セカンドシューズ)の特徴と、その違いについてお店の方に聞いてきたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ミキハウスの特徴をお店の方に聞いてみた

我が家のミキハウス歴代シューズ

我が家が気に入って使っているミキハウス・シューズは、どのように考えられて作っているのか、スタッフに聞いてみました。

セカンドシューズ(ファーストシューズ以降)の特徴

  • 親が履かせやすい
  • 子供自身が履きやすい
  • 靴の踵(かかと)が固い
  • 歩き方の癖が無くなる
  • 足が曲がる個所で、靴も曲がるようになっている
  • 足の甲が高くても低くても、マジックテープで調節が出来る
  • 靴の裏の切り込みが多いので、蹴りやすい
  • ハイカット。横にテーピングが固定されている。安定を高める

話をお聞きして、なるほどそうだったのかと。確かにそうなってるなと実感しました。

子供には足の甲の高低差はそれぞれ違うので、マジックテープでの固定は確かに助かってます。それは親も履かせやすいし、子供自身も履きやすい結果になっているのでしょう。

この中で特に強調されていたのが、靴のかかとの部分が固いということです。子供のかかとはとても柔らかいので、靴のかかとの部分がガードしているそうです。

これは子供の成長期に特に重要だということがわかりました。固くてハイカットで守られていることも理由の一つですね。

以上がセカンドシューズ以降の特徴になります。

 

スポンサーリンク

ファーストシューズとセカンドシューズの違い

ミキハウス・ファーストシューズ

では、ファーストシューズとはどこが違うのかお聞きしてみると…

  • 軽さを重視しているので、靴の裏がツルツルしている

なんと、違いはこれでけだそうです。高機能な特徴は、セカンドシューズ以降にも同様に引き継がれているということです。

確かにファーストシューズはツルツルしてます。それが軽量化するためだけのものだったとは初めて知りました。

ファーストシューズと言えばどんどん歩くっていうよりは、靴に慣れるということが重視されています

 

スポンサーリンク

最後に・まとめ

先日、今より0.5cm大きいサイズの靴を買いに行った時に、ファーストシューズ&セカンドシューズの特徴とその違いについて、お店の方にお聞きしました。

この情報を知る前からミキハウスのシューズを気に入っておりリピーターになっていましたが、この情報をさらに知ると、これで良かったんだという安堵感はありました。

どんな靴を履いてももちろん歩けますが、子供の柔らかい足を守ったり、歩き方の癖が無くなるという事は、キッズシューズの最も重要な特徴であると感じました。今後の子供の靴選びの参考にしてみてください。

公式オンラインショップ>>ミキハウス

【関連】リュックのまま着られるミキハウスの幼稚園用レインコート

【関連】軽くて歩きやすい!「ミキハウス×ミズノ」コラボシューズ

【関連】ファミリア×アシックスコラボシューズはプレゼントに最適

 

スポンサーリンク

-育児, 赤ちゃん・子供用品
-, ,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.