大阪のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

レゴランドディスカバリーセンター大阪を満喫する7つの準備

更新日:

「レゴランドディスカバリーセンター大阪」の記念写真とレゴ、バッジ

年間パスポートを購入しているので子供の遊び場「レゴランド・ディスカバリーセンター大阪」には月に1回ほど行っています。特に雨の日には助かっています。

オープン当初は混雑が凄すぎて行くのを避けていましたが、最近は混雑もひと段落して、入館しやすくなりました。ただ、館内が元々狭いので、昼を過ぎると満員になってしまいます。

毎月遊びにいってわかったことを中心に書いてみます。「レゴランドディスカバリーセンター」攻略法、満喫するための7つの準備をご紹介します。

スポンサーリンク

1.アクセス(行き方)

場所は大阪市営地下鉄・中央線「大阪港駅」から徒歩5分。大阪港駅からはみんなが向かう湾岸方向に行くと着きます。

土日祝は大阪市営地下鉄の一日乗り放題チケット「エンジョイエコカード」が600円とお得ですよ。詳しくは下の記事をどうぞ▼

 

レゴで作られたキリン・天保山

途中まで行くと観覧車やレゴで作ったキリンが見えて来ます。その左斜め前にある「天保山マーケットプレース」の3階にレゴランド大阪があります。

天保山付近は観光スポットになっていて、隣には海遊館があります。セットで遊びに行くのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

2.チケット料金

  • 子供(0歳~2歳):無料
  • 子供(3歳~12歳):2,000円(オンライン2,000円
  • 大人(13歳以上):2,500円(オンライン2,000円

1日券0歳~2歳児が無料、3歳から有料2,000円です。大人は2500円しますが、オンラインだと2,000円で購入できます。しかも入場確約。

以前よりは混雑が緩和されたので、ほとんどの方が入場できますが、行く日が決まっている方はオンライン購入が確実ですね。

因みに、このレゴランドディスカバリーセンター大阪は大人だけでは入れません。必ず15歳以下の子供と一緒じゃないと入れません。

どうしても大人だけ入りたい方は、毎月第一水曜の19:00~21:00だけ「大人のレゴナイト」という名で入館できるようになっています。

料金「年間パスポート」については下の2記事をあわせて読んでみてください。先ほどのアクセスも詳しく書いています。

 

3.アトラクション

レゴランドディスカバリーセンター大阪で貰ったり買ったりしたもの

入館すると、まず記念撮影をします。写真かキーホルダーにしてもらえますよ(有料。購入しなくてもOK)。

その次は「ファクトリーツアー」というレゴ工場の見学があります。この工場見学が終わると、子供だけレゴ・デュプロを1個プレゼントしてもらえます。家にデュプロに使えますよ!

その後、レーザービームを打つ「キングダムクエスト」という乗り物型アトラクションがあります。

 

「レゴランドディスカバリーセンター大阪」のアトラクション・キングダムクエスト

ウチの4歳児はこれまでこのアトラクションが苦手でしたが、最近突然目覚め、遊びに行くと何度も「キングダムクエスト」で遊んでいます。レーザーガンのアトラクションが大好きになりました。これまでは暗い場所なので苦手だったのだと思います。

このアトラクションが終わると、後は自由に好きなアトラクションに行くことができますよ。

その他にもたくさんのアトラクションがあります。詳しくは下の2記事を読んでもらうと全てのアトラクションがわかります

 

4.最初に「マスタービルダーアカデミー」の予約をしよう

レゴランドディスカバリーセンター大阪・マスタービルダーアカデミーの教室

親子で一緒にレゴの組み立て方を学べる「マスタービルダーアカデミー」というのがあります。

子供がレゴやブロックを組み立てるのに興味をもつ切っ掛けになります。これはぜひ参加しましょう。

 

レゴランドディスカバリーセンター大阪・マスタービルダーアカデミーの予約表

そのためには「マスタービルダーアカデミー」の予約をする必要があります。オープン当初は色々混乱がありましたが、今では用紙に記入することで予約が完了します。

 

レゴランドディスカバリーセンター大阪・マスタービルダーアカデミーの予約表と詳細

  • 25分の楽しい組立て教室
  • 定員:子供20名+保護者20名
  • 対象年齢:6歳未満の子供には保護者同伴で
  • 子供と一緒に5分前に集合

各時間ごとに予約用紙があり、それに記入します。子供の名前を記入し、親参加1名に〇といった感じです(席の数の関係で親1人が基本になっています)。

早い時間帯から予約は埋まって行きます。空いている欄に記入すれば予約完了。その時間の5分前に集合しましょう。

 

レゴランドディスカバリーセンター大阪・マスタービルダーアカデミーで作ったレゴ

このようなレゴを作ります。親はサポートしてあげましょう。因みに「マスタービルダーアカデミー」で作る作品の内容は月毎に変わります

この予約さえ済めばあとは時間まで他のアトラクションで遊びましょう。

最近、マスタービルダーアカデミーに参加した子供のみ、作ったレゴと同じパーツを限定で購入できるようになりました。

 

5.ランチは持ち込みOK。館内にcafeもあるよ追記→ランチの持ち込みは不可になりました

レゴランドディスカバリーセンター大阪のカフェ

館内にはcafeがありますが、お弁当などの持ち込みがOKです。どうしても館内は割高なので、先に購入すると節約できますよ。

→お弁当などの持ち込みは不可になりました。オープン時に担当に確認したことなので、当時はOKでしたが、今は持ち込みが不可になったようです。これは残念ですねぇ…。(2015年12月27日現在)

入場前に1階のフードコートで食べてからレゴランドに入るのはOK。再入場は不可なので、先に食べてからにしましょう。

館内のcafeにはレゴの形をしたお弁当箱(ランチボックス)などが売られています。お土産におすすめ!

 

6.「フレンズ」内のカラオケが日本語対応になった

「レゴランドディスカバリーセンター大阪」のアトラクション「フレンズ」

「フレンズ」という女の子向けのレゴのエリアがあります。この中にカラオケが出来る場所があるのですが、ここが以前は英語オンリーのカラオケだったんです。

それが最近では日本語のカラオケが入りました。「アナと雪の女王」などを歌い上げている子供をよく見かけます(笑)。

歌いたい曲を選んで予約します。たまに以前予約した曲が残っていて、ドラえもんの歌が5曲も連続で入っていたりしました…。

 

7.4Dシネマ

「レゴランドディスカバリーセンター大阪」のアトラクション・4Dシネマ

その他4Dシネマは、小さな子供は怖がることがあるので注意。目の前に鳥がふわりと飛んでくるきます。また、映画なのでどうしても暗くしてみるので、その辺りを怖がる子供が多いです。

もちろん途中で退出してもOKですよ。うちの子はオープニングタイトルで退出しました(苦笑)。

 

新アトラクション「マーリン・アプレンティス」登場

2016年2月26日より新アトラクション「マーリン・アプレンティス」が登場します。

魔法使いマーリンの見習いとして魔法の世界を飛び回る設定だそうです。ハリーポッター風なのかな。

 

まとめ

「レゴランドディスカバリーセンター大阪」攻略するために知っておきたいこと7つをご紹介しました。

月に1度子供と遊びに行っています。行く度にルールが変更になっているので、今後も変更されるかもしれません

半日~1日遊べる幼児向け遊び場です。どうしても狭いので、午後には満員になってしまうのは仕方がありません。

子供は楽しいのですが、基本親は座って待ってるだけになります。しかし、その中でも「マスタービルダーアカデミー」は親子で楽しめるのでぜひ参加してみてください。

1日チケットは2,000円と高めですが、年間パスポートだと6,000円とお得です。3回行ったら元が取れます。ウチは月一で行っているのでこれまで6回ぐらい行っています。大阪在住の方は年パスもオススメです。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-大阪のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-, , , ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.