おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

子供グッズ 育児

子供の成長と役目を終えたベビーカーの思い出

更新日:

ベビーカーに乗る娘、赤ちゃん時代

子供が成長するたびに、必要がなくなるものがあります。例えば赤ちゃん時代のおもちゃや子育て用品など。

このようなものが出て来れば、オークションやフリーマーケットなどに出して、必要な方に使ってもらってきました。

過去に出したもので一番大きなサイズはベビーベッドですね。子供が当時ガリガリ噛んでいたので、よく貰い手が見つかったなという思いがあります。

しかし、どうしてもオークションやフリーマーケットに出せないものもあります。それはウチの場合はベビーカーです。

思い出が積もっていてなかなか捨てられないものってありませんか?思い出いっぱいのベビーカーについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ベビーカーは貰い手がないほどに磨耗している

ベビーカーに乗る娘(子供)の様子

ベビーカーはオークションなどでは送る時にサイズが大きくて、送料がかかりすぎるというのもありますが、理由はそれではありません。

0歳の時からタフに使ってきたのでボロボロになりました。タイヤを見ると溝がもうないぐらいに酷使しています。(上の写真は綺麗だった時のベビーカー)

また、レイン&防塵用のフードカバーとベビーカー下の荷物ネットは周囲に小さくカビが生えていました。これは以前住んでいたマンションのベビーカー置き場が、湿気がたまりやすい場所だったのが原因です。

その他、赤ちゃんの安全を守るベルトについては、押しても固すぎて固定しづらくなっています。

以上のことを総合すると、なかなか無料でも貰い手がいないほど磨耗しているのが現状です。

 

スポンサーリンク

思い出のあるものなので躊躇してきた

ベビーカーに乗る娘、赤ちゃん時代

ベビーカーは0歳、生後直後から4歳途中まで使いました。ウチは自動車がなかったので、出かける時はいつもベビーカー。今年やっと電動アシスト自転車を買ったので、行動範囲が広がり、ベビーカーの役目を完全に終えました。

4歳までは自転車や自動車がないので、子供は常にベビーカーに乗りたがります。摩耗しているベビーカーでもたまに乗りたがっていたのです。

親から見るとベビーカーは荷物がかなり入れられるので、買い物にはかかせないものでした。子供が4歳途中から完全にベビーカーに乗らなくなり、歩いて買い物をするようになると、親の方が荷物を持って帰るのが大変になりました。

ベビーカーは親にとってもなくてはならないものでしたね。このようなこともあり、日頃からタフに活躍してきたなぁと振り返ってはしみじみ思い出します。

 

先日、旅立つ

ベビーカーに乗る娘、赤ちゃん時代

先日、役目を終えたベビーカーが旅立っていきました。他の用品とは異なり、かなり助けられた思い出の品です。

他の人から見るとただのぼろぼろのベビーカー、しかしウチにとっては手放したくないほど、思い出深いものでした。

子供の成長を見守ってきたベビーカー、旅立つ時は子供が生まれた時からの思い出がよみがえり、ぐっとくるものがありましたよ。

思い出が詰まったものを手放すのは寂しいものがありますね。

 

最後に

先日、役目を終え旅立っていったボロボロのベビーカーの思い出をつらつらを書いてみました。

使わなくなってから約1年ほど捨てずに置いていました。思い出があり捨てられなかったのです。子供からも「置いといて」ってずっと言われていたのも理由の一つです。

大きな家であれば、倉庫にでも置いておくのかもしれませんが、どうしても玄関付近のスペースを占めていたのもあり、子供から許可が出たのもあり、今回重い腰を上げて手放すことになりました。

最後は子供と一緒に「ありがとう」と言って手放しました。なんだか説明できないほど、込み上げてくるものがありましたね。

【関連】ベビーカーの選び方、A型とB型の違いや特徴

【関連】ベビーカーの選び方。何歳から何歳まで必要か?

【関連】ベビー(赤ちゃん)用品はレンタルか購入か?どちらが節約?

【関連】ベビーカー雨の日用レインカバー「オールオーバー」は必ず買うべし

【関連】抱っこ紐の選び方。いつまで使用するの?最も重要なポイント

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-子供グッズ, 育児
-, , , ,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.