育児 赤ちゃん・子供用品

子供用自転車の選び方。タイヤサイズ、対象年齢、身長の目安

投稿日:

子供用自転車、補助輪付き

もうすぐ子供が6歳になるので誕生日に子供用自転車を買ってあげようと思います。しかし、自転車の種類が多くて年齢とあうサイズやインチがよくわかりません。

自転車屋さんに行って直接話を聞いたり、カタログを貰ったりすると少しずつわかってきました。

子供にあう自転車のタイヤサイズ(インチ)、身長、年齢の目安について、①ペダル無しタイプ、②幼児向け(補助輪あり)、③小学生向け(補助輪なし)と忘備録も兼ねてまとめてみました。

スポンサーリンク

ストライダー:ペダル無し自転車の対象年齢、身長、タイヤサイズ(2歳・3歳・4歳)

ピープルペダル無しの自転車資料

まずは2歳ぐらいから乗ることができるストライダーやラクショーライダーというペダル無し自転車から見ていきます。

これを早くから習得すると、補助輪なしでいきなり駒無し自転車を乗れるようになるので、練習している子供たちをよく公園で見かけます。3~4歳児が上手に乗っているのを見ると驚きますね。

我が家も買いたかったのですが、近くの公園まで距離があり、ペダル無し自転車をそこまで乗っていくのが危ないなとパスしてきました。

ペダル無しタイプは2歳から5歳ぐらいまでの幼児を対象としています。ペダル無し自転車の対象年齢、身長、タイヤサイズについてまとめました。

身長や足の長さなどが関係してくるので、目安としてみて下さい。

タイヤサイズ(インチ) 対象年齢 身長
12インチ 2.5歳~(6歳) 85cm
14インチ 3.0歳~(7歳) 90cm
16インチ 3.5歳~(8歳) 95cm
18インチ 4.0歳~(9歳) 100cm

参考:ピープル「ラクショーライダー」の資料より

対象年齢と身長から見ることを、自転車の担当の方が話されていました。12インチでも6歳までは一応乗れますが、やはり体の大きさとを考えると無理があるそうです。

できるだけ長期間乗り続けることを想定して、対象年齢が一番下になるサイズを選びましょうと話されていました。

例えば現在2歳半だったら12インチ、3歳なら14インチ、3歳6ヶ月なら16インチというふうに。ただし3歳以上になると背の高さが変わってくるので、実際に試乗して決めた方が良いそうです。

因みにウチの子供は5歳で110cmあるので、身長の部分で既にオーバーしています。子供用自転車の補助輪付きを乗ることに決めました。

 

スポンサーリンク

幼児用自転車(補助輪付き)の身長、タイヤサイズ、年齢

ブリジストンの子供用自転車カタログの1ページ

次は幼児向け自転車(対象年齢6歳まで)。主に補助輪付き(駒あり)のタイヤサイズ、対象年齢、身長についてまとめました。

だいたい4歳から6歳を対象年齢としています。

タイヤサイズ(インチ) 身長 サドル最低地上高 対象年齢
14インチ 93cm~106cm 42.5cm 3歳~5歳
16インチ 100cm~113cm(102cm~117cm) 47~48cm 3.5歳~6歳
18インチ 105cm~118cm(108cm~123cm) 50~52cm 4歳~8歳

参考:ブリジストン「Bicycle Catalogue」より

自転車の種類が豊富になってきて、その形によって身長が異なっています。身長の()は別の自転車の場合。大よその目安としてください。

自転車の担当の方に聞いてみると、身長もそうだが「サドルの最低地上高」が重要だと話されていました。その為、実際にお店で自転車に乗って調べた方が良いそうです。

例えば、ウチの娘の場合、もうすぐ6歳で身長が先日109.8cmでした。なので買うとしたら18インチの自転車でも十分に乗れるということがわかります。後は「サドルの最低地上高」を実際に自転車屋又はホームセンターで乗って調べてみたらわかりそうです。

 

キッズ自転車の身長、タイヤサイズ(5歳~)

ここからは幼児年長から小学生向けの自転車になります。

タイヤサイズ(インチ) 身長 対象年齢
20インチ 111cm~135cm 5歳~9歳
22インチ 117cm~141cm 6歳~11歳
24インチ 123cm~147cm 7歳~
26インチ 133cm~157cm 9歳~

小学生向けになると補助輪なしが初期の設定になっています。小学校の途中で駒無し自転車が乗れるようになると、買い替えがあるそうです。

小学生が幼児向けの自転車を乗ることが出来ますが、たくさん漕いでもタイヤのサイズが小さいのでなかなか進まないですからね。

小学生向けになると、身長だけしか載っていません。対象年齢は平均身長を調べて追記しました。

ウチの娘からすると未来の話かと思いきや、20インチが乗れるかもしれません。後は実際に乗ってみて確認することになります。

デザインやカラーを見ると、男の子は原色で恰好がよく、女の子は優しい淡い色になっています。女の子が大好きな黒×ピンクの組み合わせもありました。

 

最後に

子供(幼児)にあう自転車のタイヤサイズ(インチ)、身長、年齢について、①ペダル無しタイプ、②幼児向け(補助輪付き)、③小学生向け(補助輪なし)と3つに分けてご紹介しました。

自転車の担当の方の話では「自転車のカタログである程度好きな自転車を見つけて、実際にお店で試乗してください」と話されていました

通販で買うと、ペダルや地上に足が届かなかったということがありますからね。足先が地面にギリギリ着くぐらいが良いそうです。

我が家はもうすぐ購入しますが、もう一度購入前に足を運んで決めようと思います。子供はヘルメットが義務付けられています。ヘルメットの購入もお忘れなく。

【関連】ナットケースの子供用自転車ヘルメット、シミミニドッツを購入

【関連】ブリヂストン子供乗せ電動アシスト自転車「ビッケ2e」2016購入

【関連】bikke2でもOK!ビッケ専用レインサイクルカバーを購入

【関連】超オシャレな子供用自転車ヘルメットを集めてみたよ

【関連】人気の自転車保険、各社の特徴や補償について比較してみたよ

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-育児, 赤ちゃん・子供用品
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.