鉄道

京阪特急に指定席「プレミアムカー」2017年導入へ

更新日:

京阪特急8000系

僕は京阪電車の沿線で育ったのでいわゆる「おけいはん」です。おけいはんなら誰もがあこがれる京阪特急、これまで指定席はなく全席自由席でしたがが、ついに指定席が導入されることが決定しました。

導入されるのは2017年(平成29年度)上期からです。最近では「泉北ライナー」が指定席を導入し、各電車がそれに続いている形となっています。

気になる京阪特急の指定席「プレミアムカー」の特徴について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

2017年度より京阪特急の指定席「プレミアムカー」がスタート

京阪特急の指定席「プレミアムカー」側面のデザイン

  • 導入時期:2017年(平成29年)8月20日(日)から
  • エンブレム:京阪特急の鳩マークに★★★(星三つ)が上に着くエンブレム
  • 京阪特急(8000系)8両編成中の1両のみ指定席となる
  • 外装:指定席1両だけ赤に金色のラインが入ったプレミアムカーとなる
  • 内装:ブラック(黒色)の上質な座席や空間となる
  • 特徴:2両+1両、座席の幅がやや広くなる、リクライニングシート、ひじ掛けなど

参考:座席指定の特急車両「プレミアムカー」のデザインが決定(京阪電車:PDF)

現在走っている京阪特急8両編成中の1車両のみプレミアムカーという名の指定席が導入されることになりました。

特にダイヤ改正をすることはなく、特急のスピードも速くはなりません。並ばずに座席に座れることがメリットとなっています。

平日、土日祝ともほぼ終日運転、専属のアテンダントが乗務することもわかりました。

 

京阪特急の指定席「プレミアムカー」の車内の内装(黒色)

自由席はこれまで通り2列席+2列席ですが、指定席だけは2列席と1列席が導入されます。その分、ゆったり座れるように配置されています。

黒色で京阪とは思えない渋いデザインになっていますね。

 

プレミアムカー券の料金

  • 乗車券+400円、又は500円

乗車券にプラスして乗車区間により400円か500円の「プレミアムカー券」必要です。

購入場所は「インターネット専用サイト」か「特急停車駅のインフォステーション」になります。

 

プレミアムカーの何両目?

京阪特急の指定席「プレミアムカー」8両編成の内1両、場所

気になるのは指定席「プレミアムカー」は何両目になるの?ってことです。

指定席の場所は6号車になっています。京都側から見ると6両目、大阪側からは3両目になっています。

 

スポンサーリンク

プレミアムカー導入に思うこと

指定席はいつかは出来るのだろうなと思っていましたが、やっときたかという感じですね。朝と夜に利用するビジネスマン向けのサービスです。

だた京阪電車の場合、たった8両しかありません。その内の1両が指定席に塞がるというのは、自由席の席が少なくなるということです。

もし10両ぐらいあれば、全然問題ないのですが、これはどうかなぁというのが率直な感想です。

京阪電車はカーブが多く、家の間を結構通ることが多いので、車線数も少なく、これ以上スピードアップは見込めません。停車駅も増えてますしね。

その為、何か特別なサービスを考えると、指定席に行きつくのだろうなと思いました。

 

スポンサーリンク

まとめ

プレミアムカーは、秋に寝屋川車両基地で開催される「ファミリーレールフェア」で展示されるました。初のお披露目ですね。

深緑に京阪の鳩のマークと星が3つ、黄色で表示されているのが、他とは違う特別な感じがあります。車内は黒色をベースとした中に、金色のパーツが目立っていてより高級感を感じます。これは周りからもおっというような目で見られますね。優越感に浸れます。

利用料金(指定席料金)やチケット予約、発売方法、アテンダントサービスなどは現在検討中だそうです。またわかり次第追記します。

導入直後暫くは、指定席に誰かが勝手に座っていそうな予感がありますね。いずれ浸透していくのでしょう。

以上、京阪電車の特急8000系の指定席「プレミアムカー」の特徴についてご紹介しました。

【関連】くずはモールSANZEN-HIROBAで京阪特急に乗ってきたよ

【関連】JR、京阪電車京橋駅から長堀鶴見緑地線への最短乗換ルート

【関連】甲南チケットJR京橋店で京阪電車の切符を安く購入しよう

【関連】京橋「京阪モール」がリニューアル!気になる新店舗について

スポンサーリンク

-鉄道
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.