鉄道

地下鉄烏丸御池駅のコインロッカーは改札内と改札外の2個所ある

更新日:

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」改札外のコインロッカー

京都旅行でお世話になったのがコインロッカー、行きは京都駅前に預けました。京都駅すぐのコインロッカーについては下の記事をあわせて読んでみてください▼

【関連】京都駅すぐにあるコインロッカーの場所、料金と利用時間

今回は、京都市営地下鉄「烏丸御池駅」のコインロッカーです。ここは地下鉄2線、烏丸線と東西線の乗り換えポイントにもなるので、結構コインロッカーを使用する方も多いようです。僕もその一人でした。

構内図を確認してから行ってみたのですが、行ってみてわかったことがあります。地下鉄「烏丸御池駅」のコインロッカーについて写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク

地下鉄「烏丸御池駅」のコインロッカーの場所

地下鉄「烏丸御池駅」のコインロッカー地図

出典:KOTOCHIKA

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」は一番下が東西線、その上が烏丸線、そして改札になっています。その北改札付近にコインロッカーが2つあるのがわかります(上の構内図参照)。

では実際に行ってみましょう!

 

改札外のコインロッカー

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」改札外のコインロッカー

実際に行ってみると烏丸御池駅の改札外にコインロッカーがあります。ここは結構ありますね。しかもコインロッカーの大きさもたくさんあります(一部ICタイプあり)。

料金

  • コインロッカー小:300円
  • コインロッカー中:500円
  • コインロッカー大:600円

 

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」改札外のコインロッカー

上のコインロッカーの向かい側にもありました。こちらはサイズ小が多いです。

料金

  • コインロッカー小:300円
  • コインロッカー中:500円
  • コインロッカー大:600円

向かい合わせにあるので、料金は全く同じです。ただよく利用する中サイズと大サイズのコインロッカーが少ないですね。

改札外にあるコインロッカーの利用状況を確認すると、写真のようにたくさんあるので結構空いているのがわかります。

ここで荷物を預けたのですが、そういえば、上の地図では2か所あったはず。気になったので駅の係員に聞いてみました。

すると烏丸御池駅の改札内にもコインロッカーはあるということがわかりました!では行ってみましょう。

 

スポンサーリンク

地下鉄「烏丸御池駅」は改札内にもコインロッカーがあった

地下鉄「烏丸御池駅」のコインロッカー地図(改札内と改札外)

先ほどの「烏丸御池駅」構内図を再度チェックしてみると、2か所あったコインロッカーは1つは改札外(水色表示)で、もう一つは改札内(ピンク色表示)であることがわかりました。

この構内図は立体で描かれているので、よく見ないとわからないですね。実際に行って見てわかったことです。では実際に行ってみましょう。

 

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」改札内にあるコインロッカー

実際に改札内のコインロッカーにやってきました。これは便利ですね。

改札を出なくてもいいので、荷物を取りに行くときに、わざわざ改札を出る必要がありません。これは電車代(運賃)を節約できます。

ただ、一つ気づいたことがあります。ここにはコインロッカーのサイズ中500円が無いのです……、ガーン!

料金

  • コインロッカー小:300円
  • コインロッカー大:600円
  • コインロッカー特大:未確認

コインロッカー特栽サイズの料金を確認し忘れていました。

 

結論:烏丸御池駅には改札内と改札外の2か所コインロッカーがある

京都市営地下鉄烏丸線&東西線「烏丸御池駅」には改札内と改札外にコインロッカーがありました。

我が家は帰りに少し観光をして京都駅に戻る予定だったので、改札内にコインロッカーがあり助かりました。

帰りに烏丸御池駅に寄り、改札内で荷物をピックアップできたので、一度出て切符を再度買いなおす必要もありませんでした。こコインロッカーが無いとプランが大きく変わってしまうので、これを知っておくと便利ですね。

同様に知りたい方がいるのかもしれないと、今回記事にしてみました。参考になれば嬉しいです。

【関連】京都駅すぐにあるコインロッカーの場所、料金と利用時間

烏丸御池駅から無料シャトルバスで行けます▼

【関連】京都ブライトンホテルの「ルームen(えん)」に宿泊したよ

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-鉄道
-,

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.