大阪

初詣に大阪城内の豊国神社に行ってきました

更新日:

大阪城

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。元日は一年のスタート。初詣は大阪城内にある豊国神社に行ってきました。

豊国神社とは、豊臣秀吉、豊臣秀頼、豊臣秀長を祭神とした神社で、出世開運 商売繁盛などの御祈願があります。読み方は「とよくにじんじゃ」ではなく「ほうこくじんじゃ」。場所は豊臣秀吉だけに大阪城内にあります。明治時代には中之島に鎮座していました。

豊国神社と言えば豊臣秀吉。豊臣秀吉と言えば出世ですね。豊国神社は出世開運 商売繁盛などの御利益があります。子供も初めておみくじをしました。

スポンサーリンク

豊国神社への行き方(アクセス)

大阪城は地下鉄・谷町四丁目駅、天満橋駅、JR森ノ宮駅、大阪城公園駅が最寄り駅です。4駅の丁度真ん中に位置します。駅からも城を見ることが出来ますが、15分ぐらい歩かないと着きません。それだけ大きなお城なんですね。

車の場合、豊国神社にお参りされる場合だけ、ゲートを通過し、豊国神社前まで車を持ってくることができますが、12月31日~1月3日の間だけは乗り入れることができないので注意して下さい。

初詣の時は近くのパーキングエリアで駐車することになります。

どの駅からが近いのかについて調べてみました。あわせて読んでみてください▼

【関連】大阪城への行き方(アクセス)、最寄駅は5つもあるよ

 

スポンサーリンク

豊国神社に初詣してきました

大阪城

森ノ宮駅から歩いて行ったので玉造口から入りました。玉造口付近から大阪城を撮影

 

豊国神社入り口付近

玉造門から入り、西の方に歩くと大阪城の内堀が見えてきます。その南側に豊国神社があります。入口付近には豊臣秀吉像(中村晋也氏作)があります。

中村晋也氏は鹿児島中央駅にある「若き薩摩の群像」や同じく鹿児島の大久保利通像、大阪では玉造稲荷神社に豊臣秀頼像などを建立されています。

玉造稲荷神社については▼

【関連】玉造稲荷神社で日本史(古代・豊臣・江戸時代)を一度に体感

 

豊国神社

入口に入るとお参りをする人たちで一杯。たくさんの列が出来ていました。元旦なので気分もゆったりと並びます。

 

豊国神社

並んでいると真田幸村の六文銭の旗が、真っ赤な鎧を身にまとった真田家が集まっています。今年と来年は大阪の陣400年にあたります。

【関連】大河ドラマ「真田丸」を歩く① ~真田幸村と三光神社~

【関連】大河ドラマ「真田丸」を歩く② ~真田幸村出丸城跡・心眼寺~

【関連】大河ドラマ「真田丸」を歩く③ ~真田幸村・玉造・真田山~

 

豊国神社

お参りが終わりました。後ろを振り返ると大きな列になっていますね。遠くにNHK大阪放送局と大阪歴史博物館が見えます。

 

大阪城に向かう

折角ここまで来たので、大阪城を一目見て帰ることにしました。豊国神社前の桜門から入ります。

 

osakajo010

桜門を入って少し行くと、元大阪市立博物館があります。ここは戦前、陸軍第四師団司令部庁舎でした。この建物だけ一種異様な雰囲気があります。レンガ造りで個人的に見入ってしまいます。歴史を感じますね。

 

 

大阪城

最後に大阪城を見て帰りました。今年は元日から場内に入ることができました。

大阪市長の橋下徹さんが批判されていましたね。「(元日の)かき入れ時に休むなんて、民間企業ではありえない」と。それを受けて元日からオープンです。

大阪城天守閣を割引で入る方法は▼

【関連】大阪城天守閣のお得チケットや割引料金10個

 

スポンサーリンク

お守りを購入

豊国神社の開運瓢箪お守り

子供が初めておみくじを引いたり、お守りを買ったり、お参りするのに並んだりと、色々な経験が出来ました。そういう意味でも初詣は家族としても楽しいひと時でした。

子供は何事も待てないのでなかなか大変ですけどね。少しずつ覚えていくことでしょう。

最後に、我が家が購入したお守りです。開運お守りということで開運瓢箪お守りです。赤い瓢箪がいいでしょう。豊臣秀吉と言えば瓢箪ですからね。子供も喜んでいました。

【関連】大阪城天守閣のお得チケットや割引料金10個

【関連】大阪城駐車場と森ノ宮駐車場の駐車料金について

【関連】大阪城大手前の芝生広場に子供や赤ちゃんを連れて出かけよう

【関連】大阪城公園には子供天守閣という大型遊具広場があるのを皆は知っているか。

【関連】玉造稲荷神社で日本史(古代・豊臣・江戸時代)を一度に体感

【関連】住吉大社に初詣。巨大おみくじ、お守りの種類など

【関連】大阪城への行き方(アクセス)、最寄駅は5つもあるよ

スポンサーリンク

-大阪
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.