美容・健康

片頭痛と頭痛の違い、特徴を知ることで原因や予防法がわかった

投稿日:

頭痛の女性

以前「頭痛を薬を飲まずに完治、偶然に治し方を発見したよ」という記事を書きました。丁度肺炎で入院しているときに、おきた頭痛経験を書いています。

実はこのタイトルは元々「片頭痛」というタイトルでしたが、ある方のTwitterによるご指摘により、僕は片頭痛ではないことがわかりました。

ある一部が痛いのでずっとこの症状を片頭痛だと思い続けていましたが、どうやら違うようです。生れてからずっと間違って覚えてきていました(苦笑)。

片頭痛には症状が決まっています。それを知ると確かに僕は片頭痛ではないことがわかりました。

これまで知らなかった片頭痛と頭痛の違いについて、今後は間違えないようにまとめてみました。また僕の頭痛の原因や予防法についてもわかったのであわせてご紹介します。

スポンサーリンク

片頭痛とは?

頭痛の女性

片頭痛は片方かまたは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」するのが特徴

参考:スッきりんのバイバイ頭痛講座(Pfizer)

両目の横にあるこめかみ付近が痛くなるのが片頭痛です。僕は頭の後ろ側、後頭部が痛くなるので、確かに片頭痛ではありません。

その他、片頭痛では以下のような症状があります。

片頭痛の特徴

  • 傷み方:時々起こる、「ズキンズキン」「ガンガン」脈を打つような痛みが4~72時間続く
  • 傷む場所:こめかみ付近の片側又は両側
  • 頻度:月に1~2回、多い時は週に1~2回
  • 経過:痛みは1~2時間でピークに達し、吐き気や嘔吐を伴う
  • 前兆:目の前にチカチカしたフラッシュのような光、ギザギザの光があらわれる、視野の一部が見えにくくなる

前兆がある片頭痛とない片頭痛があります。閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる小さな点が視野にあらわれるのだそう。それが次第に大きくなってきます。

確かに片頭痛の特徴を理解すると、自分は片頭痛ではないことがはっきりとしました。片頭痛の治し方という記事で書いていたので、本当に申し訳なかったと思っています。

以上を踏まえて、僕は何という頭痛なのか気になってきたので、名称や特徴について調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

一般の頭痛持ちは「慢性頭痛」

頭痛には日常的に起こる頭痛や慢性頭痛、脳の病気による頭痛の3つあり、ほとんどの方の頭痛は慢性頭痛であることがわかりました。頭痛全体の80%が慢性頭痛だそうです。

そして上で紹介した「片頭痛」も慢性頭痛の一つです。この場合、他の症状との組み合わせはなく、頭痛の治療対象となります。

 

慢性頭痛の特徴

  • 片頭痛:ときどき起こる、こめかみ付近片側又は両側→×
  • 慢性片頭痛:月に15日以上起こる→×
  • 緊張型頭痛:頭の両側か頭全体、後頭部が痛む。1か月に15日未満→
  • 偶発頭痛:必ず片側が痛む、1~2か月に集中し毎日起こる、目の奥がえぐられるような激痛→×

慢性頭痛には以上の4つの症状があります。この4つの中で当てはまる頭痛が自分の頭痛だそうです。

この特徴を見てみると、僕は緊張型頭痛であることがわかりました。それは確かにありますね。でも全てが緊張型頭痛だったのは意外でした。

ただ、1人1つだけしか症状がないというわけはないそうです。この中の2つ該当する方もいるので、自分の頭痛の特徴を理解してみて下さい。

 

スポンサーリンク

自分の頭痛は「緊張型頭痛」だった、その特徴は?

パソコンの前に長時間い続ける原因で頭痛になった女性

  • 頭の周りを何かで締め付けられたような鈍い痛み
  • 肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさ
  • 子供から高齢者まで
  • 時々頭痛をする(反復性緊張型頭痛)と毎日頭痛が続く(慢性型頭痛)がある
  • 心身的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なって起こる

参考:緊張型頭痛って?(Phizer)

肩こりがあるので、間違いなく僕は「緊張型頭痛」です。肩こりは日によって様々、たまに起こるので反復性緊張型頭痛ですね。

緊張型頭痛の痛みを和らげるには?

  • ストレッチやシャワーなどで温めると効果的

頭痛薬はロキソニンを使用しています。すぐに治るので頼り過ぎているところがあるので、できれば頭痛薬を使わずに改善していきたいところです。

痛みを和らげるには、ストレッチ(体操)が効果的であることがわかり、以前記事にしたのと内容が一致することがわかりました。僕も肺炎での入院時に、することがなくストレッチばかりしていて、頭痛が完治したのです。まさにこれと同じですね。

心身的ストレスは例としてパソコン操作や就寝時の合わない枕などの不自然な姿勢が関係しているそうです。

また、精神的ストレスは、仕事のストレスや家庭内のトラブルと書かれていて、子育てに消耗している僕と妻が頭痛になりやすいのはこのことかって納得しました。

 

予防していくには?

僕の場合は「緊張型頭痛」であることがわかりました。心身的ストレスと精神的ストレスでも一致しています。もしかしたら、ほとんどの頭痛の方は同様の「緊張型頭痛」かもしれません。

「緊張型頭痛」を予防するにはストレス解消、適度な運動、同じ姿勢を続けないこと、だそうです。これを知ると全然できてないなと反省、道理で頭痛が起こるわけだと納得しました。

1日の最後にゆっくりお湯につかる、首や肩をマッサージするのが効果的だそうです。またウォーキングやストレッチも習慣化すると頭痛が減るのだそう。

運動不足の僕からすると、やはり運動が重要という結論になりました。健康のためでもありますが、頭痛予防でも効果的なので、始めていくかという気になりました。

【関連】風邪とインフルエンザ、症状の違いと見分け方

【関連】風邪を引かない方法、我が家が思い当たる2つのこと

【関連】子供から感染!アデノウイルス感染症(大人)の症状や潜伏期間

【関連】コープ共済の医療保険「たすけあい」に加入、請求~入金が迅速

【関連】これまで飲んできた有機青汁・無添加青汁の比較ランキング

スポンサーリンク

-美容・健康
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.