子供の安全対策 育児

簡単!子供の熱中症対策に経口補水液(電解質飲料)の作り方

投稿日:

子供の熱中症対策

真夏の外出時に必要なのは水分ですが、お茶や水などは電解質(イオン)を含まない水分ということで、摂取しても体を機能させる役目が無いようです。

体の中に熱がこもって、体温が上がり過ぎてしまい、様々な障害が出るのが熱中症。この熱中症を予防するなら、ナトリウムなどの塩分が入った電解質入り塩水や経口補水液が効果的です

そういうわけで、我が家も子供の熱中症対策(予防)に、電解質入り飲料を作ってみたので作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

経口補水液(電解質飲料)の作り方

雑誌「コドモエ」2014年8月号の子供の熱中症の記事

経口補水液の作り方のレシピは、kodomoe2014年8月号を参考にさせていただきました(※雑誌なので既に発売終了しています)。

経口補水液・レシピ(500ml)

  • 水:500ml
  • 塩:0.75g
  • レモン汁:大さじ1
  • はちみつ:大さじ1(子供には大さじ1.5をオススメ)
    1歳未満の乳児に飲ませる場合は、はちみつではなく、砂糖小さじ2に

レシピはこれだけ。すごく覚えやすいですね。

レモン水と蜂蜜は各大さじ1、一度作ると忘れません。乳児には蜂蜜は不可なので、砂糖小さじ2を入れましょう

では実際に作ってみます。

 

経口補水液(電解質飲料)を作ってみた

熱中症対策・経口補水液の作り方・レモン、はちみつ、塩

用意したものは、レモン果汁、はちみつ、塩。

 

ブリタの水

そして水。我が家はブリタの水を使用しています。

【関連】我が家がポット型浄水器ブリタ(BRITA)を継続する理由

 

1000mlのポット

経口補水液を入れるポットを用意しましょう。

家にあるポットが1,000ml用でした。上のレシピは500mlなので、全てレシピを2倍にして作ってみました。

 

経口補水液の材料をポットに混ぜる

レモン水(大さじ2)、はちみつ(大さじ2)、塩1.5g、水1,000mlをかき混ぜるとあっという間に出来上がり。

色はレモンとはちみつが混ざったようなレモン色です。底に沈殿しているので、よくかき混ぜます。

 

スポンサーリンク

経口補水液を飲んでみた感想

経口補水液(電解質飲料)

飲んでみると甘みが少し足りないかなという感じです。レモン水やポカリスエットの薄い味といったところでしょうか。

僕は個人的にはこれでOKですが、子供には不評だったので、はちみつを大さじ3(1,000ml作る場合)入れるようにしたら、甘みが増しバランスがよくなりました。

この辺りは好みなので、はちみつや砂糖などで好みの味に調整してください。特に必要なのは「塩分」です

 

スポンサーリンク

熱中症対策「経口補水液はいつ飲むの?」

雑誌の「梅雨が明けたら危険な季節、子どもの熱中症に要注意」の記事には以下のように書かれていました。

脱水症状になると、体を機能させるために必要な電解質=ミネラルも失われます。

その為、熱中症対策には、喉が渇く前に飲むのが効果的。「すぐに水分&電解質を補給した方が良い」と書かれています。

この熱中症対策特集を読んでからは、経口補水液が外出には欠かせないものになりました。

 

まとめ

経口補水液は、材料さえ揃っていればあっという間に作れるのでおすすめですよ。すぐに作り方も覚えられます。もし外出時、急に必要になった時は、ドラッグストアなどでOS1という経口補水液が売られています。

子供は汗腺が未熟なので、汗を上手にかくことができないそうです。なので、大人以上にこまめに水分補給が必要ですね。「経口補水液」は、夏の必需品になりました。

家庭でも簡単に作ることが出来ます。子供の熱中症予防に一度お試しください。

【関連】子供が夕方以降まで昼寝した場合、夜早く寝てもらう3つの方法

【関連】赤ちゃんや子供の汗疹(あせも)対策。その治療薬と治し方

【関連】川遊び中、流されそうになった苦い思い出。水の事故が起こる原因と防止策

【関連】子供が迷子になって見つからないという夢を見て感じた防止策

スポンサーリンク

-子供の安全対策, 育児

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.