子供の自由研究 育児

今年は「ハートマト栽培セット」でハート型ミニトマトを育てます

更新日:

「ハートマト栽培セット」外箱

今年も子供と野菜栽培をすることになりました。しかし我が家はベランダのスペースがあまりないので、プランターなどを置けません。

その為、毎年簡単に野菜を育てられるものにしています。ここ3年はペットマトで「枝豆」「黄金プチトマト」「プチトマト」を栽培しました。

今年は違うのにしようということで偶然見つけたハート型のプチトマト「ハートマト」を育てることにしました。

簡単に太陽のあるところに移動できるのでいい感じで育ってきています。ハートトマト栽培セットの内容と育てている様子をご紹介します。

スポンサーリンク

ハートマト栽培セットの内容

「ハートマト栽培セット」外箱

ハートマト栽培セットを購入。ハートの実がなるということで楽しみです。中身を見ていきます。

 

「ハートマト栽培セット」箱を開けた様子

外箱を開けると、ハート型の容器(赤色)、内側のインナーポット(茶色)、土などが入っています。

 

セット内容詳細

「ハートマト栽培セット」のセット内容

  • ハート型ポット(赤色):飾り用なので下に穴が開いていない
  • インナーポット(茶色):水が抜ける穴がある
  • 説明書
  • ハートマトの種
  • 培養土
  • 肥料:プロミック
  • 鉢底シート

以上のものが入ってしました。肥料はプロミックという錠剤肥料で置き肥です(3粒)。

 

「ハートマト栽培セット」ハートマトの容器とインナーポット

容器は2重になっていて内側の茶色のインナーポットで実際に栽培します。外側はハート形をしたインテリア用のポット。

 

「ハートマト栽培セット」インナーポットとハート型のポットを取り出した様子

各ポットをとりだしました。毎朝インナーポットを取り出して、水を上げています。

その後、水が穴から下に落ちたら、赤いハート形のポットに入れて飾れるので、水が外に漏れるという心配はありません。

 

「ハートマト栽培セット」種

ハートブレーカーという名前のプチトマトで合計4粒入っています。生産地は日本ではなくベトナムでした。

 

スポンサーリンク

ハート形ミニトマト「ハートマト」の栽培スタート

「ハートマト栽培セット」の容器に鉢底シートをセットする娘

まずは内側のインナーポットに「鉢底シート」をセットします。できるだけ子供にまかせてみました。

 

「ハートマト栽培セット」に培養土を入れた様子

鉢底シートを敷いた後に、培養土を入れました。ここは僕と一緒にいれました。この後3粒種をまきます(4月23日)。

種は水につけて置き球体になると植えることができます。

後はハート形ポットに移し、水をあげてしばらく待ちます。その後4日後ぐらいで発芽しはじめます。

 

「ハートマト栽培セット」発芽し始める

2週間経過すると双葉の上に本葉が出てきました。毎日子供もチェックしています。

その後、間引きの必要があるので、左側のよく育っている方だけ1本にしました。

 

「ハートマト栽培セット」の苗がどんどん育って、茎も太くなっている

これが現在のハートマトの苗の様子。茎が太くなり、葉の色も濃い緑色をしてきました。西日が強いところに置いているので、よく育っています。

 

ハートマト栽培37日目の苗の様子

37日目、日差しが強いのでこの1週間で一気に大きくなりました。小さなつぼみがもう見えています。

 

「ハートマト栽培説明書」生長イメージ

実際にハートマトが育つとこのような形になります。今後が楽しみ。

 

種まきからの栽培の流れ

  • 土を入れ、種をまく:4月23日
  • 発芽(双葉):4月28日(4日後)
  • 本葉:5月7日(2週間後)
  • 茎が太くなり、葉の色も濃い緑色になる:5月19日
  • どんどん育つ、小さなつぼみも見える:5月30日(37日目)

発芽するまでラップで被せてあげるとありましたが、なかなか発芽しませんでした。その後ラップを取ってあげるとすぐに発芽しましたよ。ある程度は太陽が必要ですね。

 

栽培の感想

今回もささやかですが子供に体験させることを目的として室内の野菜栽培キット「ハートマト」を育てています(現在も栽培中)。

昨年までのペットマトは種まきの時期が遅かったので、後半日差しが少なくなることがありましたが、今年は4月下旬から始めたので充分に太陽を浴びせながら育てることが出来ています。

毎朝子供が苗の変化を一番に報告してくれるので、笑いながら話を聞いています。毎日何かしら変化があるので親も楽しめますよ。

ベランダのスペースがあまり無いので、小さな窓などにでも飾られるタイプにしました。太陽があたる場所にその都度簡単に移動できるので、日差しは十分にあたえることができます。

今回水耕栽培ではなく、土での栽培になるので、部屋で飾りながら育てられるのかという心配がありましたが、2重ポットなので手や周辺を汚すことなく栽培できています

本当はプランターや畑で育てたいけど、そういうことが出来ないという方はぜひ「ハートマト栽培セット」で始めてみて下さい。収穫までの長期間、家族全員で見守りながら育てられるのはなかなか良いものです。

【関連】ペットマト2・黄金プチトマトの水耕栽培日記。種まき~収穫

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-子供の自由研究, 育児

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.