おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

おもちゃ・知育玩具 育児

「はじめてのアクアビーズ」を購入、親子で作ってみた感想

更新日:

エポック社「はじめてのアクアビーズ」外箱

最近、子供の友達がよく遊んでいるというおもちゃについて話を聞く機会がありました。それによるとエポック社の「アクアビーズ」というおもちゃが4歳後半から遊ぶようになったそうです。

気になったので、早速Amazonの口コミを調べてみたらなかなか良さそう。対象年齢は6歳からとなっているのですが、ビーズが小さいからでしょうね。

昔は何でも口に入れていましたが、最近はマシになってきたので、親が注意してみているには良いかなと買ってみました。これは親子で楽しめますよ。

「はじめてのアクアビーズ」を購入して、遊んでみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

「はじめてのアクアビーズ」を購入&開封

エポック社「はじめてのアクアビーズ」外箱

エポック社「はじめてのアクアビーズ」を購入しました。Amazonで39%オフ、安い!

ビーズを合わせると、子供用のアクセサリーやブローチ、ジュエリーなどを作ることができます。

アクアビーズの種類はたくさんあるのですが、「はじめてのアクアビーズ」はテーブルトレーが2枚、水スプレー、ペンなどの道具が一式ついているので、初心者向きです。

一度買うと次からはビーズだけを購入するだけで済みます。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」使い方

使い方は簡単、まずはトレイの穴にビーズを並べて、並べられたら水をかければ1日後に固まっています。

手先が器用になってきた子供におすすめです。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」ケース

「はじめてのアクアビーズ」のケースには、ビーズを並べるトレイが左右に2つついています。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」開封

開封しました。左はビーズ、右上は容器、右下からビーズを入れて押すと出てくる「アクアビーズペン」、水を入れる「専用スプレー」、「透明のトレイ」が付いていました。

トレイはケースについていた「テーブルトレイ」左右2つと「透明トレイ」があります。2つあるので親子で楽しむことができます

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」容器にビーズを入れる

容器にビーズを入れてみました。トレイの下にイラストシートを入れると同じ色でビーズを作ることができます(上の写真左上参照)。

 

スポンサーリンク

親子一緒に「はじめてのアクアビーズ」で遊んでみる

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で遊んでいる娘

「はじめてのアクアビーズ」で子供が遊んでいる様子。イラストシートを入れてもOKですが、このように自由に作ることもできます。

並べるだけなので子供への説明は簡単。「自由に作ってみたら」って言ったらオレンジの物体が出来上がりました(笑)。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で遊んでいる娘

並べたビーズに水をかけています。これで一日ぐらい乾かすとビーズがくっつくようになっています。

もともとビーズ自体に接着させる糊のようなものが付いていて、普段は乾いています。それが水に触れることで溶け始め、隣のビーズと接着する仕組みになっています。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で遊んでいる娘

別の日にはイチゴのようなものをつくっていますね。本人曰くハートだそうです。左右対称じゃない…、そして黒い点はなんだろ?

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で遊んでいる娘。イラストシートをつけて作った様子

今度はイラストシートを使ってキャンディを作ってみました。水をかけるときは念のため「イラストシート」を外しています。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で「アナと雪の女王」エルサを作ってみました

僕は「アナと雪の女王(アナ雪)」のエルサを作ってみました。肌色がなかったので、オレンジ色で代用。このようにケースの窪みにビーズを並べるだけです。

特に図案があったわけではありませんが、購入した時についている他のアクアビーズの紹介リーフレットを見るだけで作ることができました。

 

エポック社「はじめてのアクアビーズ」で「アナと雪の女王」エルサを作ってみました、完成

完成するとこのように一つにくっ付きます。最近、子供がお友達に手紙を書いたりするのが流行っているので、手紙と一緒にアクアビーズを入れています。

アクアビーズの公式サイトにイラストシートをダウンロードできます。詳しくは下の記事をあわせて読んでみてください。▼

【関連】アクアビーズ公式でイラストシートの印刷やオリジナル図案が作れる

 

「はじめてのアクアビーズ」で遊んでみた感想

エポック社「はじめてのアクアビーズ」でお花を作ってみた

1か月近く遊んでみた感想を書いてみます。ビーズを並べるのは結構地味な作業になるのですが、4歳後半(もうすぐ5歳)の子供にはとても楽しいようで熱中して遊んでいます。

まだ早いかなとも思いましたが、薦めてくれた方の話通り、親が一緒に参加しているので特に問題はありませんでしたよ。(個人の感想です)

並べたら水をかけるだけなので簡単です。ボーネルンドにも「ハマビーズ」というのがありますが、アイロンをあてないとくっつかないので、それよりは手軽かなと思います。ただしアクアビーズの場合は1日乾燥させる必要があります。

大きなものを作ると、くっついたビーズが少しだけ反り始めるので、途中から重しを置くと平らになりました。

乾かす時は立てて乾かさないと水分が残るため、そこだけ糊が底に残ったまま固まるので注意しましょう。

(追記:アイロンでくっつくハマビーズは、固まった時が綺麗なのが特徴。固まったときの糊が残ったりすることもありません)

僕も一緒に遊びましたが、親子で楽しめますよ。そして遊んだ後に親がそれほど疲れないのがいいですね(笑)。

毎日遊んでいるとあっという間にビーズがなくなってしまいます。ビーズだけ詰め替え用が売られているので、次からそれを買うことにしました。

男の子には車や動物、ロボット、スターウォーズなどもありますし、女の子にはマイメロディやアナと雪の女王、ちいさなプリンセスソフィア、ツムツムなどのディズニーのアクアビーズがありますよ。入っているイラストシート(図案)とビーズの色が違います。

 

最後に

エポック社の「はじめてのアクアビーズ」を購入して、親子で遊んでみた感想をご紹介しました。

Amazonは割引率が高いので、これぐらいの値段ならいいかなという気になり購入しました。

「はじめてのアクアビーズ」には必要な道具がそろっているので、最初にこれを買っておけば、次からは詰め替え用ビーズを買えばずっと遊べます。どんどん上達すると立体ビーズもできるようです。

子供の手先がより器用になってきたので、ビーズづくりを始めてみました。熱中してれくれる遊びに出会えて良かったです。毎日作ってはお友達にプレゼントしています。

【関連】アクアビーズ公式でイラストシートの印刷やオリジナル図案が作れる

【関連】アクアビーズのトレイに付着した糊を綺麗にする方法、洗い方

【関連】造形おもちゃ「図形チェーンセット」、子供が熱中するわけだ

【関連】ラキュー(LaQ)ベーシック体験パックを購入、子供と遊んでみたよ

【関連】ドイツ製ニック社の機織り機イネスを購入、子供と遊んでみたよ

【関連】ボーネルンドの工具系玩具テクニコ・スターターボックスを購入

【関連】人生ゲームの遊び方やルール、幼児と遊んでみた感想

【関連】幼児、大人も熱中する携帯用知育玩具「マグネフ」を購入

【関連】幼児向けの家庭学習教材5社を比較。気になる料金・対象年齢・添削など

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-おもちゃ・知育玩具, 育児
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.