おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

子供とお出かけ 子供と旅行

ふるさと割(ふるさと旅行券)で申込したら、2万円引きになった

更新日:

「ふるさと旅行券(ふるさと割)」

2016年7月1日追記:2016年は「九州ふっこう割」というのがスタートします。最大70%割引になるクーポンが配布されます。下の記事に詳しく書いているので興味がある方はぜひ読んでみて下さい▼

【関連】最大70%割引「九州ふっこう割」クーポンの配布スタート

 

毎年、1年に1回家族で旅行しています。一昨年は鳥羽旅行で鳥羽水族館旅館「戸田家」、昨年は和歌山白浜旅行でアドベンチャーワールドと「浜千鳥の湯・海舟」に行ってきました。本当はもっと行きたいけど、子連れだとなかなか旅行は難しいですね。

今年は宿泊料金を助成してくれる「ふるさと旅行券(ふるさと割)」があるので、対象となっている三重県に行くことに決めました。最大50%割引されるんですよ。すごいですね。最近色々な所で「ふるさと旅行券(ふるさと割)」の記事を見かけます。

申し込む時は半信半疑でしたが、本当に割引されました。大人2人と子供1人で5万円ぐらいしましたが、2万円引いてくれたので、約3万円で行くことができます。わーい!しかも食事をアップグレードしました。

まだご存知ない方のために、「ふるさと旅行券(ふるさと割)」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「ふるさと旅行券(ふるさと割)」とは?

2015年度(平成27年度)の国の予算で取り組む地方創生事業で、各都道府県や市に旅行した宿泊プランから最大50%割引されます。ふるさとといっても自分のふるさとである必要はありません。

対象になってい都道府県(市)のホテルや旅館に割引で宿泊できるようになっています。各場所のクーポンを先に受取り、精算のときに割り引いてくれる仕組みです。

現在確認した所、下の都道府県で配布されています。じゃらん等の配布場所は各旅行会社です。▼

北海道、岩手、石川、東京、岐阜、長野、愛知、三重、滋賀、奈良、和歌山、徳島、広島、岡山、広島、徳島、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、沖縄

色々な都道府県によって割引額が異なります。既にスタートしているため、配布を終了している所もあります。

全てがスタートしているわけではありません。長野県10月27日(楽天)、鳥取は11月6日(じゃらん・楽天)、滋賀県11月2日(楽天)、和歌山11月30日(楽天)が追加配布になっています。

各県が追加されているのでその都度見に行ってください。

 

 

スポンサーリンク

「ふるさと旅行券(ふるさと割)」対象の旅行会社

以下の3旅行会社で配布を確認しました。他の旅行会社でもあるかもしれません。

僕はまず三重県に行くことを決め、「楽天トラベル」のクーポンをチェックしましたが、一番割引率が高い2万円割引クーポンが既に無かったため、「じゃらん」でクーポンをゲットしました。

 

ふるさと旅行券(ふるさと割)クーポンを取得した画面

上のピンクで囲ったのが今回僕がじゃらんでクーポンをゲットした画面です(クーポン一例)。有効期限が6月1日~6月30日となっています。どうやら6月末で使わなかった場合は失効して、7月に第2弾のクーポンを取得できるのではと見ています。→7月1日「じゃらん」がクーポンを再配布しています

クーポンには旅行に行く期間が決まっています。上の場合は、6月1日~8月31日チェックアウトの宿泊までが有効です。夏休みに旅行を予定される方は、ぜひ「ふるさと旅行券(ふるさと割)」を使ってみてください。

 

「ふるさと旅行券(ふるさと割)」のクーポンゲットから申込の流れ

クーポンを取得してから、申込をするまでの流れをまとめてみました。

 

1.旅行会社のオンライン用アカウント(IDとパスワード)を取得する

楽天トラベルの場合は既にアカウントを持っている方が多いと思います。その場合はそのIDとパスワードでログインします。

僕は今回「じゃらん」にしたので、IDとパスワードを新規作成しました。

 

2.「ふるさと旅行券(ふるさと割)」を旅行したい都道府県からクーポンゲット

各旅行会社のリンク先から「ふるさと旅行券(ふるさと割)」のクーポン券をゲットしましょう。楽天は結構減ってますね。

 

3.宿泊プランを決め、精算時に「ふるさと旅行券(ふるさと割)」を選ぶと、割引される

「ふるさと旅行券(ふるさと割)」取得して旅行の宿泊予約する画面

上の画像は、僕が「じゃらん」で三重県旅行を申し込みした時の画面です(一例)。

灰色の箇所には実際の旅行金額が入っていて、オレンジ色の「クーポンの利用有無」(ここでは「ふるさと割【三重県】20,000円」OFFクーポン[宿泊予約])を選択すると、クーポン利用額が2万円引かれた合計金額で表示されます。

JTBの旅行会社でも直接行けばあるそうですが、オンラインの場合はとてもシンプルでわかりやすいですね。その場でクーポン割され決済になりました。

「じゃらん」の場合、支払(精算)方法は「直接現地で支払い」になっていました。各旅行会社によって異なります。

 

最後に

宿泊料金を助成してくれる「ふるさと旅行券(ふるさと割)」についてと、クーポン取得から申込みまでの流れをご紹介しました。

丁度、旅行の話をしていた時に、いいタイミングで「ふるさと旅行券(ふるさと割)」を知ることが出来ました。

夏に国内旅行を計画されている方は、「ふるさと旅行券(ふるさと割)」のクーポン割で、旅行して見てはいかがでしょうか。こんな機会めったにないですよ。

【関連】子連れで鳥羽旅行に、ホテルの宿泊は旅館「戸田家」がおすすめ

【関連】2歳児の子供を連れて電車で旅行する上で気をつけた4つのこと

【関連】和歌山県白浜「浜千鳥の湯・海舟」波の抄に泊まってきました

【関連】初心者必見!白浜アドベンチャーワールドを満喫する9つの準備

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-子供とお出かけ, 子供と旅行

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.