おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

お出かけ情報(野外) 子供とお出かけ

万博記念公園の大型滑り台がある遊具広場「やったねの木」

更新日:

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ロング滑り台

先日、子供と「万博記念公園」に行ってきました。その中に「世界の森」というエリアがあり、その一角に「やったねの木」という遊具公園があります。

比較的万博の入口から近いので行きやすいですよ。遊具公園「やったねの木」とその周辺についてご紹介します。

スポンサーリンク

「万博記念公園」の行き方(アクセス)・遊具公園の料金

万博記念公園に向かう橋

万博記念公園は、大阪モノレール「万博記念公園駅から」徒歩2分ほど。

駅のスロープを下りると自然文化園の看板があり、その向こうに万博記念公園中央口の入口があります(上の写真参照)。

高速道路を挟んだ向かい側にあります太陽の塔が見える方向です

万博は自然文化園(日本庭園を含む)に入場するのに大人250円、小中学生70円が必要ですが、万博内の大型遊具・遊び場「やったねの木」「わくわく池の冒険ひろば」「船の遊具」「現代美術の森」は無料です(入場料だけでOKという意味です)。施設やBBQコーナーなどはさらに施設料金が必要。

今回はその中から「やったねの木」の遊具を中心にご紹介します。

参考:やったねの木(大型滑り台)万博記念公園

 

 

スポンサーリンク

万博記念公園「やったねの木」の遊具を紹介

万博記念公園・太陽の塔

中央口から入ると目の前には「太陽の塔」がドカーンと顔を出しています。あまりに大きいので既に外から見えています。しかし、何度見てもインパクトがありますね。

この太陽の塔を右折して、坂を上って行きましょう。

 

万博おもしろ自転車広場の入口

すると「おもしろ自転車広場」があります。この広場の隣に「やったねの木」があります。

「おもしろ自転車広場」については下の記事をあわせて読んでみてください▼

【関連】「万博おもしろ自転車広場」の料金や種類、自転車教室について

 

世界の森・万博「やったねの木」看板

すると「ようこそ世界の森へ」と言う看板がありました。この一帯を「世界の森」というようで、その一つが「やったねの木」です。

園内マップをiBooksなどに保存し持って行きましょう▼

参考:園内マップ(PDF)

 

世界の森・万博「やったねの木」看板

看板を拡大しました。やったねの木ユニバーサル遊具、そして幼児遊具、砂場、健康遊具とあります。幼児遊具の前には休憩所がありました。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」

やったねの木の特徴はこの丸い球体です。階段を上がって、2つのロング滑り台に繋がっています。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」

色々な箇所から遊具に入ることができます。アスレチック風や階段があります。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」

このようにゆったりした入口やミニ滑り台もあります。

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」

2歳までは手前にある黄色い滑り台やシルバーの滑り台がおすすめ。ロングスライダーに行くには緑の階段を上りましょう。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ロング滑り台

中段のロング滑り台は下の右側、そして上段まで上ると途中からカーブをするロング滑り台があります。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ロング滑り台

上段の滑り台からすべってきた娘。2つの滑り台はそれほど滑らかには滑りませんでした。途中で止まってしまうので、自分で滑らせて下りてきました。途中から角度があまり無いようです。

危なくない設計ですんえ。雨上がりの滑り台は結構ズボンが汚れるので注意。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ネット

滑り台の横にネットの遊具があります。無謀にもネットに飛び込んでいく子供たち。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」幼児遊具

幼児向けの遊具があるので行ってみましょう。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」幼児遊具

公園でよく見かけるバネで前後する幼児遊具が5つほどありました。動物など全部種類が違ってます。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ユニバーサル遊具

ユニバーサル遊具という簡単な遊びができます。丸い駒を動かすだけの遊具「コロコロパネル」。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ユニバーサル遊具

カスタネット遊具。音がなりますが期待してたほどの音ではありませんでした。どちらかというと反対側から親が覗き込んだりしていました。違う遊ぶ方になってる…。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ユニバーサル遊具

中心を動かしてコロコロ回転させると模様が綺麗に見える遊具。ただそれだけです。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」ユニバーサル遊具

鉄琴遊具。これも期待ほどの音がなってくれませんでした。それでも幼児は叩くのが楽しいようです。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」健康器具

最近の公園は遊具の隣に健康器具があります。これもその一つ。健康器具は子供には危ないことが多いのですが、一部はそれほどでは無く子供が遊べました。

ストレッチする遊具だと思いますが、鉄棒のようにぶらさがって遊んでいます。高さも丁度良いです。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」健康器具

こちらも健康器具ですが、上手に綱渡りのように遊んでいました。

 

万博記念公園、子供の遊具公園「やったねの木」芝生公園

「やったねの木」の向かいは芝生公園になっています。ゆったりとして家族やカップルで行くにはとてもいい場所です。

 

最後に

万博記念公園内にある遊具公園「やったねの木」のアクセスと遊具の様子をご紹介しました。

万博内には他にも公園があります。子供が飽きたら次の公園に移動するのもおすすめです。隣りの芝生公園や「おもしろ自転車広場」とセットで、お弁当もって一日遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

今回は「やったねの木」だけで子供が満足してしまったので、他の公園では遊びませんでしたが、また行くことがあれば他の遊具公園にも行ってみたいと思います。

【関連】「万博おもしろ自転車広場」の料金や種類、自転車教室について

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-お出かけ情報(野外), 子供とお出かけ

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.