おにぎりフェイス.com

育児・雑貨・お出かけ情報ブログ。子育てや生活の中で「これはいい!」と思ったことを紹介しています。子育て世代を応援!

おやつ・グルメ

カロリーオフ、カップヌードルライト「バーニャカウダ」を食べてみた

更新日:

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」

日清「カップヌードル」が女性向けに「カップヌードル・ライトプラス(Light+)」の2種類を発売しています。一昨日はカップヌードルライトプラス(Light+)の「ラタトゥイユ」を食べてみた感想を書きました。

【関連】カロリーオフ!カップヌードルライト「ラタトゥイユ」を食べてみた

今回は「バーニャカウダ」です。開封から食べてみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

カップヌードル・ライトプラス(Light+)の2種類、ラタトゥイユとバーニャカウダ

カップヌードル・ライトプラス

カップヌードル・ライトプラス(Light+)は2種類あります。

バーニャカウダの意味を調べてみると…

  • バーニャカウダ(緑色パッケージ):イタリアを代表する野菜料理。「バーニャ」はソース、「カウダ」は熱いという意味。テーブルの上でアンチョビ・ニンニク・オリーブオイルを混ぜたディップソースを温め、ジャガイモ・カブ・セロリなどの野菜をつけて食べる。フォンデュに類似した料理。

ディップソースにつけるとありますね。それとカップヌードルとが融合するのか気になる所ですが、意味を理解しつついただきました。

 

スポンサーリンク

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」を開封

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」、緑色のパッケージが目印。

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」パッケージ

「ラタトゥイユ」と同じく「スープまで飲んでも198kcal、レタス2個分の植物繊維が練り込み麺に入っている」とあります。ヘルシー!

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」容器

パッケージ側面には以下のように書かれています。

  • すすらずに食べられる短めヌードル。カップヌードルに対して1色あたり、エネルギー145kcalカット、脂質45%カット/糖質28.5g、食塩相当量3.8g

「ラタトゥイユ」と比較すると脂質と糖質が異なります(ラタトゥイユは脂質64%カット/糖質33.5g)。普段食べているカップヌードルよりもかなりカロリーオフになっています。

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」

「カボチャ、赤パプリカ、インゲン、レンコン、玉ねぎ、キャベツ」入り。

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」上蓋を開けたところ

上蓋を開けると、カボチャやキャベツ、赤パプリカが目立ってますね。具だくさんです。

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」お湯を注いで3分待った後の様子

お湯を注いで3分待つと出来上がり。野菜が多いのが良くわかります。

 

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」を食べてみた感想

カップヌードルライトプラス「ラタトゥイユ・フレーバー」を食べてみた感想

混ぜると具が下の方に沈み、白湯スープになりました。では早速カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ」をいただきます。

食べてみると、白湯スープだけあってシーフードのような味がします。シーフードなんて入っていないんですけどね、なんでだろ?

野菜の味と言うよりは、野菜の触感が感じられます。「ラタトゥイユ」と比較するとスープが少し濃厚なので、野菜の味が消されています。クリームスープ+シーフードスープと言った感じでしょうか。アンチョビ風味だからかも。

野菜の中ではキャベツのシャキシャキ感がメインで美味しいです。「バーニャカウダ」はイメージ通りの味でした。野菜が多くヘルシーに食べられるカップヌードルです。

 

最後に

カップヌードルライトプラス「バーニャカウダ・フレーバー」を開封から食べてみた感想と、「バーニャカウダ」の意味も含めてご紹介しました。

実際の「バーニャカウダ」とはほど遠いような気がしますね。でもカップラーメンの白湯スープが好きな方は、ヘルシーに食べられるので、これを選択することをおすすめします。

両方食べてみると「ラタトゥイユ」の方が意外性がありましたね。「バーニャカウダ」は普通に美味しい野菜たくさん白湯スープヌードルでした。シーフードヌードルが好きな方はヘルシーな「バーニャカウダ」はおすすめ。

好みは個人差があるのでぜひ一度食べ比べして見て下さい。どちらも198kcalなのでヘルシー。ダイエットしている方も安心して食べられます。個人的に塩分カットが嬉しいです。

僕も1年ぶりにカップヌードルを食べましたが、食べるならできるだけカロリーオフがいいので、もし食べたくなったら「カップヌードルライトプラス」を買おうと思います。

 

【関連】カロリーオフ!カップヌードルライト「ラタトゥイユ」を食べてみた

【関連】一時販売休止の日清カップヌードル・トムヤムクンヌードルが売ってる!でもパッケージが違うぞ、これは一体…

【関連】トムヤムクンヌードル日本とタイ輸入を比較評価、味&カロリーなど

【関連】タイ輸入の日清カップヌードル・ミンスドポークを食べてみた

【関連】USJの3大カップ麺「すぱいだぁ麺・セサめん・すぬーどる」をお土産にいかが?

【関連】カップヌードル「ベジータ」は具沢山野菜でカロリー控えめ

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-おやつ・グルメ
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.