美容・健康

[健康診断]胃内視鏡検査の胃カメラは、鼻からか口からか

更新日:

[健康診断]胃内視鏡検査の胃カメラ

ある一定の年齢になると健康診断の中に胃内視鏡検査が追加されます。胃内視鏡検査とは、現在の胃と十二指腸、食道の状態を調べる検査で、胃カメラを使用します

では胃カメラを口から入れるか、鼻から入れるかという選択が出来る時、どちらを選びますか?

僕は経験上、鼻からをオススメします。その理由をご紹介します。

スポンサーリンク

胃内視鏡検査とバリウム、どちらを選ぶべきか

まず始めに胃内視鏡検査とバリウムについて。これは胃内視鏡検査を選んだ方が良いです。というのはバリウムはその時は比較的楽だったとしても、その後が色んな意味で大変だからです。

それに対し、胃内視鏡検査はその時だけが大変なだけで、終われば数時間で食事も出来ます。また、小さなポリープが見つかると、その場で治療が出来るという利点もあります。

もちろん好みですが、その場だけ大変な方をオススメします。

 

スポンサーリンク

胃内視鏡検査の胃カメラは、鼻からが良いか、口からが良いか

健康診断の病院の様子

胃カメラは口からだと苦痛が長く強い

胃内視鏡検査は胃カメラを使用します。過去には口と鼻との選択肢が無く、口のみという病院(クリニック)もありました。選択できないので、胃カメラを口からしましたが、まぁ大変でした。

というのはかなり苦痛が続き、吐き気があるのです。舌の付け根を通るので嘔吐しそうな感じになります。あれは長く感じました。思い出したくない記憶です。

口から胃カメラを飲んでいた時、21世紀にもなって、なんでこんな原始的なんだと思いましたよ。医学は進んでないのかと…;;

その翌年に、病院を選択できるようになり、家から近い方の病院を選択したら、そこには鼻と口を選択できるようになっていました。その時はもちろん、即、鼻を選びましたよ!

 

スポンサーリンク

胃内視鏡検査は鼻からをオススメする理由

この時やっとわかりました。ようは病院に鼻から入れることが出来る細いタイプの胃カメラ「経鼻胃内視鏡検査」が有るのかどうかなのです。

その年から鼻を選択。鼻から胃カメラを入れてみると、昨年までの苦痛が嘘のよう、あっという間に検査が終了しました。鼻からだと、胃カメラが喉もと(実際にはその上)を通る行きと帰りしか違和感がありません。後はほとんどわからない状態でした。

鼻から胃カメラを入れた状態で、横から一緒にカメラを見ています。鼻の場合は余裕がありましたね。

 

初めて胃カメラをする人は、鼻からでも違和感があるらしい

同じ職場の人が、その年から胃カメラを始めたので、最初から鼻からを選択できました。羨ましい~。

その人の話では「厳しかった、永遠に感じた」と言っていました。僕は口から胃カメラを入れた苦い経験があるので、鼻からでは苦痛に入らないという感じでしたが、この経験がは無いとやはり厳しい経験ですね。

同僚は「こんなん人間がすることじゃない」って言ってました…;;確かに僕もそれは感じます。

 

最後に

鼻と口から選択できるのなら、経験上、鼻からをオススメします。ただ、口も鼻もやはり原始的な検査だなぁって感じますねぇ…;;

もっと簡単な方法は無いのかな。透けてわかるとか。まぁ胃内視鏡検査は、胃の中をそのまま見られるので、ポリープの早期発見につながり即治療が出来るので、確実ではあるのですが。

もう一つ胃内視鏡検査の記事を書いています。あわせてどうぞ▼
【関連】胃内視鏡検査の結果、胃炎が判明!原因は毎日の黒酢だった

【関連】幼児から大人まで、ラジオ体操は本気ですると適度な運動!

【関連】寝ている時に足がつるの(こむらがえり)を防ぐ簡単マッサージ法

【関連】疲れているのに眠れない状況から脱却するためにした1つの事

【関連】養命酒効果あり!肉体疲労や冷え症が改善。試して良かった。

【関連】オーガニック(有機)野菜&無農薬野菜の宅配3社を比較してみました

【関連】これまで飲んできた有機青汁・無添加青汁の比較ランキング

スポンサーリンク

-美容・健康
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.